ヘッドラインニュース

【金曜記者レポート】野焼き

【周南】“野焼き”に苦情相次ぐ 法律で禁止だが例外多く
 雑草が生い茂る夏場、刈った草などを野外で焼く“野焼き”の苦情が後を絶たない。周南3市でも苦情を受けた市や消防が火元の地権者など責任者に消火を要請しているが、根本的な解決に至っていない。野焼きの現状と課題を探ってみた。(山上達也)

国道188号を覆う野焼きの煙=7月21日、光市光井

国道188号を覆う野焼きの煙=7月21日、光市光井


国道をふさぐ煙の帯
 7月21日午前8時10分、光市光井の国道188号戸仲交差点で4車線の道を煙が覆い、視界不良の煙の帯の中を進む危険な運転を体験した。
 市にはこの野焼きに近隣住民から「洗濯物が外に干せない」「臭くて窓が開けられない」の苦情があり、環境事業課の要請を受け入れた火元の主が火を消したという。
 野焼きなど野外焼却は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止され、違法な野焼きをした者には懲役5年以下または1,000万円以下の罰金のいずれかまたは両方が科せられ、消火対策を怠ると火気乱用の軽犯罪法違反に問われる。しかし、条文には例外規定やあいまいな表現が多く、すべてを規制することはできないという。このため県内で違反の適用例はない。

農家の雑草など例外
 同法は第16条2項で「何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない」とし、例外に一般廃棄物や産業廃棄物などの処理基準に沿った焼却▽他の法令に基づく焼却▽公益上もしくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるものを挙げている。
 この政令には「風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却」「農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却」「たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの」がある。
 この規定は具体的にはどんど焼きや仏教の火祭り、田畑の雑草や森林の下枝、漁網にかかったごみの焼却、小規模なたき火やキャンプファイアが該当する。

消防に通告ないケース多く
 各市町や県はホームページなどで野焼きが禁止されていることを知らせている。例外として野外焼却する場合も各消防署は事前に届出書を出すか電話連絡を求めているが、光地区消防組合中央消防署の久保英之警防第一係長は「事前に通告がない場合が多い」と話す。
 消防では事前に連絡があれば、強風の日や空気が乾燥した日は避け、周囲に燃えやすいものを置かない、水バケツや消火器を用意する、火が消えるまで火元を離れないなどの指導をしている。
 農家の場合、昔から続けている場合が多く、下松市のように宅地開発が進むと新しい住民から苦情が出るケースも増え、年20件前後に上っている。苦情に「後から来た人が文句を言う」と開き直る人もあり、市環境事業課の鬼武輝明課長は「トラブルにならないようご理解をいただくのが精いっぱい」と話す。
 またトラブルを避けたいと住民が通報をためらうケースもある。光市の主婦(45)は「網戸から煙が入って寝る時まで布団が臭い。気づけば窓を閉めるが、それでもにおう」と悩まされているが、人間関係を考えて苦情を言ったことはないという。
 結局は燃やす側がどこまでその影響を理解し、迷惑をかけないよう気配りするかにかかっている。

避難所に段ボールベッド

【下松市】㈱みうらと災害時物資供給協定
 周南市野村の㈱みうら(三浦敏裕社長)と下松市は9日、「災害時における物資供給に関する協定」を結んだ。同社は災害が起きた時、市の要望する避難所用の段ボール製品を優先的に有償で提供する。

協定締結に参加した国井市長、三浦社長ら

協定締結に参加した国井市長、三浦社長ら

 同社は美里町にリフォーム専門店の「リファインしゅうなん」があり、協定は市が打診して実現した。自治体と災害時物資供給協定を結ぶのは初めて。
 提供するのは段ボールベッドや段ボール製簡易トイレなど。ベッドは段ボール箱9個をつなげた縦1.95メートル、横87センチ、高さ40センチで、成人男性が楽に横になれる。段ボールの保温効果で低体温症の防止にも役立つという。いずれも王子製紙製。

段ボールベッドで横になる国井市長

段ボールベッドで横になる国井市長

 この日は三浦社長や藤原聡物流資材部長らが市役所を訪れて締結式があり、三浦社長は「災害時に少しでも被災者の皆さんのお役に立ちたい」とあいさつした。
 ベッドの実物も披露され、国井市長も「台風や地震、豪雨などいつどこの自治体で大災害が起きても不思議ではない。市民の安全確保に大きな力になる」と話していた。

報告せず“徳山”削る

【周南市議会】駅図書館表記で再考決議
 周南市議会の中心市街地活性化対策特別委員会(福田文治委員長)が10日開かれ、(仮称)新徳山駅ビルの外観イメージ図が示されたが、建物外側の施設名の表記が「周南市立駅前図書館」となっていることに対して議員から「徳山駅の“徳山”がないのはおかしい」という意見が出て、再考を求める決議をし、木村市長に申し入れた。

すで完成している南側の看板

すで完成している南側の看板

 この表記は市中心市街地整備課の野村正純課長らが来年2月開館予定の新駅ビルと付帯駐車場棟建設工事の進行状況を報告する中で示した。市はこの表記を3月ごろに決めたが、これまで市民や議会に説明していなかった。同様の表記は3カ所に掲示するが、南側の1カ所はすでに完成している。
 名称は設置条例では「周南市立徳山駅前図書館」となっており、井本義朗議員(アクティブ)が「徳山駅の表記が必要ではないか」、中村富美子議員(共産)が「条例では徳山となっているのにおかしい」とただした。

話し合う議員たち

話し合う議員たち

 これに野村課長は「指定管理者のCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)や設計業者の内藤廣建築設計事務所の意見も踏まえ、シンプルに頭に入りやすいようにと決めた」と理解を求めたが、清水芳将議員(アクティブ)は「2文字がなくなっただけ。いいとは思えない」、田中和末議員(刷新クラブ)も「名称は大事で、皆さんの意見も聞いた方がいいと思う」と述べた。古谷幸男議員(嚆矢会)が「入れるべきで、決議をしてほしい」と呼びかけて決議が決まった。

「暗い」「怖い」 払しょくへ

【記者レポート】地下道事情さまざま、地域の活躍も
 線路や大きな道路の下を通る地下道。車などを避け、信号もなく通行できるため歩行者には便利な存在だが、半面「暗い」「怖い」といったイメージも場所によってはつきまとい、古く、狭い場合などはその傾向が顕著。周南地域にもさまざまな地下道があるが、地域住民が中心になって明るい雰囲気づくりをしてイメージの転換を図ったり、通ると音楽が鳴るなど、楽しい仕掛けをしている場所もある。最近の地下道事情を探った。(安達亮介)

遠石3丁目交差点の地下道

遠石3丁目交差点の地下道

・写真パネルで景色一新
 周南市遠石3丁目の県道交差点を横断する地下道は1954年に完成し、通勤・通学路として利用されてきた。しかしマイカーの普及などで次第に利用者が減り、ごみやたばこの吸い殻などが放置されるようになり陰気で荒れた状態になっていった。そこで98年に同地区コミュニティ推進協議会が国の補助金も活用して蛍光灯整備など環境美化に乗り出し、地元の小、中、高校生が壁画を描いて清潔感を取り戻した。
 ところが、年月の経過で再び汚れが目立つようになり、2013年には市ふるさと振興財団から支援も受けた同会が地元の消防団の協力で放水もして清掃、壁にコミュニティ活動の写真パネルを張って地下道内の景色を一変させた。
 この地下道は櫛ケ浜駅からキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターをつなぐ道でもあり、同会の福田秀夫会長(63)は「地区外の人も利用するので、安心して通れる通路にしなければならない。今後も整備を続けたい」と話している。

松神地下道

松神地下道

・改修で 明るく、回転灯も
 下松市のJR下松駅東側の線路下を通る全長39メートルの松神地下道は、老朽化して屋根がぼろぼろになり、照明も一部が破損するなどしていたため、地元の要望も受けて2015、16年度に市が改修した。事業費は約1,200万円。
 天井材は日光を通しやすいポリカーボネート製にして明るくし、地下道内にはケンカや痴漢などに備え、押すと赤色回転灯が起動する非常ボタンも新たに配置するなどして安全対策を図っている。

カバの地下道

カバの地下道

・カバの地下道きれいに、音楽も
 国道2号をくぐって周南市美術博物館と徳山動物園、市文化会館をつなぐ“カバの地下道”は14年10月にリニューアルし、岐南町側入り口のカバの口の中が虹の7色に彩られ、外側のカバの皮膚などもきれいに塗り直されている。市が要請して国土交通省が取り組んだもので、事業費は約200万円。
 15年4月からは歩くと中央部のセンサーが反応して近くに生家跡がある詩人、まど・みちおさん作詩の童謡「ぞうさん」のメロディーが流れるようになっている。太陽光パネルの電力で動くようにしており、設置費は約45万円。
 一方、地下道の少ない光市では電球の交換など維持管理には努めているが、修繕など根本的な対策は今後の検討課題の1つだという。

周南はコンビナート中心に50工場集積

山口経済研究所発行の「山口県の工場マップ」に掲載
 下関市の山口経済研究所が県内の主要な工場253件の所在地や製品、従業員数、売上高などをまとめた「山口県の工場マップ」をやまぐち経済月報の別冊として発行した。冊子と工場の位置を記した地図があり、周南市の28件、下松市の14件、光市の8件の計50件と5分の1を周南地域が占めている。

マップ

マップ

 この冊子、マップは県内の工場の集積状況が一目でわかるようにして企業間連携、顧客獲得や人材確保に向けたPRなどで企業・行政・大学など幅広いジャンルの人に使ってもらおうと作った。従業員50人以上をめどに掲載している。
 冊子は掲載内容のまとめもあり、工場の所在地を市町別に見ると下関市が42件と最も多く、周南市の28件がこれに続き、宇部市、山陽小野田市、防府市、岩国市も20件以上。
 周南市は石油化学コンビナート関連企業の工場が集まり、宇部市は宇部興産やその関連企業が多く、防府市では自動車関連を中心とした工場が多いことなど特色があり、周南市では「化学・医薬」が14社と同市の工場の半分を占めていた。
 定価は1,000円で、同研究所(083-268-1155)で販売している。周南、下松、光市の掲載企業は下の通り。同市内に同じ企業の同種の工場が2件ある場合はまとめて掲載。

【周南市】
カン喜
シマヤ
世和工業熊毛工場
帝人徳山事業所
みうら本社工場・新田工場
出光興産徳山事業所
昭和電工徳山事業所
タマ化学工業徳山工場
東ソー南陽事業所
東ソー・エフテック本社・南陽工場
東ソー・シリカ南陽工場
東ソー・ファインケム
東ソー有機化学本社・南陽工場
㈱トクヤマ徳山製造所
徳山積水工業
徳山ポリプロ本社・徳山工場
日本ゼオン徳山工場
日本化学工業徳山工場
保土谷化学工業南陽工場
日本精蝋徳山工場
エスイーシー化成
クアーズテック徳山
太華工業意匠鋼板部
徳山興産
日新製鋼ステンレス製造本部周南製鋼所
徳機本社工場・エコ事業部
東ソー・ハイテック

【下松市】
太華工業ステンレス部
東洋鋼鈑下松事業所
永岡鋼業下松工場
日立ハイテクノロジーズ電子デバイスシステム事業統括本部笠戸地区設計・生産本部
三和産業
新笠戸ドック本社工場
日立製作所笠戸事業所
弘木技研
弘木工業本社工場
山本産業
KYテクロノジー
日立プラントメカニクス笠戸事業所・葉山工場
ファノス下松工場

【光市】
カンロひかり工場
武田薬品工業光工場
新日鉄住金大分製鉄所光鋼管工場
永岡鋼業光工場
冨士高圧フレキシブルホース本社工場
アロイ光加工センター
日立プラントメカニクス周防工場
ファノス光工場

高橋鉄工、徳山高専など三者が共同研究

【周南(徳山)】戦略的基盤技術高度化支援事業に採択
 国が中小企業のものづくり研究開発を支援する戦略的基盤技術高度化支援事業(通称・サポイン)に、宇部市の県産業技術センターと周南市栗屋の高橋鉄工、学園台の徳山高専の共同体の金属加工に使う金型の製造プロセス構築事業が採択された。
 サポインの期間は2、3年、補助金額は初年度4,500万円以下で補助率は3分の2、大学や公設試験研究機関などは定額1,500万円以下。今年度は297件の応募があり、108件が採択された。県内ではこの1件だけ。
 同センターなどの研究開発計画は「金属3Dプリンターを用いた複雑形状ダイカスト金型における加工技能データを活用した仕上げ工程及びその製造プロセスの構築」。
 自動車の製造工程の生産性向上や低コスト化を図るため、金属3Dプリンターを活用した造形と作業者が定型的な加工作業をすることで、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量生産する金属鋳造法、ダイカストの金型を製造するプロセスの構築を目指す。期間は今年度から2019年度までの3年。

もみ太鼓、企業みこしも熱く!

【周南(新南陽)】サンフェスタしんなんように6万5,000人、まつり、花火を満喫
 周南市新南陽地区の夏最大のイベント、第43回“サンフェスタしんなんよう”が5日夜、新南陽駅前や政所周辺一帯などで開かれ、企業みこしやもみ太鼓の練り歩き、多彩なステージイベントがあり、クライマックスに2,000発の花火を永源山公園から打ち上げて、昨年より多い約6万5,000人が楽しんだ。
 駅前のステージの開会式で実行委員長の久留原昭司新南陽商工会議所青年部会長は「私もフェスタと同じ43歳。今宵はみんなで盛り上げましょう」とあいさつ。佐伯哲治同商議所会頭や木村市長らも祝辞を述べ、餅まきで盛り上げた。

夜空を焦がす花火

夜空を焦がす花火

盛り上がる餅まき

盛り上がる餅まき

 ステージでは富田中生のコーラス、スリーアローズ吹奏楽団の演奏やご当地アイドルのオレンジ☆みるふぃ~ゆのライブなどが続いた。3年前に18年ぶりに復活した〝新南陽かぞえ唄〟は駅前ロータリーを中心に有志約100人で輪になって踊った。
 この日は台風接近の影響で気温は高かったもののゆるやかな風もあり、歩行者天国になった駅前と政所ふれあい広場の2つのステージを結ぶ県道は前に進めないほどの人であふれた。
 企業みこしは東ソーグループ、山口銀行富田支店、日新製鋼周南製鋼所、誠和工機、東ソー物流、赤坂印刷、三和ビル・洋林・和泉連合の7基。呼び物のみこしのやぐらの上に俵を乗せ、やぐらの中に太鼓の打ち手の子どもが乗り込むもみ太鼓は東ソー南陽事業所と、市職員も加わった実行委員会の2基が登場。観客から力水を浴びながら回転させたり走ったりと勇壮な動きを見せながら練り歩いた。
 最後はゆめ花火“輪”と題した花火大会で、多彩な光の花が夜空を焦がして魅了した。

周南市・湯野荘の民間譲渡先送り

土地の境界問題で陳情、来春は誰が運営?
 周南市は湯野温泉にある国民宿舎湯野荘を民間に譲渡する方針を決め、今年度中に公募で譲渡先の選定を進める予定にしていたが、隣接する旅館の経営者から土地の境界問題を理由に計画の見直しを迫る陳情が市議会に出された。陳情は7月28日に開かれた市議会臨時会で否決されたが、この問題で今年度中の譲渡は難しくなり、一方で湯野荘の指定管理期間は来年3月までであることから、4月以降の経営者が決まらない状態となっている。(延安弘行)

民間譲渡が予定される湯野荘

民間譲渡が予定される湯野荘


年間約9万人が利用
 国民宿舎湯野荘は1965年に開設。定員は60人で、開設時に建設された2階建ての本棟と91年に建てられた平屋の浴場棟がある。敷地面積は2,743.42平方メートル。
 指定管理者は2006年度の指定管理制度導入前から運営委託されていた市国民宿舎運営協会(代表・住田英昭副市長)。15年度は89,730人、16年度は88,440人が訪れたが、建物の老朽化もあってほとんどが日帰りの入浴。15年度の場合で入浴が83,868人、休憩は2,745人、宿泊は3,117人にとどまった。
 収入は16年度が約7,700万円。この年は黒字になったが11年度から5年間は赤字で累積額は1,700万円になっている。

協議、解決求める付帯意見
 15年8月に市がまとめた公共施設再配置計画の分類別の取り組み方策では「国民宿舎湯野荘については、民間譲渡・地域委譲を含めた検討を進める」とし、この方針に沿って指定管理の期間も11年~15年度は5年間だったが、16、17年度は1年間とした。
 執行部は今年2月の市議会企画総務委員会で、17年度の指定管理者決定にあたって16年度に民間譲渡に向けた準備として土地の分筆登記と鑑定評価を進め、17年度は公募による民間譲渡を予定していると説明した。
 ところが、陳情した紫水園の西田宏三会長の話では、2月に市から話を聞いた際は紫水園に譲渡する意向が示されたため境界のことは市の提案通りにして特に問題にしなかったが、5月ごろに公募という情報を得たことから「話がもつれてしまった」と感じたという。
 陳情では、紫水園と市の所有地の境界が未確認であり、市は一方的に同社に勝手に踏み込んで測量していることからこの境界線の取り消しを求めた。議会で否決されたが、審議した企画総務委員会で「民間譲渡を進めるため、速やかに陳情者と協議し、解決すること」という意見が付けられた。
 この協議をまとめたあと今年度中に条件を決めて公募、審査して譲渡先を決めることは時間が不足すると見られている。

観光資源に生かしたい温泉
 光市では市が開設していた三島温泉を改築、ゆーぱーく光とし、全国公募の指定管理者が運営して現在は日帰り温泉施設として人気を集めている。下松市の国民宿舎大城は建て替えて昨年、リニューアルオープンし、日帰り、宿泊とも好調という。
 神功皇后が新羅からの帰国の途中に立ち寄り、生まれたばかりの応神天皇の熱病を治したとも伝えられる歴史を持つ湯野温泉だが、現在の宿泊施設は湯野荘を含めて4カ所。温泉は有力な観光資源であり、譲渡にあたっては市内外の人が広く利用できる施設の維持は不可欠。
 周南市の場合、指定管理者制度導入後も湯野荘のように既存の市に関係する団体が運営を引き受けている場合も少なくない。その中にあって今回、公共施設再配置計画で示した方針に基づいて民間譲渡に踏み切る。
 しかし譲渡して終わりではなく、将来にわたって温泉を観光資源として生かせる方策を立案し、市民に理解してもらうことが求められている。
 譲渡時期の先送りと、それに伴う指定管理による運営の延長があるとすれば、そのための時間にしてほしい。

「しゅうニャンラボ」開設

周南市若手女性職員がPR研究へ、おみくじ開発、インスタ投稿
 周南市はシティープロモーションの研究チーム「しゅうニャンラボ」を1日、開設した。2、30歳代の若手女性職員13人が「開運女子部」(4人)と「インスタ女子部」(9人)に分かれ、おみくじの企画開発やSNSへの写真投稿で市の魅力発信を図る。

「しゅうニャンラボ」のメンバーたち

「しゅうニャンラボ」のメンバーたち

 このチームは従来の男性主体のまちづくりを女性目線でも進めようと開設。名称は市の愛称“しゅうニャン市”とラボラトリー(研究所)を組み合わせた。募集に応じた、部署も異なる女性職員たちが“研究生”となっている。
 開運女子部の最初の研究テーマは「しゅうニャンみくじの企画開発」。同市鹿野に全国のおみくじの大半を作っている女子道社があることから、周南の魅力をおみくじを通じて発信するもので、完成したおみくじは市内のイベントの専用ブースなどで引いてもらう予定。
 インスタ女子部はメンバーが市内で見つけた「かわいい」「キレイ」「おいしい」瞬間を撮影し、写真共有アプリ「インスタグラム」のしゅうニャン市公式ページに投稿するもの。活動は勤務時間外が中心になり、色鮮やかなキラキラした写真でしゅうニャン市の可愛さを伝えるページづくりを目指す。
 インスタ女子部に所属する課税課の高橋咲帆さん(25)は「自分でもインスタはやっている。女性が感じる“かわいい”“きれい”を発信していきたい」と話している。

You Tube道場で動画

【周南JC】徳山商店街で「ここにしかない」捜す、小学生50人が会員と
 小学生が動画共有サイト、You Tubeに投稿する動画を作る“You Tube道場”が7月30、31日、周南市のピピ510で開かれ、50人が主催の青年会議所・JC(中川智加良理事長)の会員47人と「この地域のここにしかないもの」をテーマにタブレット型端末を使って徳山駅周辺の商店街などで撮影した動画を編集した。

撮影する会員と子どもたち

撮影する会員と子どもたち

 これは子どもたちに将来、地元で活躍してほしいという願いとJCの会員が仕事などでYou Tubeを使うきっかけにもしようと青少年委員会(中野淳委員長)が担当して開き、講師に映像作品を制作するビデオグラファーの荻野龍登さんを迎えた。
 1日目はピピ510で説明を聞いたあと17のグループに分かれ、タブレット型端末を手に街を歩いた。2日目は撮った映像を編集し、グループごとにどう見せるか、話し合いながら動画を作り上げた。

話し合う参加者

話し合う参加者

 徳山小6年の山田伊織君は「歴史のある菓子店や新しいプリクラ、アイスクリームの店の店員さんにインタビューした。次は自分で商品紹介をしてみたい」、花岡小4年の原田辰君も「徳山駅の駅員さんにどんな仕事をしているのか、インタビューした」と話して楽しそうだった。
 完成した動画は同JCでチェックしたあと20日以後に投稿する。