2022年01月24日(月)

ニュース

政治 : その他のニュース

周南市はライブ配信のみ 光市、下松市は成人式延期 3日前、感染拡大で急きょ変更

 新型コロナウイルスの感染の急拡大で9日(日)の下松市成人式、光市成人のつどいは延期が決まった。周南市も9日の成人式を市文化会館からのライブ配信のみにし、新成人は会場に入れない。いずれも6日に決定し、報道発表するとともにホームページなどに掲載した。

下松・光市 着付け業者にも連絡 延期日程未定

 下松市の成人式、光市の成人の日のつどいはいずれも延期の日程は「未定」。下松市教委は「コロナ感染症の状況を見極めながら検討し、日程が決定次第発表する」としている。

 光市は市内の住民票のある新成人該当者460人には7日に到着するよう、6日に中止を知らせる文書を郵送した。出席を申し込んでいた新成人86人にはEメールで中止を通知した。

 下松市でも事前に申し込みのあった410人にEメールで開催中止を一斉送信。着付け業者にはそれぞれ、光市は県理美容生活衛生同業組合光支部、下松市は下松支部に連絡して各店への通知を依頼した。

 突然の延期に、光市の新成人は「楽しみにしていた成人式が延期になったのは残念ですが、中止になったわけではないのでほっとしています。コロナ収束後にみんなで会えることを楽しみにしています」と話している。

 問い合わせは下松市の成人式は市教委生涯学習課(0833-45-1870)▽光市成人のつどいは市教委文化・社会教育課(0833-74-3604)へ。

周南市 新成人の出席は6人

 周南市は今年の成人式について、感染が拡大した場合も中止せず、ライブ配信する方針だった。案内にも方針やホームページで周知することも記載していたが、個別の連絡はなく、開催3日前の変更にとまどいも広がりそう。担当の市教委生涯学習課には5日から問い合わせの電話も増えていた。

 6日の決定後はホームページに掲載するとともに報道発表した。理美容組合や貸衣装店にも同課から連絡したという。今後、市のSNSでの発信にも取り組む。

 いずれも周南市の成人式に出席する予定だった福岡県在住の西川要さんは「仕方ない事ではありますが、色々と考えること、大人の皆さんに言いたいことがたくさんあります。しかし、これがコロナ世代の生き方と考えてぐっとたえ、新成人として初の大人の立ち振る舞いをするしかないなと思います」▽下関市在住の内山莉駆さんは「今回の成人式は去年の感染状況よりも落ち着いていたので、安心して楽しみにしていました。しかし、こうして成人を迎えるまで支えてきてくれた周りの人たちの安全を考えるとやむを得ないのかもしれません。私たちとしては一生に一度しかない成人式ですのでオンラインではなく、延期という形が望ましかったので非常に残念でなりません」と話している。

 ライブ配信は9日午後2時からで公式YouTubeチャンネル「Shunan movieチャンネル」で視聴できる。出席者は市民憲章唱和の2人と20歳のメッセージの4人の新成人と藤井律子市長。市長式辞や二十歳のメッセージのあと実行委員会企画の動画を約9分間上映する。合計時間は40分ほど。

 記念品は12日(水)から8月31日(水)まで同課や総合支所、支所、学び・交流プラザで受け取れる。問い合わせは市教委生涯学習課(0834-22-8697)へ。