ヘッドラインニュース

徳山開港95周年祝う

補給艦「ときわ」公開 11、12日・周南フィル演奏会も
 周南市の徳山港は今年で開港95周年を迎え、記念行事として11、12日に晴海ふ頭で海上自衛隊の補給艦「ときわ」の一般公開、12日午前10時から市文化会館大ホールで記念式典と周南フィルハーモニー管弦楽団のアンサンブル・コンサートを開いて祝う。

開港記念碑

開港記念碑

 徳山港は古くから天然の良港として知られていたが、大正11年(1922)2月、旧徳山町の請願が実現して特別輸出入港の指定を受けた。当時は施設のほとんどが海軍燃料廠や工場の専用だったことから、同時期に丸山助二郎らによって民間資本の徳山開港株式会社が設立され、公有水面の埋め立て、町営桟橋の築造、灯台の設置などが進められた。
 昭和2年(1927)、門司税関徳山支署が置かれ、築港町にはこの年、丸山によって開港記念の碑が建立された。
 大正11年12月14日には築港地鎮祭と港湾施設の起工式、15日には児玉神社遷座式と境内で徳山港開港式典、祝賀会が開かれ、盛大な祝賀行事があり、軍艦の参観、陸軍の飛行機の陳列もあったという。
 95周年の記念行事は日本関税協会門司支部徳山地区の主催、徳山港振興会、周南地区自衛隊協力会の共催で開く。
海上自衛隊補給艦「ときわ」=海上自衛隊(JMSDF)提供

海上自衛隊補給艦「ときわ」=海上自衛隊(JMSDF)提供

 「ときわ」は排水量8,100トン、長さ167メートル、幅22メートルで、乗員は約140人。10日に入港して11日午後1時から3時半まで、12日は午前9時から11時半までと午後1時から3時半まで公開する。
 記念式典のコンサートは10時半から正午までで、モーツァルトの「アイネクライネナハトムジーク」、エルガーの「愛のあいさつ」、サウンド・オブ・ミュージック、チャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレなどを演奏する。
 無料だが、入場整理券が必要。問い合わせは徳山港振興会(0834-31-3613)へ。

出光興産徳山事業所が操業60周年

idemitsuコンビナートの原材料供給拠点
 周南コンビナートの中核企業の1つ、周南市新宮町の出光興産徳山事業所(八山光秀所長)は今年で操業60周年を迎える。3年前に原油処理機能を停止したあとも石油化学製品の生産や周南コンビナートの原材料供給拠点として地域での重要性は高い。昨年末には出光興産の創業者、出光佐三氏をモデルにした映画「海賊とよばれた男」も公開されて注目も集まる中、60周年記念コンサートなども計画されている。

60周年の横断幕が掲げられた徳山事業所

60周年の横断幕が掲げられた徳山事業所


 同事業所の前身、徳山製油所は1957年3月17日、出光初の製油所として操業を開始した。64年には隣接地に出光石油化学徳山工場が完成し、化学製品の基礎原料となるエチレンのコンビナート各社への供給も始めた。
 製油所では長年にわたってエチレンの原料となるナフサなどを生産してきたが、エネルギー供給構造高度化法に基づいて2014年3月末に原油処理機能を停止した。
 しかし現在も年間62万3,000トンのエチレンをはじめスチレンモノマーなどの製造を続け、周南コンビナート各社に全長9キロのパイプラインを通じて届けているほか、中国、四国、九州地方や海外の近隣の国にも供給している。
 社員数は1月1日現在で457人、グループ会社の出光プランテック徳山は178人。さらに同事業所に常駐する建設、運輸の協力会社は27社にのぼる。
 地域貢献活動に熱心で、近年は毎年、美術展と連動したクラシックコンサートに市民を招待している。60周年にあたる今年は記念コンサートや事業所内の見学会などの記念事業を計画している。
出光の思い出、エピソードを募集
 新周南新聞社は「出光徳山」にまつわる思い出やエピソードを募集します。元社員や取引先をはじめ、さまざまな印象に残った出来事などをお寄せください。応募は3月6日までに、住所、氏名、年齢、性別、職業、匿名希望の有無、エピソードを書いて、はがき(〒745-0802 周南市栗屋二葉屋開作1035)やFAX(0834-26-0155)、Eメール(info@shinshunan.co.jp)でご送付下さい。

「市が負担した2億1,200万円返還を」

下松・笠戸島ハイツ改修費問題 住民が提訴
 下松市が所有し、西洋フード・コンパスグループ(幸島武社長、本社・東京)に貸している笠戸島の宿泊施設、笠戸島ハイツの整備修理費を市が支出したのは不当として、2009年度から6年間に支出した計約2億1,200万円の返還を同社に請求するよう市長に求める住民訴訟を城市進前市議会議員ら市民11人が山口地裁に起こし、1日、第1回口頭弁論が同地裁で開かれた。
 11人はこの問題で昨年9月に住民監査請求をしたが、市監査委員が「請求期間が過ぎている」と却下したため、12月12日に提訴していた。原告の市民側代理人は吉川五男弁護士、被告の市側代理人は沖本浩弁護士。
 訴状などによると市は同社との09~13年度の賃貸借契約で、施設の整備修理費は年間400万円までを同社が負担し、それを超える費用は市と協議するとしていた。
 しかし市は09年以降、400万円を超える部分を負担し続けており、14年度までの6年間で支出した約2億1,200万円は同社の利益に当たり、市は返還を請求する権利があるとしている。
 この問題を市議会で城市さんらと長年取り上げてきた渡辺敏之議員(共産)は「特定の企業に市の公金が支出され続けているのは不当。法廷で市民が納得できる結論を期待する」と話している。訴訟を担当する市産業観光課は「コメントは差し控えたい」としている。

地方初、腸内細菌研究に協力

周南市・職員、患者がデータ提供 医薬基盤・健康・栄養研 新南陽病院と協定
 周南市は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(米田悦啓理事長)が進めている腸内細菌叢(そう)を解析して健康に役立てる研究に協力することになり、1月31日、市役所で同研究所と新南陽市民病院(松谷朗院長)、市の3者で連携協定を結んだ。今後、市職員や同病院の患者を対象に糞便などを提供して市民の健康維持につなげていく。

協定締結式の左から松谷院長、市長、米田理事長

協定締結式の左から松谷院長、市長、米田理事長

 腸の中の細菌の集まり、腸内細菌叢は腸内フローラとも呼ばれ、同研究所によると潰瘍(かいよう)性大腸炎の患者に健康な細菌を移植することで症状改善が期待できるなど新しい治療法として役立てられる。このほか肥満や糖尿病などにも関わっているという。
 現在は東京で約600人分のデータの解析を進めているが、国ごとに腸内細菌叢の傾向が異なるという研究データを受け、国内の地域による違いを知るために全国数カ所で調査を進めることになり、周南市はその第1弾。同研究所ワクチンマテリアルプロジェクトリーダーの国沢純さんが同市出身という縁で決まった。
 今後は4月ごろから職員や患者のうち希望者にふん便や血液の提供、食生活や生活習慣の調査に協力してもらい、その結果から市民の改善すべき食・栄養摂取状況や生活習慣をあぶり出して市の健康施策に生かしていくほか、市独自の健康食の開発も目指す。
 協定の期間は定めていないが、まずは同研究所が国から受けた3年分の調査研究費を生かし3年にわたって調査を続ける。
 目標人数は600人。腸内細菌叢は通常1、2年では変化しないため、参加者のふん便の提供は1度でよく、検診は年に1度受けてもらう予定。
 この日の協定締結式では木村市長、松谷院長と米田理事長が協定書に調印し、米田理事長は「病気の低減など市民にとっても有意義な研究ができると信じている」と話していた。

「おっぱい都市」から乳がん死ゼロを!

光ロータリークラブ創立35周年市民セミナー 体験者の発表
 光市の光ロータリークラブ(田中正弼会長、47人)の創立35周年記念市民セミナー「もっと知ってほしい。乳がんのこと」が28日、あいぱーく光で開かれ、市立光総合病院外科部長の折田雅彦医師(51)の講演や乳がんの治療で乳房を切除した女性の体験談を約100人が聞いた。

田中会長(左)、市川市長と検診セット

田中会長(左)、市川市長と検診セット

 同クラブは国際ロータリー第2710地区の3カ年戦略計画「がん予防の普及推進」に沿ってがん検診受診率向上プログラムに取り組んでおり、市民セミナーはその第1弾として35周年実行委員会(西本聡士委員長)の主管で開いた。
 最初にしこりがあって乳がん検診の触診方法を学べる乳がん触診モデルを市に贈り、田中会長から目録を受け取った市長は「私も市長就任直後にがん検診で大腸にポリープが7つも見つかって、早期切除で一命を取り留めた。早期の発見と治療の大切さを1人でも多くの市民に広めてほしい」とあいさつした。
 折田医師は「乳がんは早期発見が可能な治せる病気で、がんと診断されることよりがんを放置することの方が怖い。恥ずかしさや面倒くささは捨てて自己検診と乳がん検診を受けてほしい。「おっぱい都市宣言」の光市から乳がんで亡くなる人をゼロにしよう」と呼びかけた。

触診モデルを触る人たち

触診モデルを触る人たち

 乳がんで乳房を切除したみちがみ病院の看護師、石原暁美さん(47)は「胸にしこりを感じた時は不安だった。左の乳房の全摘出術のあと、自身の組織を使って再建手術をしたが、友人と温泉に行っても“全然わからないよ”と言ってくれてうれしかった。1人でも多くの人に検診を勧めていきたい」と話した。
 参加者は市に贈られた乳がん触診モデルを触って「自己検診のコツがわかった」「こんなに固いんですね」などと確認していた。

「のぞみ」1本増

【JR西日本】首都圏から10時台着の便も 3月4日~・徳山駅
 JR西日本広島支社は3月4日にダイヤを改正し、山陽新幹線が停車する周南市の徳山駅では「のぞみ」の停車本数が1本増えて計16本となるほか、首都圏からその日最初に到着する「のぞみ」が従来の午前11時53分から同10時3分に繰り上げられる。

徳山駅に停車する「のぞみ」

徳山駅に停車する「のぞみ」

 東京―博多駅間を結ぶ「のぞみ」は東海道・山陽新幹線の最速の列車。今回のダイヤ改正では新しいATC(自動列車制御装置)の使用開始に伴い、所要時間の短縮と、停車ブレーキ時の衝動が減少することで乗り心地の向上を図っており、徳山~東京駅間の所要時間は平均3分短縮され、最速は現行より1分短い4時間15分となる。
 停車本数増便は午後3時10分東京駅発の「のぞみ43号」の停車駅が新山口駅から徳山駅に変わるためで、これにより徳山駅には7時25分に着いて広島からの帰宅や、新大阪・東京方面の出張からの帰りも便利になるとしている。
 また徳山駅に午前10時3分に着くようになるのも、同6時品川駅発の「のぞみ99号」の停車駅が新山口駅から徳山駅に変更されるのに伴うもの。一方、新山口駅では新大阪方面への「さくら」の停車本数が増えている。
 ダイヤ改正ではこのほか岩徳線で岩国・徳山駅に通勤・通学時間帯の午前8時ごろに到着する列車が増発され、利用の少ない一部の列車や土曜早朝の運転を取り止める。

ゆめタウン徳山の影響調査

売上減少の店が4割 業種、商品構成で違いも
 周南市青山町に大型ショッピングセンター、ゆめタウン徳山がオープンして4カ月がたった。新周南新聞社は徳山商店街の店舗などに売上への影響を聞き、商店街では専門店64店とゆめタウンより一足早くオープンしたスーパーマーケットのスーパー銀南から回答を得た。64店舗のうち「売上が減った」が27店舗と42%を占め、スーパー銀南も減ったという回答で、市民の買い物の場が広がる一方で、地元店には厳しさをうかがわせた。(加藤葉子・延安弘行)

徳山商店街=銀南街

徳山商店街=銀南街

テナントミックス推進
 徳山商店街は徳山駅北の東側に広がり、みなみ銀座、銀座、中央街、銀南街、糀町とPH通りがあるが、1993年以後、郊外型の大型ショッピングセンターが下松市や新南陽地区にでき、駐車場問題もあって、商店街にあった大型スーパーマーケットや百貨店が次々に撤退、空洞化が進んだ。
 このため市は商店街とその周辺を対象に、2013年5月から18年3月までを期間とする中心市街地活性化計画を策定。2012年10月現在で321店舗が営業する一方、空き店舗は69店にのぼり、この計画に基づき、中心市街地活性化協議会を中心に魅力ある店を誘致するテナントミックス事業などに取り組んでいる。来年1月には3階建てで、図書館やカフェが入る新徳山駅ビルも完成する。
 ゆめタウン徳山は広島市が本社のイズミが運営。商店街から東へ約1キロ、下松市寄りの店舗は地下1階、地上3階で1、2階が売り場。店舗面積は14,600平方メートル、駐車台数は900台。1階に直営の食品売り場など、2階に衣料品売り場などと、1、2階とも専門店がテナントとして入っている。
 テナント53店のうちレストラン・フードが18店、ファッション、ファッショングッズが16店を占め、生活雑貨が8店、サービス・クリニックが11店。同店によると開店以来、食品と飲食系のテナントが好調で、食品はクリスマス、正月などの催事系が特に人気を集めたという。
170127h
飲食店に大きく影響
 商店街への聞き取り調査は店舗を回ってアンケート用紙に記入してもらう方式で1月中旬に実施した。設問はゆめタウンができて以降の人通り、来客数、売上の変化など。
 64店舗のうち、人通りが減ったは36店、変わらないは27店、増えたは1店。売上が減ったは27店、変わらないは36店、増えたは1店だった。
 業種別の売上は、衣料が18店のうち減ったが4店舗、変わらないが14店舗と比較的影響が小さかった。変わらない理由は「固定客が多い」などだった。
 飲食店は12店のうち減ったが6店舗、変わらないが6店舗。喫茶店には25%減った、30%減ったという店もあり、影響が大きかった。
 野菜や菓子など食品は、9店舗のうち減ったが3店舗、変わらないが6店舗。変わらない理由では「ターゲットが違う」など。影響が小さかったのは、独自の品ぞろえの店と見ることもできそう。
 その他の25店舗では14店舗で売上が減り、増えたが1店、変わらないは10店。この1店には証券会社、古書店などゆめタウン徳山にない業種も含んでいる。減ったのは化粧品や時計、文具など。人通りが減ったためか理・美容店にも減った店があった。
 このほか下松市の大型ショッピングセンターの専門店も売上は「変わらない」と回答。周辺のスーパーマーケットにも聞いたが、営業情報のため回答がなかった。
来年2月に新駅ビル
 テナントミックス事業で商店街にも新しい店が増えてはいるが、目立つのは居酒屋。調査のため回ると商店街や店の状況などを長時間話す人もおり、その中では「若い人に来てもらいたい」という声が多かった。「ゆめタウンから人が流れてくるという話は何だったのか」という声もあった。
 来年は2月に新駅ビルがオープンする一方で、3月には活性化基本計画の期間が終了する。駅ビルの完成で商店街を訪れる人は増えると見込まれているが、これらの人に商店街での買い物を楽しんでもらい、来街者の増加を継続させるために、各店の自己PRや商店街としてのイメージアップも求められる。
 調査では客層や後継者の有無も尋ねたが、客層は高齢者が多く、後継者も半数以上が「いない」という回答だった。しかし徳山商店街にしかない業種もあり、魅力ある店も増えている。
 駅ビルが完成する1年後までに、これまで以上に買い物客の支持を得られる商店街となることが必要となるだろう。

ほしのさとデイサービス完成

下松・木をふんだんに庭も広く 定員50人で2月1日オープン
 下松市生野屋南の特別養護老人ホームほしのさとの隣に「ほしのさとデイサービスセンター」が完成し、24日、関係者約50人が出席して完工式をして祝った。2月1日から運用を始める。

完成したデイサービスセンター

完成したデイサービスセンター

 ほしのさとを経営する社会福祉法人くだまつ平成会(岩本功理事長)が市から購入した約16,000平方メートルに建設したもので、木造平屋、建築面積は501.06平方メートル、延べ床面積は426.11平方メートル。設計監理は京都市の高橋勝建築設計事務所、施工は広島市のアルフ。
 室内は木をふんだんに使い、窓も大きく明るい雰囲気。リハビリテーションやくつろぎの空間に広い庭を確保し、ほしのさととは渡り廊下でつながっている。定員は50人。
あいさつする岩本理事長

あいさつする岩本理事長

 完工式で岩本理事長は「家族も気軽に遊びに来たくなるような明るいセンターを目指す」とあいさつ。国井市長が祝辞を述べ、市長や市川正紀市社会福祉協議会長、岩本理事長らがテープカットした。
 続いて岩本昌樹法人本部長が「デイサービスを必要としなくなるデイサービスをモットーに運営する」と方針を説明。徳山大学福祉情報学部の松尾静香教授による「介護予防運動の重要性~生きる喜びを感じる」と題した講演もあった。

中央西部老人デイサービスセンター3月末で廃止

利用者96人は他施設へ 周南市中心部からは撤退
 周南市は市中心部の新地にある中央西部老人デイサービスセンターを3月末で廃止する。昨年11月時点で96人の利用者は、指定管理者として運営に携わってきた徳山医師会の協力でケアマネージャーが他の施設を利用してもらう作業を進めている。

廃止される中央西部デイサービスセンター

廃止される中央西部デイサービスセンター

 デイサービスは日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練を受けることのできるサービス。同センターはまだこうした通所介護施設が少なかった1998年に開所した。定員は35人。従業員は約20人。当初から徳山医師会に運営を委託し、2006年度の指定管理者制度導入後も、同医師会が5年ずつ2度にわたって管理者に指定されてきた。
 同センターの管理は利用料による独立採算で、市からの指定管理料の支払いはなく、以前は赤字の時期もあったが、この2年間はリハビリテーションに力を入れるなど同医師会の経営努力で黒字化していた。
 しかし、05年度に公共施設再配置計画が策定され、市はこの計画に基づいて存続、廃止などの方向性をまとめる分類別計画の策定作業を進める中で、同センターの継続も検討。民間のデイサービスが増えていることから、市が市中心部で高齢者対象のデイサービスを続ける必要はないと判断して、昨年7月に継続しないことを同医師会に伝えていた。
 市と医師会の協議で、今年3月で5年の指定管理期間が終了することから、その後は期間を1年間にしてその間に今後を決める案や、建物を有償で譲渡する案も出たが、市の施設廃止の方針は覆らなかった。
 廃止後、従業員の大半は同医師会在宅介護部などに移る予定。一方、市は市社会福祉事業団が指定管理者の須金、大津島デイサービスセンター、新南陽総合福祉センターの中にあって新南陽福祉の会が指定管理者の新南陽デイサービスセンターは継続させる。

「しゅうニャン市プロジェクト」発進!

周南市・市民、企業に協力呼びかけ 特設サイトを開設
 「本当にしゅうニャン市になります」―周南市は昨年4月1日にエイプリルフール企画で宣言した「しゅうニャン市」を市の愛称としてPRする「しゅうニャン市プロジェクト」を22日にスタートさせた。この日からインターネットに特設サイトを開設し、協力する個人のサポーター、企業のパートナーの募集も受け付けている。

ロゴ入り横断幕を持つ左から西川、中原さん、市長、尾上、松森さん

ロゴ入り横断幕を持つ左から西川、中原さん、市長、尾上、松森さん

 市の知名度向上と、市民に市への愛着を深めてもらおうというもので、猫のように自由にのびのびと居心地よく暮らせるまちを目指す。昨年4月の宣言は動画共有サイト「YouTube」でも観られ、20日時点で動画再生回数が約4万5,000回となるなど、全国的にも反響が大きかったことからプロジェクトの推進を決めた。

サポーターに配布される缶バッジ

サポーターに配布される缶バッジ

 サポーターは市民や出身者なら誰でもなれ、配布される特製缶バッジをかばんなどに付けてPRしてもらう。バッジは5,000個を作って1年間で1,000個の配布を目標としており、市役所本庁や仮庁舎、各総合支所、支所、公民館で配る。
 パートナーは市内の企業、団体が対象で、無料の「しゅうニャン市」ロゴを使った商品やノベルティを制作することなどができる。ロゴの使用には申請書の提出が必要。

ロゴがデザインされた新庁舎の囲い

ロゴがデザインされた新庁舎の囲い

 20日に市役所でロゴ入りネクタイ(非売品)を付けて記者会見した木村市長は「持続可能な都市になるには広くPRして交流人口増、移住・定住増につなげる必要がある。平成15年に合併したが、全国では『どこですか?』と聞かれることも多く、市民や出身者に誇りを持ってもらうためしっかりアピールしたい」と話した。
 記者会見にはしゅうニャン市を企画した市民グループ「しゅうニャン市ネコ部」の松森賀子代表(52)と尾上かおりさん(52)、特設サイトやポスターに出演している桜木小5年の中原千諒(ちあき)さん(11)、野菜ソムリエの西川満希子さん(42)も出席。

しゅうニャン弁当の一例

しゅうニャン弁当の一例

 西川さんは銀南街のb&d内のスープカフェ、プチポワで毎月22日に市内産の米、野菜を使った「しゅうニャン弁当」(税込み540円)を販売することも話した。
 サポーター、パートナーの問い合わせは特設サイト(http://www.shunyanshi.jp)へ。

特設サイト

特設サイト