2024年04月15日(月)

ニュース

経済 : 周南市のニュース

【周南】アメリカ金属鉱業専門誌でトップ10入り ㈱末武工業所 伝統と革新の融合

  • 左から、金近会長、金近社長、藤井市長、西村課長

  • 雑誌の表紙

 周南市の㈱末武工業所(金近右太社長)がアメリカ金属鉱業専門誌 Metals & Mining Review(メタルズアンドマイニングレビュー)で、アジア環太平洋地域の金属形成企業トップ10として紹介された。

 金近社長らは3月28日、市役所を訪問して藤井律子市長に報告した。

 国内企業でトップ10に入ったのは兵庫県の㈲金田商事の受賞に続き2例目で、雑誌の表紙は金近社長が飾った。

 同雑誌は、紙、電子版で発刊する金属鉱業に特化した専門誌で、昨年10月に同社にメールで問い合わせがあったという。金近社長は当初、新手の詐欺と疑ったと笑顔で話し、苦労しながら英語でやりとりしたという。

 同社は創業69年で、従業員数46人。補修メンテナンス部門、ステンレス加工・販売部門、鉄鋼製缶部門の3部門が事業の柱。

 補修メンテナンス部門は主にプラント機器のメンテナンスや施設改修を手掛ける。

 ステンレス加工・販売部門はレーザー加工機などを使用した高精度加工や特殊金属加工が強み。

 鉄鋼製缶部門では圧力容器製造から特注製缶、切断から曲げ、溶接までを自社工場で一貫加工している。

 熟練の技術工やプラントメンテナンスのスペシャリストを揃え、顧客からも高い評価を受ける。

 昨年にはコロナ禍のキャンプブームに着目し、鉄鋼技術の関心を高めようとファイバーレーザーを使用した4種類のたき火台を制作。持ち前の技術で幅広い分野から注目を集めている。

 オリジナルブランド「匠美 TAKUMI JAPAN」を新たに立ち上げ、葦手(あしで)絵師 TOMOKO.(篠塚智子)さんとコラボしてたき火台を装飾した。

 葦手絵とは平安時代に起源を持つ絵の中に文字を取り入れた書体のこと。持ち前の加工技術を活かし、風林火山、竜宮絵巻など美しい葦手絵をたき火台に表現した。

 安全・健康・ハラスメント防止にも力を入れ、2019年から取り組んでいる健康経営は23年、24年と2年連続ブライト500の認定を受けた。
 金近社長は「メンタルヘルスケア、ハラスメント防止など会社の取り組みも評価されたと思う。たき火台を第2弾、3弾と作って周南市を盛り上げていければ」と今後の意欲を話す。

 たき火台は鉄製で直径40センチ、重さ10キログラム。5月中旬からは受注生産にも対応する。販売予定価格は11万円。

 仕事・遊び・本気をモットーに熟練の技で新しいことに果敢に取り組む同社。今後の躍進に注目したい。

今日の紙面
スバル合同会計 周南事務所

相続時や建物の購入売却時の相続税・資産税のご相談。
大切に育てた事業の譲渡や事業の拡大にむけて、複数の専門業者との提携で、お客さまの求める結果を一緒に目指します。

volkswagen周南シティ

フォルクスワーゲンから日本発売第一弾となるCO2排出ゼロのフル電動SUV「ID.4」が登場!フォルクスワーゲン周南シティでの試乗会やイベント情報などはこちらをご覧ください。

東ソー

東ソーが生み出す多種多様な製品は、社会インフラや耐久消費財など人々の生活に役立つさまざまな最終製品に使われています。総合化学メーカーだからこそできる、化学の革新を通して持続可能な社会に貢献していきます。

山田石油株式会社

ソロや友達と過ごす「おとなじかん」から、親子三世代で過ごす「かぞくじかん」も楽しめる日帰りレジャー施設「くだまつ健康パーク」。屋内で遊べる施設や岩盤浴、サウナも充実!