ヘッドラインニュース

下松スポーツ公園に展望台

徳山高専生の設計で来春完成/下松市と高専の連携協力協定で実現
 下松市河内の下松スポーツ公園に徳山高専(勇秀憲校長)の学生が設計した展望台が来年3月までに建設される。13日に下松市と徳山高専が締結した連携協力協定に基づくもので、展望台からは市街地や笠戸湾が展望でき、市民の憩いの場になりそう。

完成予想模型を前にデザインと示す横屋部長(左と、佐藤君

完成予想模型を前にデザインと示す横屋部長(左と、佐藤君


 この展望台は同公園第3期地区整備事業を進める市が昨年12月に同校に学生による設計を提案。デザイン研究部(横屋翔部長、40人)が現地調査をして2案を作って5月に市役所で発表し、市職員が採点して土木工学科3年の佐藤隼君(18)の案が採用された。
 場所は公園北東部の市有地の雑木林。同公園体育館東側の第3駐車場の裏手にあり、同駐車場から遊歩道を整備して標高80メートルの高台に木製の展望台を設ける。展望台は現地の段差を利用して建設し、下段に高さ2㍍、上段に高さ80センチの足をつける。
 市は今後、基本設計までを学生にまかせ、工事中は学生に現場監督の経験もしてもらう。
協定書を持つ勇校長(左)と国井市長

協定書を持つ勇校長(左)と国井市長


 13日は市役所で国井市長と勇校長が協定書に署名し、市長は「素晴らしい景色を楽しめる市民の憩いの場になることを期待したい」と述べた。
 同席した周南市富田中出身の佐藤君は同じ3年の横屋君と一緒に採用されたデザインを示しながら「下松市は発展を続ける勢いのある都市。その市街地と美しい瀬戸内海を見渡せる絶好の場をたくさんの人に提供したい」と意欲を見せていた。

江本駅長 が1カ月重複勤務

【周南市議会】江本駅長 が1カ月重複勤務/7月から桶川市職員に/一般質問・ソレーネ周南で議論

 周南市9月定例議会の一般質問最終日の13日、道の駅「ソレーネ周南」の赤字経営が取り上げられ、その中で7月末まで指定管理者の周南ツーリズム協議会職員だった江本伸二駅長が7月1日から埼玉県の桶川市職員になっていたことがわかった。

 この問題は登壇した6人のうち尾崎隆則議員(嚆矢会)、島津幸男議員(会派無所属)が質問した
 答弁で木村市長は江本氏が経費削減と個人的理由で7月末で退職したと聞いていると述べたが、島津議員が「埼玉県の桶川市に7月1日から入っており、給料が7月分二重に入っているのでは」と質問した。
 これを受け市は休憩を挟んで事実確認にあたり、再開後、住田英昭副市長が「7月1日から平成31年3月31日まで任期付き職員として採用されているのを確認した。周南ツーリズム協議会にも連絡し、規則の中で適切に対応するものと思う」と答えた。
 江本氏は2014年5月のソレーネ周南の開設時から駅長を務め、職員は7月末に退職したがその後も理事は続けている。
 同協議会職員と桶川市職員の期間が1か月重複していたことに対し、同協議会の藤井良治代表理事は「桶川市職員になっていることは知らず、7月は給料も支払った。信用にかかわる問題であり、江本駅長には理事を退任してもらう。今後は地域住民や生産者などと信頼関係を築いていきたい」と話し、江本氏の行動に憤りながらも同協議会の再出発へ意欲を見せている。

「赤字は補てんせず」
 経営については、市長は昨年度決算で赤字になった周南ツーリズム協議会に赤字要因の分析と経営改善計画策定を申し入れていることなどを説明して指定期間が2014年度から5年間であることから「経営は単年度の赤字、黒字というより長期的視野に基づいた持続可能な経営ができるかが重要。出荷は伸び、登録者も増えており、出荷者や現場の人にいたずらに不安を与えないことが大事」と理解を求めた。
 尾崎議員は6月議会の一般質問で、東部道の駅整備についての質問の中でソレーネ周南の状況を聞いた際、市長が売上や出荷者数は増えていると述べたが損益などにはふれていなかったことについて「あれでは頑張っている、と思ってしまう。もう少しわかりやすく答えてほしい」とただした。
 これに弘中基之経済産業部長は「東部道の駅の中で運営状況についてお尋ねになられたのでそれに基づき、経営状況まではお答えしなかった」と説明した。
 尾崎議員が「赤字を市が補てんすることはあるか」とただすと、市長は駐車場やトイレなどの運営に対する指定管理料は出しているが、収益事業は独立採算のため「補てんする考えは持っていない」と答えた。

高齢者と障害児のデイサービス一体化

高齢者と障害児のデイサービス一体化 光・優喜会が新設「互いに元気をもらう施設に」
 光市小周防のNPO法人優喜会(冨田勝久理事長)は1日、小周防に、同じ建物の中に高齢者対象のデイサービスと障害を持つ小、中、高校生を対象にした放課後等デイサービスを提供する一体化した施設を開設した。小坂栄一施設長は「高齢者も子どもたちにも互いに元気をもらう世代間交流を促進したい」と効果を期待している。
 同会は光、下松、周南市で住宅型有料老人ホームやデイサービスセンター、障害児対象の放課後等デイサービス施設、就労継続支援B型事業所を経営している。その中で部屋は別にするなどさまざまな法的規制がある中「世代間交流を進めたい」という冨田理事長の提案で、今回の施設が誕生した。

車椅子を押す子ども

車椅子を押す子ども


一体化した施設

一体化した施設


デイサービスで過ごす高齢者と子どもたち

デイサービスで過ごす高齢者と子どもたち


 施設は木造平屋295.73平方メートル。うち高齢者の「デイサービスセンターきらら光」が152.6平方メートル、子どもの「サルビアの家ひかり」が89平方メートル。建物は1つで、部屋は別々になっているが、仕切りのドアを全開すると一体的に使える造りになっている。
 開設時間は高齢者デイサービスが午前9時15分から午後4時25分まで、子どもの放課後等デイサービスは午後3時半から5時まで。
 3時半から4時25分までは高齢者と子どもが一緒に過ごせ、施設に着いた子どもに高齢者が「○○ちゃん、おかえり」と声をかけたり、ボール遊びをするなど交流し、お年寄りの車椅子を進んで押す子どもも多いという。
 スタッフは両施設合わせて11人。冨田理事長は「法の規制に風穴を開けて、高齢者も子どもも楽しく過ごせる空間を実現したかった。互いに元気に明るく過ごせるので、皆さんの評判もいいです」と喜んでいる。

国際文化センター竹風会が45周年

国際文化センター竹風会が45周年/ブラジルから寄せ書きも/18、19日・一粒からの平和展
 周南市和田の夏切に本部を置く国際文化センター竹風会(野村光風理事長)が創立45周年を迎えた。これを記念して「一粒からの平和展~命育み花一輪」を18、19日、市文化会館3階展示室で開き、80人がそれぞれテーマを決めて生けた生け花作品を中心に展示し、ブラジル本部から贈られた寄せ書きも掲げる。

野村理事長(後列左)ら張り切るスタッフ

野村理事長(後列左)ら張り切るスタッフ


 同会は1971年に下関市で故太田竹風さんが竹風流いけ花竹風会として創立。「花を愛する心は 人間を愛し、世界を愛する心である」という理念の下、生け花を通じて国際交流を目指し、73年には竹風さんの次女で光風さんの姉、井上喜玖子さん(77)夫妻がブラジルに移住して生け花の普及に努めた。
ブラジルから届いた寄せ書き

ブラジルから届いた寄せ書き


 夫妻は苦心を重ねながらブラジルに根をおろして活動を広め、竹風さんも何度もブラジルを訪れて尽力。竹風さんは92年の9回目のブラジル訪問中に81歳で亡くなった。ブラジルは井上さんの次女、本多佳風さんが後継者となり、生け花だけでなく日本語、日本料理、書道、着付けなど日本文化を伝える活動を続けている。
 日本では85年に本部を旧徳山市の市街地に移し、野村さん(73)が理事長に就任したあとの94年からは自然豊かな夏切に本部を置いている。本部には花を育てる畑や花器を焼くための陶芸の窯もあり、大人や子どもの教室も現在は本部で開いている。佐賀県と北九州、大阪、下関などにも支部がある。
 教室では子どもたちには温かい心を持った立派な社会人になるようにと生け花を中心に和室での礼儀なども教える一方、作品は自由に生けさせ、手直しもしない形で指導している。
 大規模な展覧会は5年に1回開いており、今回の展覧会には生け花を小学就学前の子どもから高校生までのコスモスグループの約40人、一般会員の風たちグループなど大人が賛助出演を含めて25人と、書道グループ、硬筆グループも出品する。
 小学生は「天の川」「家族」、中学生は「野球道」「笑門来福」など、大人は「優しい時間」「夢をつかみとる」などそれぞれテーマを決めて生ける花も探して作品にまとめる。自分で焼いた花器を使う人も多い。
 今回は自分で育てた花と自分で焼いた花器の生け花展を開きたいという竹風さんの遺志を引き継ぎ、この展覧会のころに花が咲くように本部のそばの畑でコスモスを育てている。
 野村さんは「私がリーダーとなるのはこれが最後。大田前理事長との約束を守りたい」と話し、周南支部長の小柳宗風さんの「命の塔」などに使うことにしている。野村さんは「一粒からの…」と題した作品を予定している。
 ブラジルからはポルトガル語で「おめでとう」の言葉とコスモスの図柄の幅1.5㍍、縦2.48㍍もある布製の寄せ書きも届いている。敬老の日にちなんでお年寄りに向けたメッセージとイラストの色紙も展示し、作品に添える席札も手づくりする。
 このほか子どものころ、竹風会で学んだことがあり、現在は“ハーブ王子”と呼ばれている野草研究家の山下智道さんの講演会も18日午後2時から展示室そばの和室で開く。
 展覧会は18日が午後1時から7時まで、19日が午前10時から午後6時まで。会場では熊本地震の被災地への義援金も受け付ける。展覧会の問い合わせは同会本部(08344-67-2948)へ。

周防大島でアボカド栽培

周防大島でアボカド栽培/地域課題解決へ9団体/S1グランプリで発表
 地域の産業や福祉などの課題を解決するソーシャルビジネス事業プランを競う“さいきょうSIグランプリ2016”のTHE FINALプレゼンテーション会が10日、周南市桜馬場通のザ・グラマシーで開かれ、グランプリに「みかんの島からアボカドの島へ」と題し、周防大島町で暑い気候に育つ果物のアボカドを栽培する計画を発表した愛媛大学農学部の学生、橋堀亮太さんの3914RETURNSがグランプリを受賞した。

発表する澄村さん

発表する澄村さん


 この大会は西京銀行が開いて4回目で、今回から県が共催している。この日は応募があった21件の事業プランから選ばれた九団体が発表し、審査の結果、3914RETURNSは中山間地域振興賞、一般観覧者も加わる投票で選ぶMVPプレゼンターも受賞した。準グランプリは防府市の山口発達臨床支援センターが周南市で始めた21年間の知的障害児などを個々に指導する教育支援の経験を、さらに広げる計画が受賞した。
 グランプリの橋堀さんのプランは世界的な気候変動で気温が上昇し、愛媛県ではミカン栽培をアボカドに切り替える動きがあることから、祖父のミカン園がある周防大島でアボカドを生産するというもの。
 同島は高齢化などでミカン栽培は最盛期の10分の1になっているが、先祖のミカン栽培に取り組んだ知恵とハワイに移民したフロンティア精神が周防大島の強みと主張。収穫したアボカドは島外には出さず「おいしいものは地方にしかない、島に来て食べて買ってもらう」と述べ、加工も取り入れて100人の雇用を目指すとした。
 このほか周南市のスミヤの澄村知宏さんはおいしいコーヒーをどこでも提供できるキッチンカーで地域を回り、菓子なども販売する“移動コミュニティcafe”による買い物弱者対応プランを発表。
 音楽企画のFROM STRINGの上原喜行さんは東京、大阪のアーティストのライブと観光や食、教育などを組み合わせたイベントを県内で開き、新たな音楽との出会いづくり、山口県の情報の全国発信などを実現する計画を、これまでに開催したライブも紹介しながら説明した。

新庁舎建設工事・市内下請けは現時点で75%

周南市議会
市内下請けは現時点で75%
新庁舎建設工事で報告
 周南市議会の公共施設再配置及び新庁舎建設に関する特別委員会(古谷幸男委員長)が7日開かれ、新しい庁舎の建設工事で下請けのうち市内の業者が占める割合は1日時点で75%であることなどが示された。

建設準備が進む市役所北側

建設準備が進む市役所北側


 市は2018年完成予定で市庁舎建て替えを進めており、この日は小林智之行政管理部長、足達正男建設部長らが市内業者の活用について説明した。
 工事受注者には入札時に配布する入札条件、指示事項に「下請け人を必要とする工事については市内建設業者の活用に努めること」としており、元請け業者が市に提出する施工体制台帳・施工体系図によると、1日時点で建築工事の1次下請けが市内2社、市外1社、2次下請け以降が市内1社。今後も同台帳・図の提出を受けて下請け業者が市内かどうかまとめていく。
 土屋晴巳議員(アクティブ)が「市内業者の割合の目標はあるのか」とただすと外山貴士建設課長は「専門性の高いものや規模が大きい工事などは市内業者では難しいものもあり、目標は設定していない」と説明して理解を求めた。

周南市「水素炭酸水」2カ月飲用へ

周南市「水素炭酸水」2カ月飲用へ
職員20人がモニター試験
岩谷産業・全国初のサーバーで

 産業ガス大手の岩谷産業は開発中の「水素炭酸水サーバー」の飲用モニター試験を周南市と宇部市で開始した。周南市では市役所港町庁舎の職員20人が10月末までの約2カ月間、水素炭酸水を毎日飲んで味やサーバーの使い勝手などを報告する。

水素炭酸水を飲む職員

水素炭酸水を飲む職員


 このサーバーは山口大学などと共同で研究開発し、県の「やまぐち産業戦略研究開発等補助金」の医療関連分野一般枠に採用されて2014年度から18年度までの5年間で約7,000万円の補助金を受けた。
 研究開発のテーマは水素の抗酸化作用を利用した医療・健康分野への応用開発。水素水に炭酸ガスを加えることで飲みやすく、より水素が水に溶けるようにしている。水素炭酸水のサーバーの開発は全国でも初めてで、来年4月の販売開始を目指している。
 周南市には㈱トクヤマ徳山製造所内に同社と岩谷産業の合弁の液化水素製造の会社、山口リキッドハイドロジェンの工場があり、有数の水素利活用地域であることから職員がモニター試験に参加することになった。水素炭酸水に使う水素ガスも同製造所から運ぶ。
 6日には港町庁舎に岩谷産業中央研究所の小池国彦部長らが訪れて対象の職員への説明会があり、昨年度、同社が実施した炭酸水と比較した安全性・有効性試験では、最高血圧の低下、肝機能のγ(ガンマ)―GTPの改善がみられ、健康を害するようなデータは確認できなかったことなどを説明した。
 同庁舎に置く試作サーバーからは1ℓ当たり約0.8㎎の水素ガスが入った水素炭酸水が出て、対象の職員は出勤日に1日1杯330ml以上を飲み、レモネードにするなど何かと混ぜてもいい。アンケートでサーバーの改善点や体の調子なども報告する。
 水産課の安東陽子さん(34)は「微炭酸で飲みやすい。子育てで疲れることが多く、何かいい変化もあればうれしい」と話していた。

ペットボトルのランタン並べて幻想的に

周南JC “星降るまち”を幻想的に
11日・下松でイベント「ほしがつなげるもの」
ペットボトルのランタン並べて

 周南、下松市で活動する周南青年会議所(JC)(岩崎真之介理事長)は下松市の松に星が降ったという伝説にちなんで下松のよさを再発見する「星ふるまち くだまつ~ほしがつなげるもの」(新周南新聞社など後援)を11日午後3時から8時半まで河内の下松スポーツ公園で開き、グラウンドにペットボトルのランタンを並べてアートを描く。

イベントのポスター

イベントのポスター


 同JC下松開発委員会(矢原寛之委員長)が主管し、家族などでまちの未来を考える機会にしてもらおうと開く。伝説では推古天皇のころの595年9月18日、松の木に星が降りて7日7夜、光輝き、北辰の精が降(くだ)ったとされ、ここから地名が降松となり、その後、下松と書くようになったという。
 参加者には500ml以上のペットボトルを各5本持参してもらい、スカイバルーン1個と交換。ペットボトルを切って会員の協力でろうを注いでしんを付け、ランタンにして、ふちには蛍光塗料を塗る。これにヘリウムを入れたスカイバルーンを結んでグラウンドに松の形に並べ、6時にランタンに点火する。
 ランタンの明かりでオリジナルバルーンがきらめき、星降るまち下松を象徴する幻想的なグラウンドアートを出現させる。8時から式典も開く。
 地元の飲食店、酒蔵などの飲食ブースや市内の事業所、市民団体などの企業ブースが並び、祭り気分を盛り上げる。パトカーや消防車の展示、ミニSLべんけい号への乗車もできる。
 駐車場周辺の第1~第4駐車場のほか、周南工流シティー内の葉山グラウンドに臨時駐車場を設け、30分おきに無料バスを走らせる。雨天時は規模を縮小して下松スポーツ公園体育館で開き、バスは運行しない。問い合わせは周南JC(0834-29-1436)へ。

土地探しから開業後サポートまで

西京銀行 土地探しから開業後サポートまで 医療・介護専担チームが活躍
 周南市の西京銀行(平岡英雄頭取)が医療・介護分野へのサポート強化へ「医療関連専担チーム」を作って約8年。開業を希望する医師などに向けた土地探しや経営課題の解決も手伝うなどの総合的な取り組みで成果を上げている。
 チームは2008年のリーマンショック後、好不況に左右されにくい医療・介護分野に力を入れようと同年10月に同行地域振興グループ内に立ち上げた。現在は地域連携部に所属し、医療経営士資格も持つ3人が県内全域と広島、福岡県内も担当している。

ミーティングする国弘さん(左)と赤井博信さん

ミーティングする国弘さん(左)と赤井博信さん

 開業を予定する勤務医に対しては同行が持つ土地情報を希望に応じて提供、医療関係の実績を持つ信頼性の高い建築業者を紹介、従業員の確保や保健所の手続きもサポートするほか、返済期間や金利など完全オーダーメイドの融資もしている。
 既存の医院などにはローンの一本化や、後継者を探している場合は開業予定者とのマッチングも図っている。また近年増えている介護事業所の設立にも携わっている。
 これらの取り組みによって同行の昨年度の医療・介護分野への融資実行件数は36件、融資金額は計44億6,100万円になっている。
 開業サポートなどは新たに雇用が生まれる要因にもなっており、チームの一員で地域連携部係長の国弘剛史さん(33)は「医療・介護は地域に根付いた地域のためのもの。今後もサポートを通して地域の活性化につなげたい」と話している。

場外発売場「オラレ田布施」

周南市競艇事業局 場外発売場「オラレ田布施」 12月にオープン
 周南市競艇事業局は田布施町に12月に開設される小規模場外発売場「オラレ田布施」を運営することになった。年間360日営業して全国のレースの舟券を販売し、売上目標は1日200万円としている。

オラレ田布施のイメージ図

オラレ田布施のイメージ図


 オラレはボートレース振興会が建設するもので、市内では2008年に銀座2丁目に開設して同事業局が運営している。オラレ田布施は国道188号に近い米出(こめだし)工業団地の一角で、敷地面積は4,100平方㍍、建築面積は333平方㍍、駐車台数は104台、営業時間は午前7時半から午後9時ごろまで。
 売上のうち18%、年間約1億3,000万円が同市の収益になり、そこから年間約216万円の土地代など費用を引いた額が利益となる。
 同局は事務スタッフ2人を募集中。場長代理と副場長の事務補助で、モーターボート競走事業に関しての知識と普通自動車免許を有することが条件。勤務は月17日で月額11万9,200百円。オープンまでは同市栗屋のボートレース徳山で研修がある。
 希望者は9月8日必着で、〒745-0802 周南市栗屋1033、ボートレース徳山周南市競艇事業局競艇事業課業務担当に履歴書を郵送するか持参する。
 問い合わせは同局競艇管理課(0834-25-0540)へ。