2021年10月19日(火)

ニュース

地域 : その他のニュース

サ高住のクラスター46人に 周南市で2人、県内は47人感染

 県などは19日、新型コロナウイルスに感染した47人を公表した。周南地域では周南市で80代の女性2人が感染。いずれもサービス付き高齢者向け住宅で発生したクラスターの関係者で、1人はこの高齢者向け住宅の入居者で無症状。もう一人は入居者が入院していた湯野温泉病院の入院患者で軽症。このほか防府市在住で40代の同病院の医療従事者の男性も感染し、このクラスターの感染者は46人になった。周南市の感染者は129人、県内は968人になった。

 この日の感染者のうち22人は宇部市の病院で発生したクラスター関係。そのうち4人は30、40、50代の女性職員など、18人は患者で50、60、70、80、90代の男性4人、女性14人。

 宇部市のクラスター以外の25人のうち、下関市の感染者が15人で、男性が30代、40代2人、50代、60代、80代3人の計8人、女性が20代、30代、40代、50代、40代、90代2人の7人▽宇部市が20代の2人と40代の男性、40代の女性の4人▽周南市と防府市が2人ずつで、防府市は40代の医療従事者と10代の学生の女性▽山口市が30代の男性▽長門市も30代の男性。

一覧に戻る