一言進言

菅首相一人になすりつけ

~非常事態宣言はもう意味がない~

政界とはいかに非情な世界か、突然の辞任表明で見た。菅首相の評価はさておき、わずか1年前、安倍、麻生、二階3巨頭がこの人しかいないと首相に推して就任した。このコロナに対する施策に対して、自民党、公明党は菅首相に任せっきりだったのか。安倍さんも麻生さんも、二階さんも助言はしなかったのか。GoToトラベルにしても、オリンピック開催にしても、与党の総意で進めたのではないのか。

感染拡大を菅首相一人に押し付けて、次の総裁選の主導権争いに動く安倍さんや、麻生さんなど3巨頭は、一体この間どんなアドバイスをしてきたのか。安倍さんがそのまま首相を続けていたらどうしたのだろうか。もっと違う施策を考えたのか。オリンピックも開催しなかったのか。ワクチンはもっと早く大量に接種できただろうか。

立憲民主党など野党は、感染拡大防止への具体的な提言はほとんどなかった。ただ政府の施策に批判を加えるだけで、こうしたら拡大が防止できると言った具体的な案は聞いたことがない。オリンピック中止ぐらいだ。批判は私たち庶民でもいろいろ言える。

コロナ禍最初のころ、地方は自粛警察のような人が続出、感染するとその家族までが批判にさらされ、都会帰りを厳しく糾弾された。島根県など田舎では、もっと自粛が顕著で、東京や大阪で千人単位で感染者が出ても、ゼロか1人か2人だった。もちろん周南地域でも感染者ゼロが続いた。

しかし、デルタ株が出現して一気に全国に広がった。最初の感染者はやはり都会からの人が原因だった。そこから地域にまん延、2次感染、3次感染と広がっている。デルタ株の強さは異常だ。

正直、新しい首相に誰がなってもこれという妙案はないだろう。ひたすら人と人との接触を避ける以外ないが、都会ではいまだに毎朝満員電車だし、街に人はあふれている。先日書いたが、夜の街も宣言が出ていても人の多さは変わらないと聞く。そして、都会からの1人で感染者は急拡大する。

結局ワクチン接種と治療薬でしか解決できないことはわかった。今できるのはPCR検査が誰でもどこでもできる体制を早く構築することと、ワクチン接種をほとんどの国民に実施することだ。宣言は、ワクチン接種と検査をする宣言だけで良い。自粛するための宣言は都会では無意味だ。する人はする。


(中島