ヘッドラインニュース

周南市・湯野荘の民間譲渡先送り

土地の境界問題で陳情、来春は誰が運営?
 周南市は湯野温泉にある国民宿舎湯野荘を民間に譲渡する方針を決め、今年度中に公募で譲渡先の選定を進める予定にしていたが、隣接する旅館の経営者から土地の境界問題を理由に計画の見直しを迫る陳情が市議会に出された。陳情は7月28日に開かれた市議会臨時会で否決されたが、この問題で今年度中の譲渡は難しくなり、一方で湯野荘の指定管理期間は来年3月までであることから、4月以降の経営者が決まらない状態となっている。(延安弘行)

民間譲渡が予定される湯野荘

民間譲渡が予定される湯野荘


年間約9万人が利用
 国民宿舎湯野荘は1965年に開設。定員は60人で、開設時に建設された2階建ての本棟と91年に建てられた平屋の浴場棟がある。敷地面積は2,743.42平方メートル。
 指定管理者は2006年度の指定管理制度導入前から運営委託されていた市国民宿舎運営協会(代表・住田英昭副市長)。15年度は89,730人、16年度は88,440人が訪れたが、建物の老朽化もあってほとんどが日帰りの入浴。15年度の場合で入浴が83,868人、休憩は2,745人、宿泊は3,117人にとどまった。
 収入は16年度が約7,700万円。この年は黒字になったが11年度から5年間は赤字で累積額は1,700万円になっている。

協議、解決求める付帯意見
 15年8月に市がまとめた公共施設再配置計画の分類別の取り組み方策では「国民宿舎湯野荘については、民間譲渡・地域委譲を含めた検討を進める」とし、この方針に沿って指定管理の期間も11年~15年度は5年間だったが、16、17年度は1年間とした。
 執行部は今年2月の市議会企画総務委員会で、17年度の指定管理者決定にあたって16年度に民間譲渡に向けた準備として土地の分筆登記と鑑定評価を進め、17年度は公募による民間譲渡を予定していると説明した。
 ところが、陳情した紫水園の西田宏三会長の話では、2月に市から話を聞いた際は紫水園に譲渡する意向が示されたため境界のことは市の提案通りにして特に問題にしなかったが、5月ごろに公募という情報を得たことから「話がもつれてしまった」と感じたという。
 陳情では、紫水園と市の所有地の境界が未確認であり、市は一方的に同社に勝手に踏み込んで測量していることからこの境界線の取り消しを求めた。議会で否決されたが、審議した企画総務委員会で「民間譲渡を進めるため、速やかに陳情者と協議し、解決すること」という意見が付けられた。
 この協議をまとめたあと今年度中に条件を決めて公募、審査して譲渡先を決めることは時間が不足すると見られている。

観光資源に生かしたい温泉
 光市では市が開設していた三島温泉を改築、ゆーぱーく光とし、全国公募の指定管理者が運営して現在は日帰り温泉施設として人気を集めている。下松市の国民宿舎大城は建て替えて昨年、リニューアルオープンし、日帰り、宿泊とも好調という。
 神功皇后が新羅からの帰国の途中に立ち寄り、生まれたばかりの応神天皇の熱病を治したとも伝えられる歴史を持つ湯野温泉だが、現在の宿泊施設は湯野荘を含めて4カ所。温泉は有力な観光資源であり、譲渡にあたっては市内外の人が広く利用できる施設の維持は不可欠。
 周南市の場合、指定管理者制度導入後も湯野荘のように既存の市に関係する団体が運営を引き受けている場合も少なくない。その中にあって今回、公共施設再配置計画で示した方針に基づいて民間譲渡に踏み切る。
 しかし譲渡して終わりではなく、将来にわたって温泉を観光資源として生かせる方策を立案し、市民に理解してもらうことが求められている。
 譲渡時期の先送りと、それに伴う指定管理による運営の延長があるとすれば、そのための時間にしてほしい。

「しゅうニャンラボ」開設

周南市若手女性職員がPR研究へ、おみくじ開発、インスタ投稿
 周南市はシティープロモーションの研究チーム「しゅうニャンラボ」を1日、開設した。2、30歳代の若手女性職員13人が「開運女子部」(4人)と「インスタ女子部」(9人)に分かれ、おみくじの企画開発やSNSへの写真投稿で市の魅力発信を図る。

「しゅうニャンラボ」のメンバーたち

「しゅうニャンラボ」のメンバーたち

 このチームは従来の男性主体のまちづくりを女性目線でも進めようと開設。名称は市の愛称“しゅうニャン市”とラボラトリー(研究所)を組み合わせた。募集に応じた、部署も異なる女性職員たちが“研究生”となっている。
 開運女子部の最初の研究テーマは「しゅうニャンみくじの企画開発」。同市鹿野に全国のおみくじの大半を作っている女子道社があることから、周南の魅力をおみくじを通じて発信するもので、完成したおみくじは市内のイベントの専用ブースなどで引いてもらう予定。
 インスタ女子部はメンバーが市内で見つけた「かわいい」「キレイ」「おいしい」瞬間を撮影し、写真共有アプリ「インスタグラム」のしゅうニャン市公式ページに投稿するもの。活動は勤務時間外が中心になり、色鮮やかなキラキラした写真でしゅうニャン市の可愛さを伝えるページづくりを目指す。
 インスタ女子部に所属する課税課の高橋咲帆さん(25)は「自分でもインスタはやっている。女性が感じる“かわいい”“きれい”を発信していきたい」と話している。

You Tube道場で動画

【周南JC】徳山商店街で「ここにしかない」捜す、小学生50人が会員と
 小学生が動画共有サイト、You Tubeに投稿する動画を作る“You Tube道場”が7月30、31日、周南市のピピ510で開かれ、50人が主催の青年会議所・JC(中川智加良理事長)の会員47人と「この地域のここにしかないもの」をテーマにタブレット型端末を使って徳山駅周辺の商店街などで撮影した動画を編集した。

撮影する会員と子どもたち

撮影する会員と子どもたち

 これは子どもたちに将来、地元で活躍してほしいという願いとJCの会員が仕事などでYou Tubeを使うきっかけにもしようと青少年委員会(中野淳委員長)が担当して開き、講師に映像作品を制作するビデオグラファーの荻野龍登さんを迎えた。
 1日目はピピ510で説明を聞いたあと17のグループに分かれ、タブレット型端末を手に街を歩いた。2日目は撮った映像を編集し、グループごとにどう見せるか、話し合いながら動画を作り上げた。

話し合う参加者

話し合う参加者

 徳山小6年の山田伊織君は「歴史のある菓子店や新しいプリクラ、アイスクリームの店の店員さんにインタビューした。次は自分で商品紹介をしてみたい」、花岡小4年の原田辰君も「徳山駅の駅員さんにどんな仕事をしているのか、インタビューした」と話して楽しそうだった。
 完成した動画は同JCでチェックしたあと20日以後に投稿する。

29億円で中央スタンド

【ボートレース徳山】10月9日・オープン、6階建て1,217人収容
 周南市栗屋のボートレース徳山に建設中の中央スタンドが9月に完成し、10月9日にオープンすることが決まった。初日は場外発売があり、10日から4日間の記念レースが開かれる。スタンドの前がレースのスタート、ゴール地点になり、観戦のファンに喜ばれそうだ。

完成が近い中央スタンド

完成が近い中央スタンド

 ボートレース徳山は市競艇事業局が運営。現在は東、西スタンドがある。旧中央スタンドはその間にあって観覧席や舟券売り場のほか執行本部などもあったが、老朽化で使われなくなっていた。このため本部などは仮設に移して2015年10月に新中央スタンドの建設に着工した。
 間もなく完成する建物は6階建て3,200平方メートル。2階が観覧席で収容人員は1,217人。座席は212席。1階にはイベントステージ、売店、キッズルームと、コースと並行する形で観覧用のウッドデッキもある。
 3階は貴賓席とROKUと呼ばれる、全国で設置が進められている教室などのスペース。30人ほどが入れ、ボートレースの初心者教室や音楽ライブなども開くことができる。4階以上は競艇執行本部、主審室などになる。

完成予想図=中央が芝生広場

完成予想図=中央が芝生広場

 また入場料を徴収するゲートを建物の近くに移し、中央スタンドと東スタンドの間の芝生広場は無料で誰でも入れるようにする。地域に開放された空間として今後、さまざまなイベントの会場としても利用してもらう。総事業費は29億6,700万円。
 9月中に建設業者から引き渡しを受けて10月8日に関係者の内覧会を開き、9日は午前9時からオープニングセレモニーをして10時に開門する。多彩な記念イベントも計画している。来年6月には全国で年間8回しか開かれない最高グレードのSG競走の第28回グランドチャンピオンの64年ぶりの開催も決まっている。

周南市HPトップに市章なく

市議は「つけるべき」
 周南市のホームページのトップページから、市を象徴する市章が消えている。県や県内の各市町ではトップ画面に市町名とともに県章、市町章を表示しているが、唯一周南市ではその姿が確認できない状態となっている。

議場に掲げられている市章

議場に掲げられている市章

 同市の市章は2003年の市誕生記念式典で発表され、全国に公募して絞り込んだ3点から市民投票で決めた。周南市の「し」をモチーフに、合併前の2市2町の「し」が海、山から飛び跳ねながら市民一同が未来へジャンプしているイメージでデザインされている。
 この市章が消えたのはホームページのデザインを変更した昨年7月から。「周南市」「共に。」のロゴはあるものの、トップ画面にはない。内部では市章を紹介するページを設けている。
 市章がトップページからなくなったことに、旧徳山市長で初代市長の河村和登さんは「たくさんの人が汗を流してできた合併。そのシンボルが市章。歴史と文化を大切にしてほしい」と残念そうに話していた。
 市議計11人にも聞いてみたが、元議長の米沢痴達議員(新誠会)は「合併時の意味合いもあり、つけるべき」、井本義朗議員(アクティブ)は「あるのが普通だと思う」、福田吏江子議員(新誠会)は「せっかく公募で決めたので大事にしたい」など、全員が市章はトップページにあるべきと考えていた。
 市広報戦略課は「ないがしろにしているのではなく、デザイン的な問題。通常は市の名前の横に置くが、ロゴとの組み合わせが難しかった」と話している。
 10月初旬ごろにホームページのリニューアルを予定しており、その際には再び市章をトップページに掲載する予定だという。

周南3市の子ども医療費助成

【金曜記者レポート】光市は中学生まで無料化、下松、周南市は小学生対
 子育て支援へ子どもの医療費を助成する範囲を広げる自治体が増えている。光市は8月1日から医療費を全額負担する対象を所得制限つきながらこれまでの小学3年生以下から中学3年生以下までに大幅に引き上げる。所得制限の有無の違いはあるものの、下松、周南市は小学6年生まで無料。3市の現状と今後の見通しを探った。(山上達也)

170728h

 子どもの医療費の自己負担分の助成は周南3市とも、まず国庫負担を含む乳幼児医療費の無料化を土台に、対象年齢を広げている。子育て世帯の負担軽減になるため“都市間競争”の様相も帯びているが、恒久財源の確保が課題だ。

【光市】医療のセーフティーネットに
 光市は入院医療費を乳幼児から高校生(18歳到達後、最初の3月末まで)まで所得制限つきで負担する制度を2013年に導入。一昨年8月には小学1~3年生の通院医療費の無料化に踏み切り、さらに今回、対象を中学卒業までに拡大した。今年度は全体で1億4,000万円を計上している。
 所得制限があるため対象になるのは児童生徒の約6割。こども家庭課保育・子育て支援係の升克頼係長は「経済的に困窮しても安心して医療が受けられるセーフティーネットとして導入している」と説明。西村功課長も「『おっぱい都市宣言』の市にふさわしく安心できる子育て環境を届けたい」と話す。

光市の無料化拡大を知らせるポスター

光市の無料化拡大を知らせるポスター


【下松市】保育園民営化で財源を
 下松市は乳幼児から小学6年生まで医療費が無料で、所得制限はない。今年度は全体で2億3,400万円を計上。鬼武良光子育て支援担当部長は「所得に関係なく、安心して医療が受けられる環境が大切」と説明する。
 井川成正前市長は市立保育園を民営化することでその財源を子どもの医療費無料化の拡大にあてる方針を打ち出し、すでに移行している園も含め来年度までに3園が民営化する。1園ごとに年間1億円が浮くとしており、所得制限なしで無料化に踏み切る財源になっている。
 無料化は人口増加の追い風にもなり、片山弘美子育て支援課長は「子育て支援が充実しているから転入したという声をよく聞く。子育て世代に喜んでもらえる政策を展開したい」と話す。

【周南市】制度維持へ財源確保を
 周南市は昨年4月、小学6年生まで所得制限つきで医療費を無料化した。対象は約6割弱と見られ、今年度は全体で2億2,500万円の予算を組んでいる。
 次世代支援課の石光一こども給付担当係長は「子育てするなら周南市。医療面の不安を取り除き、安心して子育てをしてもらえる環境を提供したい」と話す一方「無料化は始めたら簡単にはやめられない。財政部門との協議で恒久財源を確保し、市民に不安のないように制度を維持したい」と言う。
 今後、対象を拡大するかは未定としつつも「学年が高くなるほど受診者数は少なくなる傾向があり、対象を広げても乳幼児や低学年ほどの財源は必要ないかもしれない」とも見通している。

「本来は国がやるべき」
 これら医療費無料化の対象者には、申請に基づいて「医療福祉費受給者証」が交付され、県内どこの医療機関で受診しても医療費を支払わなくていい。これは歯科受診や調剤も対象になる。
 しかし3市の担当者とも共通して「子どもの医療費無料化は本来は国がやるべきことではないか」と話す。
 県市長会を通じて県内13市連名の要望書も国に提出しており、国が財源難を理由に難色を示す中で今後の展開が注目される。

光市内初のコワーキングスペース

ホンダカーズ光東のNラボに週1回ていど開設
 光市浅江のホンダカーズ光東(本社・下松市)光店の敷地内にある共有スペース「N LABO(Nラボ)」が週に1回ていど、個人やグループが共同利用する仕事場、コワーキングスペースとして活用されることになった。

カフェの隣にあるNラボ

カフェの隣にあるNラボ

 コワーキングスペースは市内では初めて。Nラボは同店の新築移転にあわせて2014年にオープンして会議室やイベントスペースなどに使われている。今回、上島田のステラリンク(石川博之社長)が運営を支援して開設することが決まった。
 川沿いにあり、面積は27.14平方メートル。机4台に椅子10脚が置かれ、電源タップ、パソコン用キーボード、液晶ディスプレイ、無線LANのWiFiも使用でき、隣接の「N CAFE(Nカフェ)」のドリンク1杯が無料で飲めるサービスもある。有料で印刷、コピーもできる。

仕事場として使える室内

仕事場として使える室内

 事前に予約すればパソコン(Windows)や名刺カッター、簡易製本機を借りることもできる。
 午前9時から午後7時まで。利用料金は税込みで2時間500円、1日1,000円、学生は2時間300円、1日500円。今後は定休日の水曜以外で週1回を目標にオープンさせ、開設日はNラボのホームページ((http://ncafe.hc-koto.jp/nlabo/))に掲載する。
 開設日に常駐する石川社長(33)は「川沿いのおしゃれなスペース。個人事業主や、学生にも自習室などに使ってもらい、いろいろなつながりのきっかけになればいい」と話している。問い合わせ、予約はステラリンク(0833-77-0212)へ。

家具の工房 松ぼっくり

「やまぐち木の店」に 周南地区初・県産材さらに活用
 下松市末武中のオーダー家具、クラフト制作の工房松ぼっくり(小松直樹代表)が県内産の木材を使った家具やおもちゃなどを販売する「やまぐち木の店」になり、24日、看板の贈呈式が開かれた。

看板を持つ小松さん(左)と水本さん

看板を持つ小松さん(左)と水本さん

 「やまぐち木の店」はやまぐちの農林水産物需要拡大協議会と連携して周南地域地産・地消推進協議会(会長・水本房俊JA周南経済部長)が呼びかけ、県全体では工房松ぼっくりが11店目になる。
 小松代表(41)は周南市出身で、東洋鋼鈑に勤めていたが、木工を仕事にしたいと2008年に退職して岐阜県高山市の木工芸術スクールで学んだあと、2010年に山口市徳地でオーダー家具づくりを始め、13年に現在地に移った。
 テーブルや椅子、クローゼットなどの家具のほか、家具の材料の端材を使った小物も作り、工房にはトレーや木製の万華鏡、ランチョンマット、まな板、干支の置物、時計、家の模型などが並ぶ。地域のイベントなどでは輪ゴム銃を作って的当てゲームコーナーを出して人気を集め、夏休みには工房で子どもの工作教室も開いている。
 やまぐち木の店は道の駅などが認定されているが、周南地区では初めて。看板の贈呈式は県木材協会の境敏明専務理事らが同席。水本会長から小松代表に看板が手渡された。
 小松代表は工房内に県産材のコーナーも作っており「ゆっくりと育った年輪の詰まったヒノキや杉など県産材を大切に使っていきたい。地元で育った木で作った家具は変形も少ない」と話し、これからも積極的に県産材を使いたいと張り切っている。
 同工房は090-8711-0558。

下松商議所プレミアム付商品券

【下松商議所】プレミアム付商品券2億2,000万円分
30日~・下松市役所など3カ所で発売

 下松市の下松商工会議所(弘中伸寛会頭)は1,000円券11枚が1万円の「くだまつプレミアム付商品券」を30日から販売する。昨年と同じ2万冊、発行総額は2億2,000万円で、商品券が使える店は昨年度より9店増えて365店。今年は周南3市では下松市だけの発行となる。
 下松市でのプレミアム付商品券の発行は3年目で、プレミアム分は1年目は国の補助、昨年と今年は市の単独補助。今年のプレミアム分は2,000万円。有効期限は発売初日から来年1月28日まで。取扱店は大型店から専門店、飲食店など幅広い。

商品券の見本

商品券の見本

販売手順の説明を聞くスタッフ

販売手順の説明を聞くスタッフ

 30日は午前9時から市役所、末武公民館、花岡公民館で販売する。昨年は即日完売しているが、売れ残った場合は31日以降、下松商工会議所で平日の午前9時から午後5時まで販売する。
 購入は市内在住か在勤の18歳以上に限り、1人5セット限定。20日夜には販売に携わるスタッフ45人の説明会が同商議所で開かれ、青年部や女性会会員、金融機関職員らが担当職員の説明を聞きながら販売の手順を確認した。
 問い合わせは同商議所(0833-41-1070)へ。

17基のみこし勇壮に

阿波踊りや屋台もにぎわい、徳山夏まつりに9万人!
 周南市の第44回徳山夏まつりが22日、徳山駅前商店街とその周辺で開かれた。今年は7月の最終土曜に開いていたのを光市の花火大会と重なるのを避けて1週早めた影響もあってか、主催者発表で昨年より1万人多い約9万人の人出でにぎわった。名物のみこし競演は17基が勇壮に練り歩き、最優秀の市長賞は㈱トクヤマ、市議会議長賞は出光グループ、徳山商工会議所会頭賞は徳山中央病院が受賞した。各チームとも2年連続。
 徳山商工会議所主催の徳山地区の夏の最大のイベント。会場は歩行者天国になり、露店も昨年より約20店多い77店が並び、阿波踊りも登場。家族づれなど浴衣姿も目立つたくさんの人で埋め尽くされた。
 青空公園では地元飲食店などが自慢の料理を販売し、キッズダンスなどのステージも盛り上がった。
 昨年より3基増えたみこし競演は法被などそろいの衣装に身を包んだ担ぎ手たちが威勢よく掛け声を上げながら銀座通と平和通を練り歩き、八正寺前の特設ステージ前では勢いよく回転させるなどのパフォーマンスで見物人を沸かせた。

170724

 市長賞の㈱トクヤマは紫色や青色に光る白い花を飾ったみこしで華やかに練り歩き、議長賞の出光グループは出光徳山の「操業60周年感謝を込めて」の文字や工場夜景など同市の特徴を表す映像もみこしに映した。会頭賞の徳山中央病院は主に女性が担ぎ、周りではよさこいを踊って盛り上げていた。
 このほか年末に閉鎖する帝人徳山事業所は最初で最後の参加で「だけじゃないサンバ」と歌って踊るパフォーマンスを見せ、初参加の中電工も色とりどりの電飾のみこしで目を引いた。久々の参加となった徳山大学は各運動部のユニホーム姿で登場し、欅坂46の「サイレントマジョリティー」の曲に合わせたダンスも踊って注目を集めた。
 最後は木村市長らの餅まきで幕を閉じた。 ※8面にみこしの競演を特集しています。