ヘッドラインニュース

光市議選・23日投票 決め手は“候補の人柄”?

政策論争なく混戦状態
 光市議会議員選挙は23日の投票日まであと2日に迫り、定数18に現職15人、元議員1人、新人7人の23候補が入り乱れて混戦状態が続いている。これといった争点がなく、下水道料金の引き下げなど具体的な政策を訴える候補も限られていて、“人柄”が最大の争点という状態。県内の地方選挙で初めて18歳以上が投票することになるが、同日程の市長選挙は12年ぶりの無投票になり、投票率の行方も注目される。最終盤の情勢を報告する。(山上達也=文中敬称略)

地域推薦組 人脈、政策、組織からめて
 大半を占める無所属候補のうち地域推薦組は16人。うち現職と元職は12人。主に前回の得票順に追う。
 現職のうち前回2位の磯部登志恵は室積を中心に幅広い人脈と日常活動を武器に支持を拡大。3位の林節子は大和の支持層を固め、旧光市にも広がる人脈を票につなげる。4位の森戸芳史は日常活動を追い風に地元の三島と候補のいない周防を軸に広げる。
 5位の議長の中村賢道は虹ケ丘などの地元票とかつて勤務した新日鉄のOB票で健闘。6位の前議長、中本和行も地元の三島から市内全域に広がる人脈で堅調な戦いぶり。元職で旧市で副議長の河村龍男は2回の市長選出馬で広がった支持層をどう票につなげるかが課題だ。
 11位だった大田敏司は「医療と福祉のまちづくり」を訴えて大和の地元票を固め、幅広い人脈もからめる。13位の田中陽三は候補者中最年少の若さを強調し、地元虹ケ浜や妻の出身地の大和で支持を拡大。14位で旧市元議長の西村憲治は光井で地元票を手堅く固め、公共交通確保などを訴えて支持が広がる。
 15位の萬谷竹彦は若さと実行力を訴え、個人演説会も開いて支持拡大に燃える。16位の笹井琢は上関原発反対を鮮明にして、1日15回の街頭演説で保革双方に支持を広げる。18位の大楽俊明は最下位当選で苦戦したが、熱心な自治会活動と地道な運動で議席維持を目指す。
 新人も奮闘。雪辱組では仲山哲男が、引退する前回競合した現職の木村則夫の支持層に浸透し、当選圏突破に燃える。岸本隆雄は河村と支持層の競合が痛いが、積極的な街頭演説で前回次点の雪辱に懸命だ。
 初挑戦組は梅津敏英は陶芸家や市民ミュージカルの会会長で人脈が広く、期間中は作務衣で運動して目を引く。西崎孝一は約4,400票を得た前回県議選ほどの勢いは見られず、終盤の追い込みが注目される。

政党公認組 組織外の支持拡大が課題
 政党公認候補は党組織をバックに堅調な戦いぶり。公明党現職の森重明美は創価学会の票を固めて組織外にも支持を拡大し、前回並みの得票でトップを目指す。
 共産党は現職の土橋啓義が大和、光井、室積の党支持層から保守層まで手堅く固める。新人の田辺学は党議席を引き継ぐ現職、四浦順一郎の個人票をどれだけ取り込めるかが課題で、ポスターにも四浦の写真や名前、メッセージを入れている。
 幸福実現党新人の早稲田真弓は幅広い人脈と候補者中ただ一人上関原発建設賛成を訴えるなど保守層を引きつける政策を武器に、同党県内初議席を狙う。

企業・政党推薦組 武田OB票の行方は?
 企業推薦は武田薬品の現職、畠堀計之だけで、他陣営に関係者が多いOB票の分散阻止に全力。推薦を受ける連合山口の各単産にも浸透を図る。
 政党推薦組は民進党が2人。現職で副議長の木村信秀は連合山口の推薦で系列の労働組合を畠堀と二分し、地盤の島田を軸に支持を拡大。新人の榎並宏子は母親クラブなど社会活動の人脈やかつて住んだ三井や現住所の光井で健闘している。

期日前投票は微増 投票率は60%台維持?
 期日前投票は19日現在で1,313人が投票し、全有権者に占める期日前投票率は2.96%で、前回同日比で68人多い。ともに市長選と同時だった前回の投票率は66.69%、前々回は71.71%で、60%台を維持するのか注目される。
 投票日の23日は市内33カ所で午前7時から午後8時まで投票を受け付け、午後9時20分から市総合体育館で開票。11時ごろには大勢が判明しそう。Kビジョンでは午後10時半から開票速報を放送する。問い合わせは市選管事務局(0833-72-1400)へ。

絶景満喫!新国民宿舎大城

【下松】国民宿舎大城 11月1日オープン 21日・完工式、23日・内覧会
 下松市が総事業費約26億円をかけて建設した笠戸島の国民宿舎大城(有吉良美支配人)が完成し、21日に完工式が開かれる。11月1日にオープンし、笠戸湾が一望できるロケーションで温泉も楽しめ、市の観光の目玉として観光客誘致に期待がかかる。23日は午前10時から午後3時まで一般向けの内覧会があり、誰でも見学できる。(山上達也)

有吉支配人らスタッフ

有吉支配人らスタッフ


 旧施設の老朽化から同じ場所に建て替えたもの。121人が宿泊できる37室の客室はすべて海に面した〝オーシャンビュー〟で、大城温泉は室内風呂、露天風呂とも夕日の美しさを楽しんでもらえるように大きく西側に視界が開いた構造にした。
オーシャンビューの大城温泉

オーシャンビューの大城温泉


 温泉入浴は当面、宿泊者優先で、日帰り温泉は午前11時から午後4時までに限定するが、今後の利用状況で弾力的に対応する。
 レストランも海を見渡せる作りで、対面調理で90人収容できる。メニューも一新し、午前11時から午後2時半までのランチタイムは肉料理、魚料理から好きなメーン料理を1品選び、総菜やサラダ、フルーツ、ケーキ、ドリンクバーを自由に楽しめる税込み1,620円のハーフビュッフェ方式を導入。
 5時から8時半までのディナータイムは3日前までの予約制で、和の膳(3,240円)、洋の膳(4,320円)、和洋の膳(12,030円)などを夕日の絶景を楽しみながら味わってもらう。
 このほか100人収容の宴会場、パントリーもある。スタッフは岸田雅彦営業担当支配人の下、管理課8人、営業課12人、料飲課11人、調理課は料理長を兼ねる新谷芳史課長ら15人の総勢48人。有吉支配人(70)は「お客さんに安心と安全、楽しさ、快適さを提供していきたい」と決意を話している。
 オープンに合わせて県道から大城までの市道大城線の整備も完了。大城玄関前のバス停に防長交通の路線バスの乗り入れが復活し、下松駅南口と深浦との間の上下18便が毎日停車する。大城の電話は0833-52-0138。

東ソー・エフテックの4人にヨウ素学会賞

新合成法と新装置開発
 生物の生存に必須の元素で、貴重な天然資源でもあるヨウ素の研究や産業の発展に貢献した人をたたえる今年度のヨウ素学会賞を周南市開成町に本社を置く東ソー・エフテックの研究員4人が受賞した。環境に負担のかかるハロンやフロンの代替物としてエッチングガスや消火剤などに使われるトリフルオロヨードメタン(CF3I)の工業的生産プロセスを確立したことが評価された。

賞状を持つ森国さん(左)と長崎さん

賞状を持つ森国さん(左)と長崎さん


 この賞はヨウ素学会が2007年度から奇数年は学術的、偶数年は技術的な分野を対象に1件ずつ表彰している。今回受賞したのは研究の中心メンバーの長崎順隆さんと、森国義男さん、加登幸治さん、現在は東ソー所属の鈴木紳正さん。
 東ソー・エフテックは東ソーの子会社で1975年にハロン類を製造する会社として設立されたが、その後オゾン層を破壊する物質の使用が制限され、93年に代替のCF3Iの大量生産のための技術開発に着手した。
 従来の合成法は高価なヨウ素を使い切れない非効率性があったことからまず「気相触媒連続反応」による新合成法を開発したが、固定型だった製造装置を大型化したとたん、反応が不安定になるという問題が発生したため、管を回転させて反応を促すロータリーキルン型の装置を使うことを考案した。
開発したロータリーキルン(NEDOウェブサイトより)

開発したロータリーキルン(NEDOウェブサイトより)


 ロータリーキルンはセメント製造などに使われるが、気体を扱うためにはより高い技術が必要で、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の支援も受けて量産化を可能にする装置を実現させた。同社は2006年の試作装置完成から15年には増設もしてCF3Iを生産している。
 当初から研究に携わってきた同社研究所長の長崎さんは今までにない装置の設計など試行錯誤を繰り返して苦労も多かったと振り返り「長年やってきたことが評価されてよかった」と話していた。

市川光市長が3期目初登庁

光市庁舎は「建て替え」へ 市川市長が3期目初登庁 「市民に幸せと満足を」
 16日告示の光市長選挙で無投票で3選を果たした市川熙氏(69)は17日朝、市役所に初登庁して3期目の市川市政がスタートした。職員への訓示に続いて開いた記者会見で市長は耐震性が問題となっている市役所本庁舎は「ここ(現本庁舎)での耐震化は困難だろうと思う。耐震化するなら建て替えるぐらいの費用がかかると懸念している」と述べ、全面建て替えを軸にした検討作業を今後進めていく考えを示した。

支持者からの花束を掲げる市川市長

支持者からの花束を掲げる市川市長


 市長は午前10時に職員や市民ら約200人の拍手の中を登庁した。玄関前の駐車場には後援会役員や支持者が「市川市長3選おめでとう」など3本の横断幕を手に並び、女性支持者から花束が贈られた。
 玄関前では森重正一副市長や職員が拍手で市長を迎え、総務課の菅岡千晴さんと広報統計課の繁冨由佳さんから花束を受け取り、両手で高く掲げて喜びを表した。
 このあと市長は市役所3階で課長級以上の職員約100人を前に訓示し、市民が幸せや満足を実感できる豊かな社会づくり▽第2次市総合計画の策定▽職員力や組織力の進化を目指す組織と人材の活用の3点をあげて「市民にお届けする優しさがこれからも右肩上がりで増え、まちの隅々まで広がるようご協力をお願いしたい」と求めた。
 続いて市長室で記者会見を開き「無投票当選におごらず、市民と対話を重ねながら前進していく」と決意を述べた。
 上関原発建設問題には「現状では賛成できないスタンスはずっと変わらない。安全対策は不十分と思うからだ」と述べ、前日に投開票された新潟県知事選挙で原発の再稼働に慎重な新人が当選したことに「市民が(原発問題に)敏感になっていることを感じた」と話していた。

市川氏が無投票で3選

【光市長選・市議選】市川氏が無投票で3選 失政なく行政手腕評価
 光市の市長選と市議会議員選挙(定数18)は同時に16日に告示され、市長選は現職の市川熙氏(69)=光井=以外に立候補の届け出がなく、市川氏の3選が無投票で決まった。市長選の無投票は新市誕生直後の2004年以来12年ぶりで、市川氏にとっては初めて。一方、市議選は予想された23人が立候補した。市長選は8年前の前々回は市川氏ら新人3人が立ち、4年前の前回は現職の市川氏と前々回も出馬した新人1人が立ったが、いずれも市川氏が当選。市川氏にこれといった失政がなく、市を二分するような争点がないため無投票が濃厚だった。

万歳を三唱する市川氏ら

万歳を三唱する市川氏ら


 市川氏はこの日朝、ホテル松原屋で出陣式を開き、約400人が参加。公明党の桝屋敬悟衆院議員や自民党の江島潔、北村経夫両参院議員、河野亨県議、木村周南市長、岡本博之連合山口副会長が激励して、市川氏は「市政に課せられた使命を果たすトップランナーとして3期目を駆け抜けたい」と決意を述べた。
 このあと選挙カーで市内を一巡。午後5時の立候補届け出締め切りで無投票当選が決まると同ホテルで当選報告会を開き、約300人が祝福した。
 岸信夫外務副大臣の智香子夫人や国井下松市長、河野県議が祝辞を述べ、市川氏は都市計画道路瀬戸風線の開通▽岩田駅コンパクトシティ計画推進▽光駅橋上化▽イオン光店近くの踏切のアンダーパス化▽公共交通対策の五点を挙げて「この政策推進に全力で取り組み光をさらにパワーアップさせる」と決意を述べた。
 市川氏が議会答弁で上関原発建設計画に「賛成できない」と述べてきたことには取材に「賛成できないスタンスに変わりはないが、私には何の権限もない。市政で何ができるかといえば難しいが、姿勢は変えない」と議会答弁を今後も踏襲する姿勢を示した。
 任期は11月14日からだが、17日は朝には初登庁する。

光市長選は無投票?

【光市長選・市議選】光市長選は無投票? 市議選・18議席に23人 16日告示・選挙公報HPでも
 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて県内で初の地方選挙になる光市長選挙と市議会議員選挙(定数18)が16日告示される。合併から12年たって市立病院問題など合併当初の課題に一定の道筋がつき、これからのまちづくりが問われる中、市長選は3期目を目指す現職の市川熙氏(69)の無投票当選が濃厚。市議選は23人が18議席を争う激戦で、投票日の23日へ選挙戦の火ぶたを切る。

 市議選は現職15人と元議員1人、新人7人が立候補を予定。地域別では旧光市20人、旧大和町3人▽党派別は日本共産党2人、公明党、幸福実現党各1人、無所属19人で、無所属のうち2人は民進党推薦。
 16日は午前8時半から午後5時まで市役所3階大会議室で受け付け、市長選は現職のほか届け出がなければ無投票当選が決まる。市川氏は午前10時からホテル松原屋2階大ホールで出陣式を開く。
 期日前投票は17日から22日までの午前8時半~午後8時に市役所3階(22日は1階ロビー)と大和支所、今回から投票日当日の投票所がなくなる牛島でも牛島コミュニティセンターで20~22日の午前10時~午後3時に受け付ける。
 候補者の経歴や公約を掲載した選挙公報は今回から市のホームページでも公開する。問い合わせは市選管(0833-72-1400)へ。
 9月2日現在の有権者数は男20,859人、女23,434人の計44,293人。

161014
光市長選立候補予定者
市川 熙 69 無 現②
 まるみ綿業社長、ボーイスカウト県連盟理事長、日本の森・滝・渚全国協議会長(市議会議長、県市議会議長会長)早稲田大法卒、光井7(事務所=光井7-38-7 電話0833-74-2117)

2日間で通行可能

【徳山高専】2日間で通行可能 コンクリート試験施工 田村教授と時盛建設が開発
 周南市の徳山高専(勇秀憲校長)で7日、田村隆弘教授(58)が光市の時盛建設(時盛純社長)と共同研究している早期交通開放型排水性コンクリート舗装を公開して試験施工し、玄関そばに縦5メートル、幅15メートルにわたってコンクリートを敷いた。今後、耐久性や音が静かになるかなどを調べる。

田村教授

田村教授


 3年前から取り組んでいる研究で、コンクリートはセメントと砂、砂利に水を加えて混ぜて敷いたあと、固まらせるが、道路の施工ではコンクリートを敷く作業は1日で終わっても、28日間、通行止めにして固まるのを待たなければならない。
 コンクリートは30年間、使用可能だが、日本の道路舗装ではよく使われるアスファルトを大きく上回る強度を持ちながら採用されることが少なく、ヨーロッパなどに比べて1日で車が通行できるようになるアスファルト舗装が多い。
 今回の共同研究では混和剤の高性能AE剤を使って水の量を減らし、砂利などの配合割合や施工方法も工夫して通常と同じ強度を持ちながら準備作業から始めて48時間で車が通れるようになるコンクリート工法を開発。今回、実際に駐車場に施工してみることにした。
コンクリートを敷く工事

コンクリートを敷く工事


 この日は時盛建設だけでなく、生コンクリートの製造、運搬は周南市のコーウン産業、砂利は下松市の採石の富国建設工業社が提供したほか、高性能AE剤は大手メーカーの国際企業、施工は道路舗装工事で全国展開している佐藤渡辺が協力。このコンクリートを卒業研究にしている学生も参加した。
 今回、使ったコンクリートは排水性を持たせるため砂は加えずセメントと砂利、水が原料。生コン工場からトラックで運ばれてきたコンクリートは12立方メートルで、佐藤渡辺が独自開発したコンクリートを締め固めるパーミアコンプレートなどを使って15センチの厚さに丁寧に敷いていった。
 山口県はセメントの製造工場が多いこともあり、田村教授は「このコンクリートを普及させて耐久性のあるインフラにし、セメントの需要も増やしたい」と話していた。

水素の取り組み、漫画で紹介

周南市の水素の取り組みを漫画で紹介するパンフレットを作成
 周南市は同市の水素の取り組みや意義を漫画で紹介する冊子仕様のパンフレット「水素エネルギーで未来を拓く~水素先進都市『周南』」を作成した。これからの水素社会を担う中学生をメーンターゲットに2,500冊を作って市内の全中学3年生に配るほか公共施設や銀行、病院などの待合スペースにも置く。

水素を紹介するパンフレット

水素を紹介するパンフレット


 A4サイズ20ページのフルカラーで、作画はYICキャリアデザイン専門学校出身でアトリエ樹本と大道理まんが村の切戸章平、原田晃太郎、矢尾総一朗、坂井月美、小池香菜絵、田中美樹さんが担当した。
 漫画は中学2年の女の子が周南コンビナートで水素を作る仕事をしている父の職場を見学するというストーリー。
 市は周南コンビナートでカ性ソーダの副生物として大量にできる水素を市がまちづくりに生かそうと、昨年は中四国地方で初の水素ステーションを市内にオープンしたことや、水素で動く燃料電池自動車の導入を補助制度で促進し、地方卸売市場と徳山動物園、道の駅「ソレーネ周南」に燃料電池を設置して発生した電気と熱を各施設で利用していることなどをわかりやすくまとめている。

“鼎の松”わかりやすく

“鼎の松”わかりやすく下松中生8人が紙芝居制作
 下松の地名の由来とされる下松市北斗町の金輪神社の“鼎の松”の物語を同神社近くの下松中(藤井浩一校長、384人)の総合文化部美術コースの紙しばい作成班の生徒が8枚の紙芝居に仕上げ、6日、鼎の松の保護活動をしている金輪社奉賛会(山内務会長)に贈られた。

紙芝居を持つ生徒や山内会長(後列右)ら

紙芝居を持つ生徒や山内会長(後列右)ら


 この紙芝居は山内会長(81)が8月に藤井校長に生徒に作ってもらえないかと相談したのを受けて美術コースの部員37人のうち8人が紙しばい制作班を作って取り組み、夏休みに市図書館で鼎の松を調べたり、山内会長から話を聞いて9月末に完成させた。
 A2判のイラストボードにアクリル絵の具で描かれ、推古天皇のころに松に星が降って7日7晩輝いたことや、その時のお告げの通り下松に百済の王子の琳聖太子が現れたこと、今は5代目となっている松を大切に守っていることなどをまとめた。
 8人は3年の山下結加、鴻野桃花さん、2年の青木桃華さん、1年の田中雅、山本一樹、吉崎歩実、中原瑳耶、松村歩美さん。代表して山内会長から「絵の具など材料代に」と寸志を受け取った鴻野さんは「色の出し方に苦労した。きれいにでき上がってうれしい。たくさんの人に長く見てほしい」と喜んでいた。
 紙芝居は同会が小学校でのふるさと学習などでの説明に使う。山内会長は「絵がとてもきれいで子どもたちにわかりやすく説明できる」と話していた。

TEAM376、TRY!

【県】TEAM376、TRY! 地域貢献賞を受賞 11日・きらめきフォーラム
 県民活動団体の優れた取り組みをたたえる“チャレンジやまぐち!地域貢献賞”の表彰式が11日午前10時半から美祢市の秋吉台国際芸術村で開かれるきらめきジョイントフォーラム2016の式典の席上であり、周南市から和田地区の地域起こしグループ、TEAM376(佐藤貴志代表、41人)と東ソー南陽事業所の若手従業員のTRY!(酒寄貴文代表、11人)が受賞する。
 同賞はやまぐち県民活動パワーアップ賞を引き継いで昨年から始まった県知事による表彰。今回は5団体で、長門市の青海島いわがき育成研究会、山口市の地域子育て支援ネット「親鳩会」、被災写真の洗浄や救援物資の支援などをしている山口市のりす会山口が選ばれた。
 TEAM376は和田を舞台にした演劇の上演、映画の製作、特産品を生かしたメニューづくりなどをして地域の活性化に取り組んでいる。TRY!は若手従業員の自主的な地域貢献活動として小学校への科学実験の出前授業、高校生向けに進学・就職相談や住民との合同清掃をしている。
 このほか山口きらめき財団理事長表彰の県民活動きらめき賞の表彰があり、下松市の下松べんけい号を愛する会、子ども劇場くだまつ、光市の光人形劇協議会など11団体と周南市の県民活動推進委員の開村修三さんら5人を表彰する。
 同フォーラムは県などの主催。きらめき活動助成事業中間報告会や同芸術村村長の八木資義さんのバイオリンなどのコンサートのあと午後1時半から式典と表彰式。2時からは大阪ボランティア協会常務理事の早瀬昇さんの講演「地域や団体が元気になる『ボランティアマネジメント』とは?」がある。
 問い合わせは同財団(083-926-3600)へ。