2022年07月04日(月)

コラム・エッセイ

コロナからバナナ♪

随想 猫の目 吉原 雍

 《コロナ収束モード》

 2年半続いたコロナ禍も新規感染者、重病者や死者数などが日ごとに減少し、いよいよ収束モードに入ったらしい。

 《国会》

 戦争、物価、円安など議論沸騰かと思ったが、コロナ収束色が濃厚で、政府得意のクーポン付き旅行解禁などに触れつつ、さっさと閉会。

 さらに、いいタイミングで決まった7月参院議員選挙に向けて、今やワッショイ真っ最中かも。

 そんなムードのせいか、日銀総裁は「国民は物価高容認」と失言し、アノ衆院議長と某代議士もムッツリ居座った。

 一方、大多数の国民はコロナ不況から脱却できず、コロナ収束説にも半信半疑だ。

 ましてワッショイ参院選のことまで気が回らないから、顔で笑って手だけ振るかな。

 《経済》

 大企業は円安もあって空前の好決算♪会社と従業員、株主等はウハウハ、株主総会もシャンシャンだろう。

 だが日本経済の98%を占める小企業と零細企業はコロナ、戦争、人口減、為替、原材料高騰等…不景気の荒波の中でアップアップ苦戦中だ。

 つい先日も「賃上げしたくても、ない袖は振れん」と知人の社長がぼやいていた。

 そしてその家族も、相次ぐ値上げにどう耐えて家計を維持するか、子育てするか、苦悩中だ。

 日本の夜明けはまだ先みたいじゃのお。

 周南の街に買い物客と飲ん兵衛が繰り出す日も、まだ先かのお。

 《突然ですが、オリーブとバナナいかが?》

 かた苦しい話はここまでにして突然ですが、友人の秘話をご紹介しよう。話が話だけに秘扱いで。

 ある日、同期の友人が言った。

 「加齢と共に便通が悪くなって、何も対策せずにほっといたら最近は4日に1回しか出ん。

 その間、腹が張ったりするが、4日目にはフィリピンバナナみたいな立派のが1、2本出て、気分がええ。

 しかし4日に1回は少ないんで、1、2日に1回くらいにならんか、思案中だ」

 先日会ったら、その後の話になった。

 「ある人に言われて、スーパーで普通のオリーブ油を1本買って、スプーンに1、2杯なめて寝た。

 これがええ。なめた翌日にはフィリピンバナナみたいのが出る。

 後は、便秘の具合によって、スプーン何杯なめるか、翌日の何時ごろにバナナを出すか、調整したい」

 横の友人が補足した。「オリーブ油はアルツハイマー防止にもええらしいぞ」

 続きはいつか。

 《最後にいま三匹の猫で》

 「夏のかすり展」開催中♪ワンピース、ブラウス、モンペ、帽子など、季節をつないで着ていたい心地良さ♪

(ギャラリー三匹の猫)

LINEで送る
一覧に戻る