2022年08月08日(月)

ニュース

スポーツ : 下松市のニュース

【山口県】[躍動の青い力 四国総体2022(7月23日〜8月23日)]下松高ソフトテニス部男子

  • 左から尾崎選手、西村選手

尾崎・西村ペアがインターハイへ
「笑顔で1戦でも多く」

 山口県下松市の下松高ソフトテニス部男子(藤原寛章監督、21人)の尾崎雄一選手(3年)、西村公佑選手(同)のペアが28日(木)から愛媛県で開かれる全国高校総合体育大会(インターハイ)への出場を決めた。

 ソフトテニス競技のインターハイは、4月23、24日に周南市のキリンビバレッジ周南庭球場で開かれた春季選手権と、5月28日から30日に宇部市中央公園テニスコートで開かれた県高校総体の結果を参考に、男女各上位6ペアが出場できる。尾崎・西村ペアは両大会でベスト8に入賞し、総合順位5位でインターハイ出場を決めた。

 強豪ペアとの対戦では苦戦する場面もあったが、後衛の尾崎選手がラリーで粘り、前衛の西村選手が得点をきめるプレーを展開。「自分で自分を律し、苦しい時でも立て直せる2人」と藤原監督(27)が話すように、2人で楽しむことを常に意識し、立ち向かっていく姿勢を忘れなかった。

 小学4年から6年まで地域のソフトテニスクラブでペアを組んでいた2人は別々の中学校に進み、高校で再会。1年の時にペアを組み、3年で再度ペアになった。長く一緒だからこそ率直に意見を出し合って戦略を練り、一回一回の練習に全力で取り組んできた。

 どんな時も「笑顔、笑顔」と励まし合ってつかんだ全国への挑戦権。尾崎選手は「3年間の集大成。負けてしまった仲間たちの分まで頑張る」と熱い想いを語り、西村選手も「自分たちらしく楽しみながら、練習の成果を出して1回でも多く勝ち進みたい」と意気込んでいる。