一言進言

昭和のにおいのするリーダー

昭和のにおいのするリーダー ~井川市長さようなら~ (4月25日掲載)
■ 井川下松市長最後のインタビューをした。4期16年と長い在任だったが、じっくり話を聞いたのは初めてだった。だいたい引退する市長へのインタビューは異例だが、どうしても、政敵をことごとく粉砕しながら強烈なリーダーシップで市政を運営してきた政治家に、じかに話を聞きたかった。
■ 小さな町工場の社長がどうして市長になったか、少しだが垣間見えた。恋路のゴミ焼却場建設時、日立の子会社にと強引に請負契約を迫り、旧徳山市議会がかなり紛糾したこともあった。山田宏下松商工会議所会頭との政策的対立も激しかった。河村五良、河村憐次両県議の確執が、下松市政に大きな影響を与えていただけに、まとまりのない政争の街の印象が強かった。
■ しかし、井川市政が2期目、3期目になると井川色が浸透。最も象徴的だったのが、中部地区土地区画整理だ。地域挙げて抵抗する雰囲気だったが、反対派住民を市長室に招き、じっくり住民の不満を聞いた。最後に井川市長は「よくわかった。これからは私が全責任を取る」この一言で住民たちは一気に怒りを収め、瞬く間に工事は開始された。
■ 水道料金をすえ置くことにも断固たる姿勢を貫いた。市長就任直後、水道局長がプランを持ってきたが、お金がかかり過ぎだと拒否、自前のプランを提示したが従わなかった。そこで「市長の指示が聞けないなら身の振り方を考えろ」と一蹴。水道局長は辞任し、水道局長案は撤回させて、格別に安い水道料金が保たれた。
■ 高村市政時代の旧徳山市と重なる。目標を決め、達成するまで異動させない強さを持っていた。国保担当を決める時、収納率を県内一番に、と目標を提示し、国の予算を取ってこいと出した職員は取れるまで徳山には帰さなかった。昭和の臭いがするリーダーがまた一人去って行く。(中島 進)

誤報放置する周南市で安全は?

誤報放置する周南市で安全は? ~許せない職員のたるみ~ (4月20日掲載)
■ 5年前、ちょうど周南市議会で、皮肉にも島津元市長の防災無線問題での百条委員会が開かれ、私は取材中だった。大震災の一報であわてて車に戻り車載テレビを見て、思わず声を上げたのを思い出す。今でもあの光景は頭のどこかに住みついている。3日間、夜もテレビから目を離せなかった。東日本大震災が人々の記憶から薄れ気味だったところへの今回の地震だ。何度も訪れたことがあるあの阿蘇山のふもとでこんなことが起きるなんて。
■ そんな中、許せないことが起こった。周南市の市民メールサービスの誤報だ。夜、仲間の飲み会中で一斉に緊急通報が鳴り、その場にいた全員が携帯電話を手にした。そんな時、周南市からの市民へのメールは、鹿児島や、愛媛で地震が起こったというものだった。翌日、読者からの苦情で取材したら、まだ通報は訂正されないまま流れていた。問題は周南市の幹部も同じメールを見ていたはずなのに、市民に一切説明も、言い訳もなかったことだ。
■ 市長はじめ幹部たちの危機感のなさは頂点に達したか。訂正方法がわからない担当者の放置は、市長はじめ幹部の責任だ。愛媛で大地震と言えば、すぐに伊方原発を思い起こす。市民の不安を放置するその感覚の鈍さは何か。市民メールを管理できない課長を担当者にするところに、市の人事のいい加減さが現れた。情報を管理する部署がこのあり様で、どうやって市民の安全と安心を守れるのか。
■ 「共に。」のスローガンは即刻おろしてほしい。市職員が共にかばいあう「共に」なのか。去年、国保の担当課長は全くの赤の他人に国保の詳細な滞納状況を送りつけた。個人が特定できる情報だった。1枚だけだと言っていたが、その原因もわからないままだった。何とも市役所がたるんでいる。熊本地方の惨状を見るにつけ、これが周南市で起こったらと思うと空恐ろしい。市役所や駅ビルに大金を使う前にすることがある。(中島 進)

周南市の人事に一言

周南市の人事に一言 ~何を基準に異動させるか~ (4月5日掲載)
■ 行政マンにとって、人事は最大の関心事だ。市民にとっても、担当者で対応が違うことに驚く。各市で人事異動が発令された。適材適所と言われるが、なかなか内部の評価と外からの感想は違う。意欲的な行政マンもいれば、無難にこなすことに熱心な人とさまざまだ。できればアイデア満載の人物を企画畑に。つつがなく業務をする人は事務畑にと願うばかりだ。
■ 昔、職員にできるだけ市民と交流をと文書で通達を出していた担当者に同窓会の案内をすると「個人的なことだから」と拒否した人物がいた。自分は一切市民との交流はしないくせに、職務的に通達を出すその姿勢にがっかりした。行政の人事はかように内向けなのだ。上司に受けがいい人物は大概が市民には不評の人が多い。
■ 周南市は仲間が多いので、どうしても詳しくなるが、影で誰かが指図しているかのような人事が目立つ。経験的に一番不可解だったのが、観光コンベンション協会を立ち上げる時だった。数年間関係したが、その間、毎年担当部長が変わった。予算の関係もあるので、何とか理解しあえるようになったら、もう次の部長になって、その都度一から説明し直した。
■ 市民活動と深くかかわる部署は人間関係を築くだけで手間がかかる。専門的な知識も必要だ。財務など事務方とは根本的に違う。今回、中心市街地整備部の部長、次長が同時に変わった。中心市街地活性化協議会にかかわった関係で、相当やりあった相手だけに何とも寂しいが、駅ビルが今からというタイミングでナンバーワン、ツーがいなくなるのはどうしたことか。これまで話してきた内容が、引き続きすんなりいくのか。街の活性化は周南市の目玉施策だ。地域の人たちとの連携なくてはなし得ない事業だ。しっかり腰を据えて、10カ年計画ぐらいで進めないとできない。
■ 周南市は2市2町が合併、職員の間の融合もいま一つ出来ていない感がある。ましてや、うわさ的に旧新南陽の関係者などが市長の取り巻きを形成、人事もその人の意向で左右されているとの話が絶えない。困ったものだ。人事は目標を設定し、達するまで異動させないぐらいの厳しさも必要だろう。高村坂彦元徳山市長などは非常に厳しかったが、的確な人事をすることで、大事業を成し遂げたと伝説になっている。広報取材までを外部に委託するようでは、職員と市民の接点を大切にした異動も望めないか。(中島 進)

若者の代弁者求む!

若者の代弁者求む! ~無投票に物申す~ (4月1日掲載)
■ 地方議員への風当たりは以前と比べて激しくなってきた。政治への関心の低さも原因の一つだが、先生と呼ばれる時代とは様変わりした。過去には地方政治家が地域のボスだったことも多く、利権話は日常的だった。田中角栄の時代はそんな地方政治家も多かった。頼みごとをどれだけこなせるかが政治家の力量でもあった。
■ 市の職員採用もコネがきく時代もあり、周南市でもつい前まで、臨時職員が正職員に採用されたりと、うわさがないわけでもなかった。しかし、政治倫理が厳しく語られるようになって昔のような口利きも少なくなった。議員のあり方も随分変わった。セクハラ問題などが世間の話題になる時代だ。
■ 東日本大震災でクローズアップされた市議会議員がいた。10年以上も避難路建設を訴え続け、ようやく完成して津波に襲われ、その避難路のお陰で多くの人命が救われた。地道な議員活動のお陰だった。議員として評価される活動はなかなか目に見えない。行政マンの力は強く、少々の提案力では形になることが難しい。地域の問題にしても、地域代表の市議が語るより、強固なコミュニティー組織が陳情する方がお役所が動く率が高くなった。変な関係になっている。
■ それにしても下松市議会議員の補欠選挙も無投票のようだ。前回の本選はぎりぎりで投票となったが、かくも市議になろうと手を上げないのはどうしたものか。無関心なのか、井川市政に大満足なのか、地方をよくしようとする気概がなくなったのか。若者定住、福祉、観光対策、今の行政主導で本当に良いのか。
■ 地方自治は放っておいてもお役人たちだけで進行する。極端な話、市議会議員は何もしなくても行政は成り立つ。何のために市議会議員が必要なのか、存在意義をもう一度、思い起こしてほしいものだ。
■ 一般的には市民が困っていることの解決の手助けをすることだ。行政の無駄を見つけて是正するのも大切な仕事だ。何よりもどんな地域にするべきか、理想を具体的に掲げることだ。安心と安全な地域をなど抽象的なお題目を言わないことだ。2世帯住宅、3世帯住宅を増やすのがテーマなら、議員の間、ずっと言い続けることだ。検討しますの答弁ではすまさない気概をそこに見せつけることだ。
■ 市長も無投票、市議補選も無投票ではいかにも残念だ。下松市の特異性なのか、民度が低いのか。あれほど政争が激しかったのに、一転して政治に無関心になったとは。今回は間に合わないが、高校生まで参政権を得る時代だ。若者の代弁者を求む。報酬は良いのに。(中島 進)

1 9 10 11 12 13 14