ヘッドラインニュース

「五輪よりワクチン接種優先!」

下松市[コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

本庁に特設相談窓口
高齢者の問い合わせに応じる

市役所本庁の特設相談窓口(後方に五輪ボードが見える)


 「五輪よりコロナワクチン接種を優先!」―下松市は65歳以上の高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種の相談に応じる特設コーナーを、5日から9日まで市役所本庁1階ロビーに開設した。たまたま東京五輪のカウントダウンのボードを覆う形で設けられ、五輪の開催よりも円滑なワクチン接種を求める市民感情を象徴した形になっていた。
 特設コーナーは市が3月29日に65歳以上の高齢者に一斉に発送したワクチン接種券に対して、高齢者からの問い合わせが殺到したことで急きょ設置。市新型コロナウイルスワクチン接種対策室はスターピアくだまつと同じ建物の市保健センターにあるが、市役所本庁を訪れて1階の総合案内で問い合わせる高齢者も増えていた。
 そこで総合案内の前に臨時窓口を設け、対策室や健康増進課の職員を交代で派遣して接種の相談や問い合わせに応じることにした。5日から9日までの5日間に延べ150人が訪れて「予約はいつからか」「インターネットが使えなくても予約できるのか」の相談が多かったという。
 9日の午前中に応対した健康増進課の野村浩子さんは「安心して接種していただけるようにご相談に応じています」と話していた。9日の午後は職員のやりくりがつかなかったため、瀬来輝夫健康福祉部長自身が窓口に座って応対した。
 市の臨機応変な対応は相談者に好評。ここにあった五輪のボードを後方に追いやる形になったが、相談に訪れた女性(78)は「東京五輪よりも命の方が大切。ワクチンを早く確実に打ってほしい。五輪がワクチン接種の陰に隠れるのも仕方ないと思いますよ」と理解を示していた。
 高齢者向けの接種予約の受け付けは19日(月)午後9時から始める。問い合わせは同対策室(0833-45-0567)へ。

【きょうの紙面】
(2) 16~18日・フレンド山口写真展
(4) 25日まで、地元美術作家のアートナウ
(5) 下松市が小中学校の新入生に花束

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

下関市で20代の男性

県内感染者は1,462人に

 県は12日、下関市の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この日の感染者は1人で、県内の感染者は1,462人になった。
 男性は20代の医療従事者。前日に感染を発表した山口市の女性の別居している家族で、無症状。

予約26日、接種5月10日

周南市[コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

周南市に届いたワクチン

高齢者3万4千人見込む
供給量少なければ混乱

 周南市は新型コロナウイルスのワクチンの65歳以上の高齢者を対象にした集団接種と、かかりつけ医による個別接種を5月10日(月)から始める。予約は26日(月)午前9時から電話とインターネットのウェブサイトで受け付ける。9日には17日(土)に大津島である先行接種用のワクチンも届いて市立新南陽市民病院に配備されている冷凍庫に収納され、市民向けの接種へ、準備が進んでいる。

接種方法を説明する藤井市長


6月末までに必要量届く?

 高齢者向けのワクチン接種は9日に藤井市長が定例記者会見で説明した。同市の65歳以上の市民は4万8千人。接種券はすでに3月31日に発送している。しかし、ワクチンの供給が不明だったため、接種の日程などは後日、伝えるとしていた。今回、決まった予約方法などはホームページで知らせるとともに、市広報4月15日号に日程などを記載したチラシを折り込む。
 国は6月末までにすべての高齢者に2回接種できる数量のワクチンを都道府県を通じて届けると説明。同市は大型連休明けにはまとまったワクチンの供給が見込まれるという通知もあったことから本格的な接種のスタートを5月10日に設定。接種希望者全員への早期の接種を目指している。
 接種は1人2回で無料。市は4万8千人のうち7割、3万4千人が接種を希望すると見込み、そのうち1万4千人は個別接種、2万人は集団接種を利用すると想定。
 これとは別に老人ホームなど高齢者施設の入居者と職員2千人は施設ごとの接種を進める。

集団接種は5会場で84回

 5、6月の集団接種の予定は、5会場のうちキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで28回▽新南陽地区のイオンタウン周南が43回▽ゆめプラザ熊毛が5月に3回、6月に4回の計7回▽須々万の沼城小、コアプラザかのは5月に1回、6月に2回ずつで、計84回。
 1回の接種人数は60人から270人。2回接種するため、接種可能な人数は想定の2万人より少なそう。かかりつけ医もチラシへの記載は47カ所。新南陽市民病院や市内最大規模の徳山中央病院は集団接種に協力するため、個別接種は予定していないという。
 市は接種が進むに連れて手際がよくなり、1回の接種人数を増やせるのではと期待する。この日までに個別接種に参加していない医療機関へも引き続き協力を求める。
 ワクチンは県から市町の計画に応じて必要な数量が届く仕組みだが、供給量は確定しておらず、少なかった場合は申し込んでも予約できず、混乱が生じる可能性もある。なるべく混乱を生じさせないため、予約可能な人数などの情報をホームページなどを通じて発信する。

大津島向けワクチン到着

 大津島では島民のうち152人がすでに接種を申し込んでいる。17日に1回目、5月8日に2回目の接種を予定している。このため、9日は5人分のワクチンが入ったカプセル31個と接種用の注射器が同市に届いた。到着したカプセルは箱ごと、小型の冷凍庫に入れたまま運搬用の車から室内に運び入れた。
 新南陽市民病院ではすでに医療従事者のワクチン接種を終えているが、この時の薬液は解凍された状態で届いたため、冷凍状態のワクチンを扱うのは初めて。同病院の薬剤部の木本裕郎部長が箱を開いてカプセルが無事なことを確かめて同病院が管理する専用の冷凍庫に移した。
 今後、届くワクチンは同病院などの冷凍庫に保管し、集団接種の会場や、かかりつけ医に解凍した状態で届ける。一度、解凍すると再凍結はできず、使い切ることが求められている。

【ワクチン接種の予約先】

《ウェブの場合》

https://jump.mrso.jp/352152

ワクチン接種予約センター

電話 0834・32・0567(ゼロコロナ) FAX 0834・22・8266

ワクチン接種相談センター

電話 0834・22・8838

※電話はいずれも午前9時~午後5時 無休 

【きょうの紙面】
(3)周南市大道理のもやい便に水素自動車
(4)浜田市の公募展ポスターの鹿野の音羽さん
(5)新学期スタート、聖光高で188人の入学式

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で2人が感染、251人に

9~11日・県内は13人で1,461人

 県などは周南市で9日と10日に1人ずつが新型コロナウイルスに感染したと発表した。周南市の感染者は251人になった。県内全体では9日に7人、10、11日は3人ずつの計13人が感染した。県内の感染者は1,461人になった。
 [9日]周南市の40代の会社員の女性と、防府市で3人、下関市で10歳未満の子ども2人、宇部市で1人の計7人が感染した。
 周南市の女性は7日に発熱、のどの痛み、けんたい感などの症状があり、8日にPCR検査で陽性がわかった。9日現在、関節痛、口の渇き、発熱、のどの痛み、けんたい感、息苦しさなどの症状があり軽症。発症する前、1週間以内に関西に滞在していた。
 防府市は50代の会社員の男性と、これまでの感染者の同居家族のいずれも80代の男性と女性▽宇部市では30代のパートの女性が感染した。
 [10日]大阪府在住の10代の女性と周南市の30代の学生、防府市の40代の自営業の男性の計3人が感染した。
 周南市の男性は以前に公表された同市の感染者の友人で、一緒に大阪に行っていた。2日にせき、鼻汁の症状があり、9日のPCR検査で陽性が確定した。10日現在は無症状。
 大阪府の女性は周南保健所管内に帰省したため9日にPCR検査を受けて陽性だった。無症状。防府市の男性はすでに公表されている感染者と一緒に働いていた。
 [11日]岩国、防府、山口市で1人ずつが感染した。岩国市は30代の米軍基地従業員の男性で軽症。防府市は40代のパートの女性ですでに公表されている感染者の家族。無症状。山口市は50代のパートの女性で軽症。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

先行接種690人55分で予約終了

光市[新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

問い合わせが殺到するコールセンター(7日午後3時半)

65歳以上、14日から医療機関
電話、ネットとも申し込み殺到

 光市の65歳以上の高齢者に対する新型コロナウイルスワクチンの先行接種690人分の受け付けが5日に始まったが、この日午前8時半の受け付け開始からわずか55分で定員に達した。受付が完了した人は14日(水)▽21日(水)▽22日(金)▽27日(火)に、予約した市内の医療機関で1回目の接種を受ける。

 市は接種の申し込みを電話とインターネットで受け付け。電話はあいぱーく光1階に設けたコールセンターの8回線の電話で市が委託した業者のスタッフが受け付け、インターネットは市ホームページにリンク先を張りつける形で受け付けた。
 市新型コロナウイルスワクチン接種対策室(田中満喜室長)によると、市内の65歳以上の高齢者は約18,500人。先行接種にもれた人は26日(月)から再び予約受け付けを開始し、5月10日前後から接種を始める。
 先行接種の申し込みは、電話があいぱーく光1階に設けたコールセンター(0833-74-0568)で、日曜、祝日を除く午前8時半から午後5時15分まで▽インターネットはhttps://jump.mrso.jp/352101/で、24時間いつでも受け付ける。

 市によると電話は1人平均8分、インターネットだと1人3分前後で予約可能。予約した人の内訳は電話とインターネットがほぼ半分で、ネット予約者の大半が子どもや孫が本人に代わって手続きをしたと見られる。
 電話、ネットとも、接種券の番号や、接種を受けたいかかりつけの医療機関、希望日時を伝えたり入力する。5月10日前後からの接種はかかりつけの医療機関のほか、あいぱーく光での集団接種も選択できる。
 問い合わせは市新型コロナウイルスワクチン接種対策室(0833-74-3074)へ。ワクチンが接種できる市内の医療機関は別表の通り。(医療機関に直接の接種予約は不可)

【きょうの紙面】
【4、5面】特集 徳山商工高男子ハンドボール部初出場で全国制覇



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

防府、岩国、下関市で5人

県内感染者は1,448人に

 県などは8日、防府市で3人、岩国市と下関市で1人ずつの計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は1,448人になった。
 防府市の感染者は50代の会社員、80代の無職、70代の会社員のいずれも女性。50代の会社員はこれまでの感染者の知人で濃厚接触者。岩国市は50代の公務員の男性で、これまでの感染者の同僚。下関市では20代の会社員の女性が感染した。

水素、バイオ利用でCO2削減

徳山下松港をエネルギー供給拠点港に
CNP検討会で方向性

周南コンビナート周辺の二酸化炭素排出と削減ポテンシャルを示すイラスト


 国交省中国整備局と県は、徳山下松港を対象としたカーボンニュートラルポート(CNP)の検討会の結果を「徳山下松港におけるCNP形成に向けた方向性」としてまとめ、2日に公表した。二酸化炭素(CO2)排出削減に向けたバイオマスの輸入拡大や、新たなエネルギー源として注目される水素の地産地消への取り組み強化などが示されている。
 この検討会は脱炭素社会を目指して開催。2月4日、3月17日、26日に周南市で開かれ、中国整備局、県と出光興産、岩谷産業、東ソー、㈱トクヤマなどが参加した。検討会は今後も続ける。「方向性」は新たなエネルギー供給拠点港として徳山下松港の目指すべき姿、取り組みの方向性を示している。
 検討会では周南コンビナート周辺の燃料・電力の使用状況についてCO2排出量を推計。この使用燃料として水素の使用が進んだ場合の水素の利用量を水素需要ポテンシャルとしてまとめた。
 CO2排出量は、徳山下松港の徳山地区、新南陽地区と周南市だけで、ターミナル外が年間1,140万トン、ターミナル内が0.2万トン、ターミナルを出入りする船舶・大型車両が0.6万トンで合計1,140万トンと推計。このうち20%を水素にすると約23万トン、50%だと58万トン、100%利用で116万トンの水素需要が見込まれるとしている。
 このため、徳山下松港は国際バルク戦略港湾として西日本エリアのエネルギー供給港としての役割を果たすとともに、臨海部では化学品製造過程で副生水素が発生、利用されるなど「今後、新たなエネルギー資源を利用する可能性が高い地域」と指摘している。
 具体的な取り組みでは、増加するバイオマスの取り扱いに向けた港湾施設利用計画の見直しや港湾整備の方向性の検討▽水素需要の掘り起こし、水素パイプラインの設置・拡大など水素地産地消への取り組み強化▽荷役機械・車両の電動化など港湾物流でのCO2ゼロ化▽工場内発電所でのバイオマス・アンモニアなどの混焼拡大▽大規模な水素・アンモニア輸送・貯蔵・供給及びCO2回収・集積・輸送の検討▽水素によるグリーンエネルギー供給への取り組みなどが記載されている。

【きょうの紙面】
(2)コロナ禍の飲食店に架空注文で逮捕
(3)児玉顕彰会が本丁通信、顕彰団体間で連携
(5)周南市交通教育センターが1年ぶりに再開



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

防府、宇部市で3人

県内の感染者1,443人に

 県は7日、防府市で2人と宇部市で1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は1,443人になった。
 防府市は20代の会社員の男性と70代の自営業の女性。宇部市は10歳未満の女児で、すでに感染を公表している女児の学校の関係者。20代の男性は軽症、70代の女性は中等症、宇部市の女児は無症状。

最優秀は谷野、藤下さん

工場夜景フォトコン入賞

最優秀賞の谷野さんの「橋と夜景のコラボ」
藤下さんの「宇宙まで」


 周南市が開いた周南工場夜景フォトコンテストの入賞者が決まった。最優秀賞は、一般の部が山陽小野田市の谷野隆さんの「橋と夜景のコラボ」、18歳以下のU-18の部は周南市の南陽工高生の藤下新史さんの「宇宙まで」が選ばれた。
 一般の部は327点、U-18の部は26点の応募があり、いずれも最優秀賞1、優秀賞3点と一般は入選10点、U-18は5点、両部門で佳作20点を選んだ。
 今回のフォトコンテストは2021年度に「全国工場夜景サミットin周南」があることから開かれ、作品は夜景サミットのチラシなどPR用に使われる。

 優秀賞、入選は次の通り。(関係分、敬称略)
 [一般]優秀賞=「八幡様の工場夜景」末富勝義(周南市)、「夜明け」立野智(同)、「ブルーモーメント」弘中伸治(下松市)▽入選=「伸長」藤沢貴史(周南市)、「闇夜に聳え立つ煙突」田中優太(同)、「えんとつ兄弟」河野雅俊(同)、「満月下の工場」広中作次(下松市)
 [U-18]優秀賞=「色の遊び所」福田翔(光市)、「夜の光」斎藤優人(周南市)▽入選=「宇宙」谷本響(周南市)、「階段」松崎結美(同)、「えんとつ町」国次陽翔(同)、「煌めく深夜労働」橋村悠月(下松市)、「幻光」池本茜衣(同)


【きょうの紙面】
(2)企業の6割が正社員採用予定
(4)日刊新周南連載のエッセーが本に
(5)ACT SAIKYOの柏原主将インタビュー配信



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

下関市で1人感染

県内は1,440人に

 県と下関市は6日、同市で10歳未満の1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これまでの感染者の同居家族で、県内の感染者は1,440人になった。

1 2 3 4 5 6 119