ヘッドラインニュース

周南市熊毛地区の新水道スタートへ

周南市熊毛地区の新水道スタートへ
光市から浄水を配水
通水式で祝う

 周南市は簡易水道で供給している熊毛地区に、新たに光市から送水を受けて家庭などに水を供給することになり、21日、この水道事業のために新設した清尾の樋口配水池で周南市の木村、光市の市川市長が出席して通水式をして祝った。7月末から来年3月にかけて13ある団地ごとに新たな水道水に切り替えていく。

完成した樋口配水池

完成した樋口配水池


 八代を除く熊毛地区では約9,500人に井戸水を水源とする13の簡易水道で給水しているが、一部で水不足や水質悪化などが起きていた。これは旧熊毛町時代からの課題の1つで、住民は2市2町の合併で問題が解決されることを期待していた。
 このため周南市はこの解消へ取り組み、当初は市独自で浄水場を建設する予定だったが、建設費や維持管理費の縮減を考えて島田川を水源とする光市の林浄水場から配水する方法に決め、2012年に両市で覚書を締結して整備を進めてきた。
 総事業費は林浄水場と同地区を結ぶ水道管や容量2,700立方メートルの樋口配水池、今年度中に完成させる700立方メートルの太刀野配水池の整備などにかかる約61億円。そのうち国庫補助金が12億円、企業債が47億円。
バルブキーを回して握手する木村市長(左)と市川市長

バルブキーを回して握手する木村市長(左)と市川市長


 通水式で木村市長は「全国でも珍しい形態の事業。光市と共においしい水道水を安定的に供給していきたい」とあいさつ。市川光市長も地下4メートルの島田川の伏流水を使っているとして「きれいで飲みやすい水を愛飲してほしい。光市の水を提供できるのは誇りで喜びでもある」と祝辞を述べ、2人でバルブキーを回して祝った。
 来賓としてあいさつした熊毛自治会連合会の龍泉仁之副会長は「これまではマンガンが混入したり、濁った水が混ざることも多く、非常にうれしく思う」と話していた。

パナソニックが介護施設

パナソニックが介護施設
中国地区初の拠点に
8月1日開所予定・ショートステイやデイサービス

 大手総合電機メーカー、パナソニック傘下のパナソニックエイジフリー(本社・大阪)は短期入所のショートステイ、通所のデイサービス、訪問介護を提供する介護施設「パナソニックエイジフリーケアセンター山口周南」を周南市川崎にオープンさせる。8月1日開設予定で、7月20日には同施設で報道機関向けに説明会があった。

完成した施設の外観

完成した施設の外観


 パナソニックは18年前から介護事業に携わり、ショートステイ付き在宅介護サービス拠点(エイジフリーケアセンター)を2015年度の2拠点から18年度には200拠点に増やす計画。今回で全国7拠点目、中国地方では初めてとなる。
 重量鉄骨3階建てで延べ床面積991.76平方メートル。定員20人のショートステイは1泊2日の利用者負担は要介護3で約8,500円、定員40人のデイサービスは7~9時間で約1,900円。フリードリンク、おやつ付きなど充実したサービスのため相場よりやや高めだという。
 内装建材やユニットバス、車椅子で使いやすい洗面台など多くにパナソニック製品を使い、そのうちゲーム感覚で楽しめるリハビリ機器、ベッドの一部が車椅子に変化する離床アシストベッド、ノロウイルスやインフルエンザを防ぐ空気清浄機、はいかいなどを防ぐための顔認証システムを導入していることなどが大きな特長。

 

離床アシストベッド

離床アシストベッド

ゲーム感覚のリハビリ機器

ゲーム感覚のリハビリ機器

 この日はパナソニックエイジフリーの北村光専務らが説明し、これまで岩国市でデイサービス事業をしてきた中でショートステイの需要が高いと知ったことなどから開設を決めたことや、施設周辺から直接雇用するスタッフは約30人いるなどと話していた。
 サービス提供予定地区はショートステイが周南、防府、下松市で、寝たきりの人の家に赴く訪問入浴は光市も含める。デイサービスは山間部など以外の周南市。すでに数件の予約も入っている。内覧会も開催しており、問い合わせは0120-874-872へ。

レノファ山口、ホームタウン化を要請

レノファ山口、ホームタウン化を要請
“山口県のチーム”に
木村市長が快諾、PRへ

 サッカーJ2のレノファ山口FCは15日、河村孝社長(48)が周南市役所を訪れてホームタウン化を要請し、木村市長が快諾した。現在は山口市など4市と県内全域が同FCのホームタウンとなっており、今後、Jリーグの理事会審査を経て、早ければ9月20日に周南市も加わることになる。

記念撮影する河村社長(前列左)、木村市長ら

記念撮影する河村社長(前列左)、木村市長ら


 Jリーグのホームタウンは活動拠点や支援の中核となる本拠地。クラブはこれに特定の単独市町村、または複数の市町村か都道府県を定めることができる。同市にはJリーグの試合が開ける競技場はないが、ホームタウンになればPRなどソフト面での支援活動を展開していく。
 市役所には河村社長と中島和彦経営企画室長が訪問し、市長は「ファンの拡大に向け支援をぜひさせてください」と話してサッカー教室などへのレノファの参加も依頼。贈られたユニホームを着て河村社長と握手を交わした。
 同席した黒神直大市体育協会長は「大歓迎。サッカー少年たちも喜ぶ。全般的に支援をしたい」、原田康宏周南観光コンベンション協会長も「(同協会が運営する)まちのポートでグッズを販売するなど協力したい」と述べた。
 小野英輔徳山商工会議所会頭、玖村理恵子新南陽商議所会頭代理、山本貴隆市モーターボート事業管理者も同席し、レノファのキャラクターのレノ丸や市のしゅうぞうと一緒に記念撮影した。
 レノファはまず県内全13市、その後は全6町でもホームタウン化を進める考えで、22日には防府市にも要請に訪れる。
 今期はJ3から昇格して初のJ2で戦って好スタートを切り、20日昼時点でリーグ7位。河村社長は山口市などに比べ周南3市を含む県東部でのクラブの認知が低いとして「優勝を目指し、最低でも(J1昇格への)プレーオフに参加できる6位以内に入り、山口県のチームと認識してもらえるようにしたい」と話していた。

オフィスツアーでセキュリティ紹介

オフィスツアーでセキュリティ紹介
キヤノンS&S周南営業所が移転

 キヤノングループの直販会社、キャノンシステムアンドサポート(S&S)は19日、周南営業所(久行健一所長、14人)を周南市秋月から久米に移転する。セキュリティ面が強化され、顧客を案内するオフィスツアーもこれまで以上に受け入れたいとしている。
 同社は全国に約200拠点を持ち、県内には山口、下関、周南営業所がある。周南はこれまで防府市から柳井市までが営業エリアだったが、山口営業所が防府市を担当することに伴い、より利便性の高い場所に移転させた。敷地面積は815平方メートルで、平屋建ての事務所は235平方㍍。
 オフィスや会議室はそれぞれカードが鍵となるオートロックになり、複合プリンターもカードがなければ使えないようにして印刷用紙の無駄を省いている。
 パソコンはすべてノート型の無線にすることで回線をなくしてすっきりとさせ、情報漏えい防止へ机の引き出しも必要最少限しか設けず、従業員の荷物は鍵付きのロッカーに入れるようにしている。
 オフィスツアーではこれらセキュリティシステムやプリンター、照明のLED(発光ダイオード)など、同社が扱う製品を紹介する。
 久行所長(57)は「マイナンバーやネットバンキングなど、いろいろな脅威を解決する仕組みがこの事務所にあります」、県内3営業所を管轄する山口営業部の扇山浩之部長(53)は「それぞれの事務所と比較して気づきの場にしてほしい」と話していた。
周南市久米3087-1 TEL.0834・34・5011
160715b

160715a

160715_b

 

岐陽、末武から優秀賞に2人 NHK杯中学放送コン県予選

 6月18日に山口市で開かれた第33回NHK杯全国中学校放送コンテスト県大会で、アナウンス部門と朗読部門に下松市の末武中と周南市の岐陽中の計5人が入賞した。5人はテープ審査の8月6、7日の全国大会予選に向けて表現の精度を磨いている。 県大会は県中学校教育研究会情報教育部などの主催。アナウンス部門は校内放送用の400字以内の自作原稿、朗読部門は指定図書から自分が表現したい部分を2分以内で発表する。今回は各12人が出場した。  周南から入賞したのはアナウンス部門の優秀賞に岐陽中3年の福田真美華さん(14)と末武中3年の古城友結さん(14)、優良賞に岐陽中3年の田原瑞月さん(14)▽朗読部門は優良賞に末武中3年の窪田楓さん(14)と2年の広中綺音さん(14)。 予選で30位以内に入ると8月18日に東京・千代田放送会館で開かれる本選に出場する。

岐陽中の福田さん(左)と田原さん

岐陽中の福田さん(左)と田原さん

 

岐陽中の2人は校内放送を担当する総合文化部に所属し、顧問の高来早苗教諭が指導した。 福田さんは、昨年は県大会で優良賞だったが、全国大会には進めなかった。今回は、小説を読むことは想像力、記憶力向上、ストレス解消などのメリットがあるとして給食の配膳時間にも読書をしようと呼びかけた。 「今年こそ本選に出たい。口とマイクの距離にも気をつけて、よりよい状態で予選に臨みたい」と話す。 田原さんは合唱の素晴らしさを訴えた。目標は予選突破で「明るく丁寧な発音を心がけたい」と意気込む。

末武中の左から窪田、古城、広中さん

末武中の左から窪田、古城、広中さん

 

末武中の3人は放送委員会の委員。松村直美教諭と市内の元NHKアナウンサー、斉藤紀子さんの指導で猛練習した。 古城さんは校訓を刻んだレリーフが新校舎建設で伐採したメタセコイアの木から作られたことを紹介。昨年は県大会優良賞で、全国大会に進んだが、予選で落ちただけに「自分の気持ちが相手に伝わるように心がけ、全国大会で予選を突破したい」と話している。 朗読の窪田さんは「聞いている人の耳に残るような朗読をしたい」、広中さんも「感情が入りすぎないように気をつけたい」と話し、ともに予選突破を目標にしている。