2024年04月15日(月)

ニュース

政治 : 光市のニュース

【光市】市長選西崎市議が出馬意向 現職後継は芳岡氏の公算

  • 西崎氏

  • 芳岡氏

 光市長選(10月20日告示、27日投票)に市議の西崎孝一氏(74)=室積西ノ庄=が無所属で出馬する意向であることがわかった。23日に本紙など報道各社の取材に対して明らかにした。一方、今期で引退する市川熙市長(76)の後継者と目されてきた市経済部長の芳岡統(よしおか・おさむ)氏(55)=島田=が定年まで5年を残して31日で退職する人事異動が22日に発表されており、市長選に向けた動きは一気に加速してきた。

 西崎氏は同市牛島出身で光高、日本大法学部卒。県職員を経て2020年の市議選に無所属(日本維新の会推薦)で出馬、当選。2人会派の「一光会」に所属している。

 市長選では「バス運行の市営化▽本庁舎建て替え促進▽小中学校の給食無償化を実現して、市政の流れを早急に変えたい」とした。

 西崎氏は4月中に市内で記者会見を開いて出馬を正式表明する。日本維新の会はすでに離党しており、自由民主党と日本維新の会に推薦申請をする考えも明らかにした。

 一方、芳岡氏は31日まで市職員のため、現時点で市長選に向けた自身の態度表明はない。しかし水面下では芳岡氏擁立の準備が着々と進み、出馬表明の記者会見や事務所開きのタイミングが焦点だ。

 芳岡氏は光高、大分大工学部化学環境工学科卒、同大学院修了。堺市の化学会社に4年間勤めた後、29歳で市に採用された。市川市長の1期目の時に秘書係長を務め、議会事務局次長、教育部長を経て一昨年から経済部長を務めている。

 市長選には市議会副議長の新人、笹井琢氏(57)=室積=がすでに出馬を明らかにしており、西崎氏、芳岡氏を加えると現時点では新人3人の争いが想定される。   

(山上達也)

今日の紙面
volkswagen周南シティ

フォルクスワーゲンから日本発売第一弾となるCO2排出ゼロのフル電動SUV「ID.4」が登場!フォルクスワーゲン周南シティでの試乗会やイベント情報などはこちらをご覧ください。

東ソー

東ソーが生み出す多種多様な製品は、社会インフラや耐久消費財など人々の生活に役立つさまざまな最終製品に使われています。総合化学メーカーだからこそできる、化学の革新を通して持続可能な社会に貢献していきます。

サマンサジャパン

来院者の方へもっと目配り、気配りをしたい。物品の補充や搬送に時間を取られる・・・
サマンサジャパンでは医療従事者の方がより医療に専念できるよう、コンシェルジュ、受付、看護助手、清掃、設備など様々な業務を行っています。

周南公立大学

2024年春、周南公立大学は新学部学科を開設します。経済経営学部(経済経営学科)、人間健康科学部(スポーツ健康科学科・看護学科・福祉学科)、情報科学部(情報科学科)の3学部5学科体制となります。大学の活動や入試情報も随時公開中!