ヘッドラインニュース

市川光市長が3期目初登庁

光市庁舎は「建て替え」へ 市川市長が3期目初登庁 「市民に幸せと満足を」
 16日告示の光市長選挙で無投票で3選を果たした市川熙氏(69)は17日朝、市役所に初登庁して3期目の市川市政がスタートした。職員への訓示に続いて開いた記者会見で市長は耐震性が問題となっている市役所本庁舎は「ここ(現本庁舎)での耐震化は困難だろうと思う。耐震化するなら建て替えるぐらいの費用がかかると懸念している」と述べ、全面建て替えを軸にした検討作業を今後進めていく考えを示した。

支持者からの花束を掲げる市川市長

支持者からの花束を掲げる市川市長


 市長は午前10時に職員や市民ら約200人の拍手の中を登庁した。玄関前の駐車場には後援会役員や支持者が「市川市長3選おめでとう」など3本の横断幕を手に並び、女性支持者から花束が贈られた。
 玄関前では森重正一副市長や職員が拍手で市長を迎え、総務課の菅岡千晴さんと広報統計課の繁冨由佳さんから花束を受け取り、両手で高く掲げて喜びを表した。
 このあと市長は市役所3階で課長級以上の職員約100人を前に訓示し、市民が幸せや満足を実感できる豊かな社会づくり▽第2次市総合計画の策定▽職員力や組織力の進化を目指す組織と人材の活用の3点をあげて「市民にお届けする優しさがこれからも右肩上がりで増え、まちの隅々まで広がるようご協力をお願いしたい」と求めた。
 続いて市長室で記者会見を開き「無投票当選におごらず、市民と対話を重ねながら前進していく」と決意を述べた。
 上関原発建設問題には「現状では賛成できないスタンスはずっと変わらない。安全対策は不十分と思うからだ」と述べ、前日に投開票された新潟県知事選挙で原発の再稼働に慎重な新人が当選したことに「市民が(原発問題に)敏感になっていることを感じた」と話していた。

市川氏が無投票で3選

【光市長選・市議選】市川氏が無投票で3選 失政なく行政手腕評価
 光市の市長選と市議会議員選挙(定数18)は同時に16日に告示され、市長選は現職の市川熙氏(69)=光井=以外に立候補の届け出がなく、市川氏の3選が無投票で決まった。市長選の無投票は新市誕生直後の2004年以来12年ぶりで、市川氏にとっては初めて。一方、市議選は予想された23人が立候補した。市長選は8年前の前々回は市川氏ら新人3人が立ち、4年前の前回は現職の市川氏と前々回も出馬した新人1人が立ったが、いずれも市川氏が当選。市川氏にこれといった失政がなく、市を二分するような争点がないため無投票が濃厚だった。

万歳を三唱する市川氏ら

万歳を三唱する市川氏ら


 市川氏はこの日朝、ホテル松原屋で出陣式を開き、約400人が参加。公明党の桝屋敬悟衆院議員や自民党の江島潔、北村経夫両参院議員、河野亨県議、木村周南市長、岡本博之連合山口副会長が激励して、市川氏は「市政に課せられた使命を果たすトップランナーとして3期目を駆け抜けたい」と決意を述べた。
 このあと選挙カーで市内を一巡。午後5時の立候補届け出締め切りで無投票当選が決まると同ホテルで当選報告会を開き、約300人が祝福した。
 岸信夫外務副大臣の智香子夫人や国井下松市長、河野県議が祝辞を述べ、市川氏は都市計画道路瀬戸風線の開通▽岩田駅コンパクトシティ計画推進▽光駅橋上化▽イオン光店近くの踏切のアンダーパス化▽公共交通対策の五点を挙げて「この政策推進に全力で取り組み光をさらにパワーアップさせる」と決意を述べた。
 市川氏が議会答弁で上関原発建設計画に「賛成できない」と述べてきたことには取材に「賛成できないスタンスに変わりはないが、私には何の権限もない。市政で何ができるかといえば難しいが、姿勢は変えない」と議会答弁を今後も踏襲する姿勢を示した。
 任期は11月14日からだが、17日は朝には初登庁する。

光市長選は無投票?

【光市長選・市議選】光市長選は無投票? 市議選・18議席に23人 16日告示・選挙公報HPでも
 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて県内で初の地方選挙になる光市長選挙と市議会議員選挙(定数18)が16日告示される。合併から12年たって市立病院問題など合併当初の課題に一定の道筋がつき、これからのまちづくりが問われる中、市長選は3期目を目指す現職の市川熙氏(69)の無投票当選が濃厚。市議選は23人が18議席を争う激戦で、投票日の23日へ選挙戦の火ぶたを切る。

 市議選は現職15人と元議員1人、新人7人が立候補を予定。地域別では旧光市20人、旧大和町3人▽党派別は日本共産党2人、公明党、幸福実現党各1人、無所属19人で、無所属のうち2人は民進党推薦。
 16日は午前8時半から午後5時まで市役所3階大会議室で受け付け、市長選は現職のほか届け出がなければ無投票当選が決まる。市川氏は午前10時からホテル松原屋2階大ホールで出陣式を開く。
 期日前投票は17日から22日までの午前8時半~午後8時に市役所3階(22日は1階ロビー)と大和支所、今回から投票日当日の投票所がなくなる牛島でも牛島コミュニティセンターで20~22日の午前10時~午後3時に受け付ける。
 候補者の経歴や公約を掲載した選挙公報は今回から市のホームページでも公開する。問い合わせは市選管(0833-72-1400)へ。
 9月2日現在の有権者数は男20,859人、女23,434人の計44,293人。

161014
光市長選立候補予定者
市川 熙 69 無 現②
 まるみ綿業社長、ボーイスカウト県連盟理事長、日本の森・滝・渚全国協議会長(市議会議長、県市議会議長会長)早稲田大法卒、光井7(事務所=光井7-38-7 電話0833-74-2117)

2日間で通行可能

【徳山高専】2日間で通行可能 コンクリート試験施工 田村教授と時盛建設が開発
 周南市の徳山高専(勇秀憲校長)で7日、田村隆弘教授(58)が光市の時盛建設(時盛純社長)と共同研究している早期交通開放型排水性コンクリート舗装を公開して試験施工し、玄関そばに縦5メートル、幅15メートルにわたってコンクリートを敷いた。今後、耐久性や音が静かになるかなどを調べる。

田村教授

田村教授


 3年前から取り組んでいる研究で、コンクリートはセメントと砂、砂利に水を加えて混ぜて敷いたあと、固まらせるが、道路の施工ではコンクリートを敷く作業は1日で終わっても、28日間、通行止めにして固まるのを待たなければならない。
 コンクリートは30年間、使用可能だが、日本の道路舗装ではよく使われるアスファルトを大きく上回る強度を持ちながら採用されることが少なく、ヨーロッパなどに比べて1日で車が通行できるようになるアスファルト舗装が多い。
 今回の共同研究では混和剤の高性能AE剤を使って水の量を減らし、砂利などの配合割合や施工方法も工夫して通常と同じ強度を持ちながら準備作業から始めて48時間で車が通れるようになるコンクリート工法を開発。今回、実際に駐車場に施工してみることにした。
コンクリートを敷く工事

コンクリートを敷く工事


 この日は時盛建設だけでなく、生コンクリートの製造、運搬は周南市のコーウン産業、砂利は下松市の採石の富国建設工業社が提供したほか、高性能AE剤は大手メーカーの国際企業、施工は道路舗装工事で全国展開している佐藤渡辺が協力。このコンクリートを卒業研究にしている学生も参加した。
 今回、使ったコンクリートは排水性を持たせるため砂は加えずセメントと砂利、水が原料。生コン工場からトラックで運ばれてきたコンクリートは12立方メートルで、佐藤渡辺が独自開発したコンクリートを締め固めるパーミアコンプレートなどを使って15センチの厚さに丁寧に敷いていった。
 山口県はセメントの製造工場が多いこともあり、田村教授は「このコンクリートを普及させて耐久性のあるインフラにし、セメントの需要も増やしたい」と話していた。

水素の取り組み、漫画で紹介

周南市の水素の取り組みを漫画で紹介するパンフレットを作成
 周南市は同市の水素の取り組みや意義を漫画で紹介する冊子仕様のパンフレット「水素エネルギーで未来を拓く~水素先進都市『周南』」を作成した。これからの水素社会を担う中学生をメーンターゲットに2,500冊を作って市内の全中学3年生に配るほか公共施設や銀行、病院などの待合スペースにも置く。

水素を紹介するパンフレット

水素を紹介するパンフレット


 A4サイズ20ページのフルカラーで、作画はYICキャリアデザイン専門学校出身でアトリエ樹本と大道理まんが村の切戸章平、原田晃太郎、矢尾総一朗、坂井月美、小池香菜絵、田中美樹さんが担当した。
 漫画は中学2年の女の子が周南コンビナートで水素を作る仕事をしている父の職場を見学するというストーリー。
 市は周南コンビナートでカ性ソーダの副生物として大量にできる水素を市がまちづくりに生かそうと、昨年は中四国地方で初の水素ステーションを市内にオープンしたことや、水素で動く燃料電池自動車の導入を補助制度で促進し、地方卸売市場と徳山動物園、道の駅「ソレーネ周南」に燃料電池を設置して発生した電気と熱を各施設で利用していることなどをわかりやすくまとめている。

“鼎の松”わかりやすく

“鼎の松”わかりやすく下松中生8人が紙芝居制作
 下松の地名の由来とされる下松市北斗町の金輪神社の“鼎の松”の物語を同神社近くの下松中(藤井浩一校長、384人)の総合文化部美術コースの紙しばい作成班の生徒が8枚の紙芝居に仕上げ、6日、鼎の松の保護活動をしている金輪社奉賛会(山内務会長)に贈られた。

紙芝居を持つ生徒や山内会長(後列右)ら

紙芝居を持つ生徒や山内会長(後列右)ら


 この紙芝居は山内会長(81)が8月に藤井校長に生徒に作ってもらえないかと相談したのを受けて美術コースの部員37人のうち8人が紙しばい制作班を作って取り組み、夏休みに市図書館で鼎の松を調べたり、山内会長から話を聞いて9月末に完成させた。
 A2判のイラストボードにアクリル絵の具で描かれ、推古天皇のころに松に星が降って7日7晩輝いたことや、その時のお告げの通り下松に百済の王子の琳聖太子が現れたこと、今は5代目となっている松を大切に守っていることなどをまとめた。
 8人は3年の山下結加、鴻野桃花さん、2年の青木桃華さん、1年の田中雅、山本一樹、吉崎歩実、中原瑳耶、松村歩美さん。代表して山内会長から「絵の具など材料代に」と寸志を受け取った鴻野さんは「色の出し方に苦労した。きれいにでき上がってうれしい。たくさんの人に長く見てほしい」と喜んでいた。
 紙芝居は同会が小学校でのふるさと学習などでの説明に使う。山内会長は「絵がとてもきれいで子どもたちにわかりやすく説明できる」と話していた。

TEAM376、TRY!

【県】TEAM376、TRY! 地域貢献賞を受賞 11日・きらめきフォーラム
 県民活動団体の優れた取り組みをたたえる“チャレンジやまぐち!地域貢献賞”の表彰式が11日午前10時半から美祢市の秋吉台国際芸術村で開かれるきらめきジョイントフォーラム2016の式典の席上であり、周南市から和田地区の地域起こしグループ、TEAM376(佐藤貴志代表、41人)と東ソー南陽事業所の若手従業員のTRY!(酒寄貴文代表、11人)が受賞する。
 同賞はやまぐち県民活動パワーアップ賞を引き継いで昨年から始まった県知事による表彰。今回は5団体で、長門市の青海島いわがき育成研究会、山口市の地域子育て支援ネット「親鳩会」、被災写真の洗浄や救援物資の支援などをしている山口市のりす会山口が選ばれた。
 TEAM376は和田を舞台にした演劇の上演、映画の製作、特産品を生かしたメニューづくりなどをして地域の活性化に取り組んでいる。TRY!は若手従業員の自主的な地域貢献活動として小学校への科学実験の出前授業、高校生向けに進学・就職相談や住民との合同清掃をしている。
 このほか山口きらめき財団理事長表彰の県民活動きらめき賞の表彰があり、下松市の下松べんけい号を愛する会、子ども劇場くだまつ、光市の光人形劇協議会など11団体と周南市の県民活動推進委員の開村修三さんら5人を表彰する。
 同フォーラムは県などの主催。きらめき活動助成事業中間報告会や同芸術村村長の八木資義さんのバイオリンなどのコンサートのあと午後1時半から式典と表彰式。2時からは大阪ボランティア協会常務理事の早瀬昇さんの講演「地域や団体が元気になる『ボランティアマネジメント』とは?」がある。
 問い合わせは同財団(083-926-3600)へ。

夕日の絶景を一人占め!

下松・国民宿舎大城が完成 11月1日オープンへ
 下松市が総事業費約26億円をかけて笠戸島に建設していた新しい国民宿舎大城(有吉良美支配人)が完成し、3日、市議会議員や報道陣にお披露目した。21日に完工式を開いて11月1日から約2年ぶりに営業を再開する。10月23日には一般向けの内覧会を開く。

露天風呂

露天風呂


客室

客室


 1972年に建設された以前の施設が老朽化して現在の利便性にも合わないことから全面的に建て替えたもので、昨年7月に着工していた。
 新施設は地上5階、地下1階の鉄骨造りで、延べ床面積は旧大城の約1・5倍の5,631.33平方メートル。宿泊定員も7人増の121人にした。設計は日立建設設計、施工はりんかい日産建設。
 地下1階が大浴場で内風呂、露天風呂、サウナがある。夕日が沈む方向を向いており、これまで以上に人気を集めそう。カラオケルーム2室、リラックスコーナーも設ける。
 1階はフロント、売店、ロビー、会議室、防災備蓄倉庫、事務室▽2階は海を見渡せる90人収容の対面調理のレストラン、100人収容の宴会場、300食調理可能の厨房▽3~5階は客室で、5階にはパントリー併設の小会議室がある。
 ロビーには700系新幹線のグリーン車で使った座席を16席配置。日立製作所笠戸事業所で新幹線車両が製造される“新幹線が生まれる街”にちなみ、市がJR西日本から購入し、㈱ジェイアール西日本新幹線テクノスで補修作業をして取りつけた。
 客室は洋室、和室、和洋室の計7タイプの37室。うち18室に部屋風呂がある。車椅子やオストメイト対応の部屋も設けた。
 駐車場は175台分。災害時に対応するため周囲に配したベンチは椅子を外すとかまどになる。マンホールトイレに対応できるマンホールもある。
 有吉支配人(70)は「どの部屋も設備も自信を持ってお客さんにお勧めできる。従業員も心新たに頑張りたい」と笑顔を見せている。
 客室の予約は11月はほぼ満室、12月は平日のみ空室が若干ある。23日の内覧会は午前10時から午後3時までで、誰でも見学できる。問い合わせは大城(0833-52-0138)へ。
大城の全景

大城の全景


ロビーに並ぶ新幹線の座席

ロビーに並ぶ新幹線の座席


駐車場のかまどベンチ

駐車場のかまどベンチ

次世代産業育成チャレンジアップ事業

徳機電設などの4事業が採択
【県】次世代産業育成チャレンジアップ事業

 県は付加価値の高い成長が期待される医療関連や環境・エネルギー分野の事業化、雇用創出の加速化を目指す「次世代産業育成チャレンジアップ事業」に、周南市港町の徳機電設(吉野郁夫社長)が申請した「低純度水素及び低カロリーバイオガス対応コージェネレーションシステム開発」など4件の取り組みを採択した。
 この事業は地方創生推進交付金を活用して6月補正予算で創設したもので、補助上限額は2,000万円。5件の応募があった。徳機電設の事業は東京のシンフォニアテクノロジー、大阪の帝人エンジニアリングを共同研究者として申請したもので、環境・エネルギー分野での採択。
 コージェネレーションシステムは電力を生み出しながら排熱を利用して給湯や冷暖房などに利用するもので、同事業では市や県が利活用を推進している水素と、需要が高まっている低カロリーバイオガスに対応したものを開発する。同社によると2018年度末までの一般販売を目指すとしている。
 また周南関係では同分野で宇部市の宇部興産が申請、下松市のミヨシが共同研究する「リチウムイオン二次電池用新規酸化物負極材料の開発」事業も採択された。

パナマックス船が初着岸

周南(新南陽)東ソー、中国電力が石炭を共同輸送 港湾整備で効率化
 周南市の徳山下松港新南陽地区に2日、同地区に入った貨物船としてはパナマックス級と呼ばれるこれまでで最大級の8万トン級の大型貨物船が着岸した。東ソー南陽事業所内の発電所などで使用する石炭を中国電力との共同輸送でオーストラリアから運んできたもので、国際バルク戦略港湾整備の一環として国道交通省が進めてきた航路のしゅんせつなどが実を結んだ。

着岸した大型船

着岸した大型船


 徳山下松港は周南、下松、光市にまたがり、2011年5月には宇部港とともに国交省から国際バルク戦略港湾に選定された。しかし下松地区、徳山地区にはパナマックス級以上の貨物船が着岸できていたが、新南陽地区は航路が浅いため入れなかった。
 今回の共同輸送は航路のしゅんせつが進んだことからこの選定に伴って発足した県国際バルク戦略港湾連携会議による企業間連携による効率的な物流体制の検討の中から実現したもの。
 入港した輸送船は商船三井が運航するパナマ船籍のSUN EXCELSIOR(7万7,000トン)。長さ225メートル、幅はパナマ運河を通過できる36.26メートル。石炭を入れる船倉は7つのブロックに分かれている。フィリピン人の船員20人が乗り込み、ニューキャッスル港で約7万トンの石炭を積んで9月15日に出港した。
扉が開かれた船倉とアンローダー

扉が開かれた船倉とアンローダー


 30日に宇部港に接岸して中国電力向けの2万トンを陸揚げしたあと2日午前11時35分に新南陽港区の新南陽公共岸壁に着岸。岸壁から約400メートルの東ソーの貯炭場へ、甲板の船倉の扉を開いて荷役機械のアンローダーで陸揚げしてベルトコンベヤーに載せて運ぶ作業を開始した。40時間かけて陸揚げしたあと4日に出港を予定している。
 東ソーは年間240万トンの石炭を輸入し、そのうち230万トンは南陽事業所の発電所、10万トンはセメントの製造に使っている。
 新南陽公共岸壁は国交省が整備して県が管理し、水深12メートルだが、今回のしゅんせつ工事で航路もマイナス12メートルになった。東ソーはこれまでは5、6万トン級と一回り小さい貨物船を使って輸入していたが、今回、大型船の着岸が可能になったことで2割ていどのコスト削減が見込まれる。
 年内には9万トン級の貨物船での輸入も予定している。