ヘッドラインニュース

国際バルクの展開に暗雲?

ENEOS、石炭事業から撤退表明
下松石炭基地の扱いは「未定」

ENEOS下松事業所の石炭中継基地

 下松市東海岸通りのENEOS下松事業所で展開している輸入炭の受け入れや貯蔵、出荷業務の扱いに暗雲が現れた。同社の持ち株会社、エネオスホールディングスが12日、石炭事業からの撤退を発表したためだが、同社は「下松事業所の石炭中継基地事業の扱いは未定」としており、同事業所の存在が国策で進む徳山下松港の国際バルク戦略港湾の中核施設だけに、今後の動きが注目される。(山上達也)

 これは12日、エネオスホールディングスのオンラインの決算発表記者会見で大田勝幸社長が明らかにした。脱炭素の世界的な広がりの中で「将来の当社のコア事業として持つ必要はないと判断した」と位置づけ、同社が保有するオーストラリアやカナダの炭鉱の権益を売却することを表明した。売却額は数十億円と見られる。
 ENEOSと下松との縁は深く、は旧日本石油時代の1929年に下松製油所を操業させた。以後は合併などで日本石油精製、日石三菱精製、日本石油加工、新日本石油精製、JX日鉱日石エネルギーと名称がひんぱんに変わった。石油精製業務からの撤退後は輸入炭の受け入れと貯蔵、中国電力の火力発電所などへの出荷業務を扱っている。
 10万トン級の外航船が接岸できる水深の深さが下松事業所の強みで、年間取扱量は270万トン。県は徳山下松港における国際バルク戦略港湾の推進のため官民一体の企業「やまぐち港湾運営」を設立し、出光興産、宇部興産、周南バルクターミナル、中国電力、東ソー、㈱トクヤマ、ENEOSが出資。すでに2018年には国が徳山下松港を「特定貨物輸入拠点港湾(石炭)」に指定している。
 それだけにENEOSホールディングスの石炭事業撤退表明は、関係者に衝撃を与えているが、下松事業所の今後は現時点で見通せない。取材に下松商工会議所の弘中伸寛会頭は「どうしたものかと気をもんでいる。近く商工会議所としての意見集約を図りたい」と話している。


【きょうの紙面】
(3)五輪聖火リレー中止で3市の対応さまざま
(4)徳山大公立化、周南市議会全協で説明
(5)下松中1年生が笠戸島研修で魚調理

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

市長「市立化で人口減少緩和」

まちづくりの「知の拠点」へ

周南市議会

徳山大公立化・シンポ前に全協で説明

説明する藤井市長

 周南市がまとめた「大学を生かしたまちづくりの方向性―徳山大学公立化についての市の考え方(案)」の説明を聞く市議会全員協議会が12日に開かれ、藤井市長は徳山大学を公立化してこれまで以上に地域貢献する大学にすることが人口減少の速度の鈍化などにつながると述べ「新たなものの創造、改善には知の力が必要」と公立化した徳山大を知の拠点としたまちづくりを推進したいと訴えた。
 徳山大の公立化は2年前の市長選に藤井市長が立候補した際の公約。この日は以前に市議会が公立化の推進を決議していたこともきっかけだったと述べた。「考え方」は徳山大学公立化有識者検討会議が昨年9月から今年2月までの論議を経てまとめた報告書などをもとに市が策定した。
 その中で、大学を生かしたまちづくりの方向性として、大学を「地域の成長エンジン」とした地方創生▽地元から同大学に進学、卒業後、地元に定着する地域人財循環構造の確立▽若者によるまちの賑わい創出を掲げている。
 大学改革の推進では、周南市単独で設立するが、県東部全体の発展を目指し、理事長の選任や中期目標、中期計画の認定、評価委員会の設置などで運営をチェックすることなども記載している。
 現在の2学部3学科を経済経営学部経済経営学科▽人間科学部スポーツ健康科学科、福祉学科、看護学科▽情報科学部情報科学科の3学部5学科にし、入学定員も280人を400人に増やすとしている。このほか財政計画などを記載している。
 市長は、市民に寄り添い、誇りと品格のあるまちを目指す自身の市政運営と、知の拠点としての徳山大学は同じベクトルを持ち、「地域に貢献し、地域に支えられる大学」にすることがまちづくりになると強調。
 公開講座など生涯学習の場の提供で市民が積極的、自発的、内発的にまちづくりを推進するなどの地域貢献にとどまらず、学生が地域をフィールドとして学内では体験できないことを学び、地域がフィールドの主体、インストラクター、提供者、サポーターにもなる関係を提案した。
 最後に「今後、知の力でまちづくりを進める努力を重ねることで、選ばれる都市になり、人口減少対策にもつながるよう、地域の宝である徳山大学を磨き上げていきたい」と決意を述べた。全員協議会の会場の議場では20人ほどが傍聴に訪れていた。

「市民サービス低下はない」

 その後、質疑があった。主な質問と市長らの答弁は次の通り。
 中村富美子議員(日本共産党)=人口減少に歯止めがかかるという根拠は。「考え方」にある公立化にあたっての市の覚悟とは。
 答弁 人口が増加するとは言っていないが、減少をゆるやかにできる。
 市の覚悟とは市が大学を運営し、学びの場を恒久的に保障し、市全体で学生を育て、知の拠点としていくなどの覚悟だ。
 長嶺敏昭議員(六合会)=魅力的なまちへ住環境が重要だ。
 答弁 学生の定員増も検討しており、しっかり整備したい。
 金子優子議員(公明党)=財政負担が生じて市民サービスが低下することはないのか。
 答弁 財政負担は一時的で、市民サービスの低下は起こらないし、あってはならない。
 小池一正議員(公明党)=学部学科増設にあたっての教員確保の見通しは。
 答弁 大学が全国的にリサーチしている。
 細田憲司議員(アクティブ)=スポーツが強いという徳山大の特性はどうなるのか。
 答弁 市の政策課題に対し、知恵を生かし、まちづくりを市民とともに進めたい。
 清水芳将議員(アクティブ)=学部の新設は公立化しないとできないのか。公立化後の市の関わりは。
 答弁 今のままでは新設は厳しいと聞いている。公立化後は市長が理事長を任命し、中期目標は議会が議決するなどさまざまにチェックしていく。
 小林雄二議員(市民クラブ)=まちづくりと公立化と聞いても今一つピンとこない。公立化官尊民卑の考えはないか。
 答弁 大学を生かしたまちづくりを進める。官尊民卑の考えはまったくない。徳山大学の建学の精神を発展させ、磨いていきたい。
 藤井康弘議員(アクティブ)=財政への影響を平準化するため、公立化による市の負担分を起債、借入でまかなうことはできないのか。
 答弁 起債も考えられる。

シンポはCATV、ネットで中継

 市は15日午後1時半から3時半まで、無観客で開催してインターネットのYouTubeとシティケーブル周南のCATVで中継する形で「徳山大学公立化検討シンポジウム―大学を生かしたまちづくり」を開く。
 沖縄県の公立大学法人名桜大学の砂川昌範学長の基調講演があり、砂川学長と藤井市長、徳山大の高田隆学長、同検討会議のメンバーがパネリストとして登場する。
 その後、6月中に4回の説明会も計画している。問い合わせは市企画課公立大学推進室(0834-22-8224)へ。

シンポジウム視聴の
申し込みQRコード

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で10代1人

県内48人、2,279人に

 県などは13日、新型コロナウイルス感染者48人を発表した。周南地域は周南市の1人だけで、同市の感染者は374人、県内全体は2,279人になった。80代の女性の死亡も公表した。県内の死亡者は50人目。
 周南市の感染者は10代の学生の男性で無症状。防府市の学校クラスターの感染者で8日に発症、12日に検査で陽性が確定した。
 防府市は14人で、20代から80代の女性11人、10歳未満と70代、90代の男性▽岩国市は8人で、10、50、70、80代の女性、20代2人、30、70代の男性▽山口市は5人で、30代、50代2人の女性と30、40代の男性▽宇部市は3人で、30、60代の男性、60代の女性▽柳井市は2人で10代の学生の男女▽広島県在住者が1人。下関市も14人で、同市の20代から60代の男性9人と、10、20、30、40、70代の女性5人。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

衆院任期満了まで半年切る

1、2区とも一騎打ちの構図濃厚

2連ポスターの張り替え進む

 衆院議員の任期満了まで4月21日で残り半年を切り、公職選挙法の規定で立候補予定者の集会告知ポスターが「2連型」に張りかえられた。10月21日までには必ずある衆院総選挙に向けて、周南市などが含まれる山口1区▽下松市、光市などの山口2区でどんな顔ぶれが予想されるのか、現在の情勢を追った。(山上達也)

 熊毛地域を除く周南市▽防府市▽阿東地域を除く山口市の山口1区は、2期目を目指す自由民主党の高村正大氏(50)=東京都武蔵野市=▽立憲民主党公認の新人の党県1区総支部長、大内一也氏(47)=周南市新地町=の一騎打ちが予想される。
 前回は独自候補を立てた日本共産党は野党共闘の立場から党独自候補擁立の動きはなく、幸福実現党も今回は全国的に衆院選には候補を擁立しない。
 下松市、光市、周南市熊毛地域や、岩国市、柳井市、玖珂郡、大島郡、熊毛郡の山口2区は、4期目を目指す自由民主党の防衛大臣、岸信夫氏(62)=田布施町=▽日本共産党新人の党県委員、松田一志氏(64)=岩国市=が出馬表明。前回と同じ顔ぶれで、松田氏も野党共闘の立場だ。
 2連ポスターは立候補予定者本人だけのポスターが禁じられる期間にと党幹部などの弁士の顔や名前を同じ大きさで掲載するもの。弁士のポスター全体に占める割合が公選法で厳格に決められている。

高村氏 コロナ感染で地元に帰れず

集会で交流する高村氏(後方右端=4月3日、高村氏のフェイスブックより)

 高村氏は祖父で旧徳山市長を務めた故高村坂彦氏、父で外相や党副総裁を務めた高村正彦氏が築いた親子3代の盤石な地盤と高い知名度が強み。初陣の前回は大内氏に10万票近い大差をつけて圧勝した。その後も地元のあいさつ回りやミニ集会の開催で、地盤固めに余念がない。
 しかし正大氏本人が4月25日に新型コロナウイルスに感染していることがわかり、武蔵野市の自宅で療養を続けた。このため正大氏は大型連休中に地元に帰れず、4月13日を最後に地元帰りができていない形だ。
 2連ポスターは正彦氏の代から作成したことがない。陣営としては今回も作成、掲示はしない方針だ。

大内氏 地元生まれの土着性前面に

朝立ちする大内氏(4月20日午前7時10分、周南市古泉)

 大内氏は徳山小、岐陽中、徳山高、山口大経済学部卒。地元で生まれ育った土着性を前面に出している。
 千葉県鎌ケ谷市議1期を経て帰郷し、2017年の衆院選山口1区に希望の党公認で出馬し、19年の参院選山口選挙区に野党共闘の枠組みで国民民主党公認で出馬、落選した。
 今回も野党共闘候補の立場だが、その枠組みの機能が課題。選挙区内での朝立ちも積極的で、地元では新南陽若山ライオンズクラブに所属してボランティア活動に取り組む。
 2連ポスターは党政調会長の泉健太衆院議員(46)とのペア。泉氏と大内氏は民進党→希望の党→国民民主党→立憲民主党と同じ道を歩んでいる。


2区・岸氏、松田氏再対決
自公連携、野党共闘の行方注目

 山口2区は、野田内閣で法務大臣も務めた旧民主党の平岡秀夫氏(67)が5回当選(うち1回は比例復活)を重ねた選挙区。2012年の衆院選で自民党参院議員だった安倍晋三前首相の実弟、岸信夫氏(62)が自民党議席を取り戻した。
 14年も約4万票差で平岡氏を降し、これを機に平岡氏は「政治家としての活動を一区切りしたい」と表明。以後はもともと持っていた弁護士資格を活かして、東京の銀座法律事務所を拠点に法曹活動を展開している。
 17年は平岡氏の地盤を継ぐ候補者が現れず、唯一の対立候補の日本共産党公認の松田一志氏(64)が、前回の同党候補者票の約3.6倍もの得票を獲得し、4万票を超える大躍進を遂げた。
 今回も同じ顔ぶれによる一騎打ちと見られる中、両氏の得票の増減が注目される。

岸 氏 地元入りできずハンディ

岸氏の2連ポスター

松田氏 保守層切り崩しが課題

松田氏の2連ポスター

 岸氏は菅義偉内閣に防衛大臣として入閣して初めての選挙戦。選挙区内に米海兵隊岩国航空基地や上関原発建設予定地を抱える中、大臣公務やコロナ禍で地元回りが入閣前ほどできないハンディを、党組織や地元後援会がどうカバーできるかが課題だ。友党の公明党の支援も欠かせない。
 松田氏は野党共闘の枠組みがうまく機能するかがカギだ。共産党公認を前面に出す中、厚い保守層を少しでも切り崩すには革新色を薄めた取り組みも必要と見られ、その戦術の有無が松田氏の得票に反映されよう。今も残る平岡氏の地盤をどう取り込んでいくかの戦術も注目される。
 2連ポスターは、岸氏は菅首相(72)とのペアで、松田氏は共産党の仁比聡平前参院議員(57)と並ぶ。

【きょうの紙面】
(2)東ソーが減収増益の決算発表
(4)下松中央LCが下松市に10万円
(5)下松市が笠戸島に地域担当職員6人

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市で2人、373人に

県内は61人で2,213人に

 県などは12日、新型コロナウイルスに感染した61人を公表した。周南地域では周南市で20代の会社員の女性と40代の会社員の男性が感染した。
 20代の女性は家族からの感染。40代の男性の感染経路は不明。同市の感染者は373人、全県では2,231人になった。
 感染者のうち23人は防府市。30代から90代の女性13人と30代から80代の男性10人が感染した。
 下関市は11人で、10、30、50代の女性と20代から70代の男性7人、性別不明の10代が1人▽岩国市は10人で、20代から80代の男性7人、10、60、90代の女性▽山口市は8人で、10、20、30、50代2人の女性5人、10、40代2人の男性3人だった。
 宇部市が3人で20代、30代の男性と30代の女性▽柳井市が2人で30代の男性と10代の女性▽平生町で10代の男性▽広島県在住の40代の男性が感染した。
 このうち8人は防府市の通所介護施設クラスター▽5人は岩国市の通所介護施設クラスターの感染者だった。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

初日は60人スムーズに

[新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]


周南市の集団接種スタート
「接種日おまかせ予約」も好調

ワクチン接種を受ける男性

 周南市で10日、高齢者向けに新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まった。この日は古市のイオンタウン周南の空き店舗に開設した接種会場で午前中、60人が接種を受けた。これから6会場で5、6月中だけで80回以上の集団接種を予定している。
 イオンタウン周南の会場は空き店舗2部屋を使用。スタッフは22人で、市職員のほか、受け付けなどはJTB、医師、看護師は県予防保健協会の職員が支援した。
 受け付け、予診票の確認、医師の予診、看護師の接種、接種済み証の発行まで早い人は数分。半袖など肩を出しやすい服装で訪れる人がほとんどで、スムーズに進んだ。
 そのあと15分または30分の経過観察があったが、接種などとは別の部屋が用意され、椅子と椅子の間も広くとられていた。接種を終えた人は「インターネットで予約しました」などと話し、ほっとした表情を見せていた。

受け付けをするスタッフ

“おまかせ”は4日間で600件

 同市では、離島の大津島は先行して接種し、8日に大津島小体育館で2回目の接種を終了した。1回目の接種を終えていたほぼ全員が接種を終えた。
 集団接種の会場はイオンタウン周南のほか、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター、ゆめプラザ熊毛、沼城小、コアプラザかのと市役所の本庁を予定。かかりつけ医の個別接種も18日から始まる。接種できる医療機関も当初より増やしている。
 4月26日の1回目の受け付けで高齢者4万8千人のうち、約9千人はすでに予約を終えている。2回目の予約受け付けは12日(水)正午から始まり、1万5千人を受け付ける。3回目は26日(水)正午からで1万人を予定している。
 インターネット、電話(0834-32-0567)に加え、7日から“紙”による「接種日おまかせ予約」の受け付けも始まった。初日から10日までに600人が申し込んでいる。
 接種日は指定できず、希望する集団接種会場と接種券番号、住所、氏名、生年月日、連絡先を書いてFAX(0834-22-8266)かはがきなど郵送(〒745-8655・周南市岐山通1-1)で新型コロナウイルスワクチン予約センターに送るか、市役所、総合支所、支所、市民センターに持参する。後日、市が接種日を決めて郵便で通知する。同センターへの電話がかかりにくいことから導入した。

【きょうの紙面】
(3)下松市広報が縦書きから横書きへ
(4)光市民ホールで「検温済み」シール
(5)下松市の国道188号下のバラが見ごろ

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

下松市で2人、周南市で1人

クラスター拡大、県内は49人

 県などは11日、新型コロナウイルスに感染した49人を公表した。周南地域では下松市で2人、周南市で1人が感染した。下松市の感染者は89人、周南市の感染者は371人、県内の感染者は2,170人になった。
 下松市は70、80代の無職の女性で、いずれも同じ知人からの感染。周南市は10代の学生の男性で徳山大の部活動クラスターの感染者。
 防府市は10人で60代から90代の女性5人、40代から80代の男性5人▽下関市は8人で、10代、20代3人、40代の男性、20、40、50代の女性▽岩国市は7人で、20代2人と80代の男性、20、30、40、70代の女性▽柳井市は6人で、10、40、70、80代2人の女性と40代の男性▽山口市が4人で、10、40、50代の女性と50代の男性▽宇部市は2人で20代の男性と30代の女性▽和木町で20代の男性▽長門市で50代の男性が感染した。
 県外在住者の感染もわかり、広島県の50代の男性▽愛媛県の40、50、60代の男性▽群馬県の50代の男性▽北海道の40代の男性▽福岡県の60代の男性が感染した。
 周南市の大学部活動のほか、柳井地域の親族クラスター関連で新たに6人▽防府市の通所介護施設クラスターでも7人▽岩国市の通所介護施設クラスターで1人の感染がわかった。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

動線はっきり、混乱なく

[新型コロナウイルスワクチン接種対策]

公民館などで高齢者接種開始
「電話予約できなかった人思うとつらい」

玄関ロビーの受付
接種を終え「状態観察」で待つ人

 下松市の新型コロナウイルスワクチンの65歳以上の高齢者に対する接種が6日から始まった。9日からは各公民館での接種も始まり、どこも混乱なく順調な接種が進んでいる半面、接種を終えた人から「電話がつながらずに予約できなかった人のことを思うとつらい」という声も漏れた。
 6日はスターピアくだまつと同じ建物内の保健センターで220人▽8日は生野屋南の地域交流センターで220人▽9日も地域交流センターで220人、久保公民館で145人が接種を終えた。今後もほかに中村総合福祉センター、米川公民館、花岡公民館、江の浦の笠戸島公民館で接種を進める。保健センターでは午後7時~8時15分の「夜間枠」を5月に3回と、6月に12回設けている。
 公民館では最初の接種会場になった久保公民館(藤本泰延館長)では9日、1階全体を接種会場にした。玄関ロビーで検温、手指消毒、受け付け、予診票確認▽視聴覚室で医師による予診、ワクチン接種▽廊下で接種済み確認▽講座室(和室)で15分、または30分の状態確認▽廊下で接種済み証の交付、2回目接種の予約受け付け。
 状態確認の部屋には時間の経過がわかるように、目の悪い人でもわかりやすい大きな時計を置いた。緊急時に備えて診察ルームも設けられた。
 接種者の動線は後退のない一筆書きで、玄関から入って裏口から出る形。廊下の床に赤いビニールテープを矢印の形に張りつけてわかりやすくした。
 市職員は健康増進課のほか他部署からの応援、同公民館職員を含めて30人体制で、受け付けや誘導、案内、駐車場整理に配置した。
 市健康増進課の鬼武美香課長は「公民館の会場では初のケースなので、他の公民館でも参考になるモデルケースとして準備した。久保公民館での経験を他の会場で生かしたい」▽藤本館長も「階段の昇降を避けるため会場は1階に集中させ、動線も1本にした。不安なく接種してもらえるように、次の機会も今回の経験を生かしていく」と話した。
 同公民館での接種に一番乗りした河内の中竹澄栄さん(69)は「ワクチン接種の予約用番号に電話してもなかなかつながらないので、岩国にいる娘に頼んでインターネットで予約してもらった。私は接種の予約ができたからいいが、今回の枠に電話で予約できなかった人のことを思うとつらい」と話していた。

【きょうの紙面】
(3)感染拡大で13日の聖火リレー中止
(4)無観客の福川ランプフェスで朗読、巫女舞
(5)23日まで、冠山総合公園で「春のばら祭」

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

周南市3人、光、下松市は1人ずつ

県内58人、柳井、岩国で新クラスター

 県などは10日、新型コロナウイルス感染症に58人が感染したと発表した。周南地域は周南市で3人、下松市、光市で1人ずつ。周南市の感染者は370人、下松市は87人、光市は34人、県内は2,121人になった。90代の女性1人の死亡も公表した。
 岩国市の通所介護施設で新たな感染者が11人、柳井地域の親族間で柳井市、田布施、平生町、下松市で17人のクラスターが発生した。周南市の徳山大学の部活動クラスターの感染者は1人増えて7人になった、
 周南市は10代の学生の男性、50代の会社員の男性、20代の会社員の女性で、学生は部活動クラスターの感染者、50代の男性、20代の女性は家族からの感染。
 下松市は40代のパートの女性で柳井地域の親族クラスターの感染者、光市は70代の自営業の女性で知人からの感染。
 柳井地域の親族クラスターは3日に広島県であった親族の集まりに参加するため同じバスに乗った人の間で発生した。
 岩国市は13人で20代から90代の女性7人、30代から90代の男性6人▽防府市が12人で60代から90代の女性9人、30、80、90代の男性▽柳井市は11人で10代から70代の女性7人、10代から70代までの男性4人▽下関市は5人で30、40代の男性4人と50代の女性▽平生町は4人で、20、30、70代の男性と60代の女性▽田布施町は3人で10代、50代の男性、50代の女性▽山口市は2人で20代の女性と50代の男性▽和木町の30代の女性▽宇部市の40代の男性▽兵庫県の40代の男性が感染した。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

“紙”で受け付け、職員が手作業

[新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策]

周南市が「接種日おまかせ予約」
“怒り”“不安”解消へ1歩

「接種日おまかせ予約」のポスターと申し込み用紙

大混乱の受け付け第1弾

 新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付けで、周南市は7日から「紙」による申し込みの受け付けを始めた。この「接種日おまかせ予約」は、「接種日時はいつでもいい」という人のための申し込み方法。集団接種会場を指定し、接種券番号など4つの必要事項を記入して郵送、FAX、または市役所や総合支所、支所、市民センターなどに持参することで申し込める。接種日は市が決める。
 同市は4月26日から電話とインターネットで高齢者の接種の予約の受け付けを始めた。ところが、高齢者4万8千人に対し、用意できたワクチンは9千人分。24時間受け付けをうたっていたネット予約分は50分で一杯になり、11回線を用意した電話回線は申し込みに数分かかるため、つながらない状態が続いた。
 2日目からは電話予約だけになったが、27日に745人、28日に904人を受け付けたが終わらず、29日に286人、5日目の30日にも64人を受け付けた。
 混乱している状況を市民に知らせる手段が限られ、予約センターに電話をかけ続ける人、市役所を訪れる人などが続出し、職員が説明など応対に追われた。市民からはなぜ、十分に電話回線を用意しなかった、電話、インターネット以外の申し込み方法はできなかったのかなどの疑問、怒り、苦情が寄せられた。
 12日(水)正午からの電話とインターネットの受け付け第2弾は1万5千人だが、予約センター(0834-32-0567)の電話回線を17回線に増設▽オペレーターを増員して受け付け時間を短縮▽電話の受け付け時間を延長▽ホームページなどでの予約情報周知▽ネット予約を拡大する。
 同時に26日(水)正午からの第3弾では1万人を受け付け、希望者すべてに接種できることも周知することにした。

郵送、FAX、持参も

 これらに続く「接種日おまかせ予約」新設の発表は6日。申し込み時に記載する項目は、接種券番号、希望する集団接種会場(複数会場記載可)、住所・氏名・生年月日、連絡先の電話番号。
 予約開始の1日目はネット、電話予約を優先するが、2日目以降に空きがあれば「接種日おまかせ予約」で申し込んだ人を入れ、接種日を郵便で知らせる。ただ、予約が定員に達した場合は、次回の予約受け付け後になるため、通知が遅くなる場合がある。
 電話での受け付け時、希望日時、場所とも「どこでもいいから」と言う人も多く、日時や接種場所をあらかじめ決めていた人に比べて時間がかかったこともあり、今回の“紙”による予約方法を導入した。
 受け付けた“紙”は新型コロナウイルスワクチン対策室の職員14人がシステムへの入力などの処理をする。一方で、10日からは集団接種が本格的にスタートする。現在の人員だけでは連日、残業が必要になる事態も想定している。
 予約の用紙はホームページにも掲載しているが、必要事項が記入されていれば様式は問わない。郵送の送付先は〒745-8655・周南市岐山通1-1、周南市役所新型コロナウイルスワクチン予約センター▽FAX、市役所へ持参の場合は同対策室(FAX 0834-22-8266)で受け付けている。

【きょうの紙面】
(2)新型コロナ感染拡大、大学でクラスターも
(4)衆院選に向けて23日、野党が合同街宣
(5)光市でソレイユトリオが「竹取物語」

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: koudoku.gif
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dokusya.gif

▼電子版購読はこちら
https://www.shimbun-online.com/latest/shunan.html

1 2 3 4 5 6 124