2024年04月15日(月)

コラム「一言進言」

あれから40年!

~地方紙あるべき姿!求め続けて~

昭和60年(1985年)4月1日、「徳山公論」から題字を変えた「日刊新周南」が創刊した。当時35歳だった私は、設立前から設立趣意書1枚を持って実に多くの人々を訪ね、「この周南地域にちゃんとした地方紙を発行するべきだ。周南は一つだ」「情報を共有することで地域全体を発展させよう」と訴えて歩いた。

一番は遠石八幡宮に向かい、当時神社庁総長もしていた黒神直久宮司にお願いした。35歳の若造の話をしっかり聞いてくれて「わかった良いことじゃ。良い新聞社にしてくれ」と応援を約束していただき、目の前で徳機の岡田幹矢社長などに電話してくれた。西京銀行になる直前の山口相互銀行の国広幸彦社長にも初めてお会いした。やはり若造の話にじっと耳を傾けてくれて「今からは若い人が頑張らんと」と快く応援を承諾してくれた。

結局117社、個人の支援を受けて新周南新聞社が設立され、「日刊新周南」の発行がスタートした。出資者の中には、長く「徳山公論」を配達してくれていたTさんもいた。ろうあ者で頑固者だったが、こよなく「徳山公論」を愛していた。1口10万円を持って来られたときには目頭が熱くなったのを今でも鮮明に覚えている。

創刊から1~2年間は、ほぼ社員全員が休みなく働いた。毎日新聞徳山支局長だった橋詰隆康氏を常務編集局長に迎えたが、新入社員全員が未経験者と言う中での新聞製作は過酷を極めた。毎晩深夜は当たり前で、社員のお母さんがおにぎりを差し入れで持ってきてくれたりした。それでも「とにかく一人でも多くの市民に登場してもらおう」と必死で頑張っていた。

あれから40年。果たして「日刊新周南」は進化したのだろうか。内容については変化させようがないこともあってさほど変わっていないと認めざるを得ない。ただ問題提起型の記事は確実に増やしているつもりだ。発表されたことを右から左へただ知らせるだけの記事だけではなく、読者も関係者も一度立ち止まって考えようと意識している。先日の70億円かけてリニューアルする動物園への来園者が減少していることへの警鐘記事は、安直な公共投資への問題提起だと思っている。

変化と言えば一番は電子版のスタートだった。今では電子版上では1カ月に45万回ものアクセスがある。購読まで直結しないが「日刊新周南」への興味を持つ人がかくも多いのかと、わが社自身が驚いている。

いずれにしてもこれまで支えてきてくれた読者、スポンサーに感謝しかないが、他県のような県紙がない山口県では、地方紙が唯一地域の情報を担っている。これからの40年もそうありたい。

(中島 

LINEで送る
一覧に戻る
今日の紙面
西京銀行

【取扱期間 2024年1月4日~2024年6月28日まで】西京銀行の退職金定期預金は年3.0%の魅力的な金利で安心の資産運用をご提案します。山口県在住の50歳以上、退職後6ヵ月以内のお客様が対象です。詳細はお近くの西京銀行までお気軽にお問い合わせください。

サマンサジャパン

来院者の方へもっと目配り、気配りをしたい。物品の補充や搬送に時間を取られる・・・
サマンサジャパンでは医療従事者の方がより医療に専念できるよう、コンシェルジュ、受付、看護助手、清掃、設備など様々な業務を行っています。

周南公立大学

2024年春、周南公立大学は新学部学科を開設します。経済経営学部(経済経営学科)、人間健康科学部(スポーツ健康科学科・看護学科・福祉学科)、情報科学部(情報科学科)の3学部5学科体制となります。大学の活動や入試情報も随時公開中!

山田石油株式会社

ソロや友達と過ごす「おとなじかん」から、親子三世代で過ごす「かぞくじかん」も楽しめる日帰りレジャー施設「くだまつ健康パーク」。屋内で遊べる施設や岩盤浴、サウナも充実!