2022年01月24日(月)

ニュース

政治 : 周南市のニュース

空き家対策や予算編成 12月2、6、7日・一般質問に24人

 周南市議会12月定例会は12月2日(木)から7日(火)までが一般質問。24議員が登壇し、新型コロナワクチン対策、空き家対策、次年度の予算編成などを取り上げる。登壇議員と主な質問内容は次のとおり。

 [2日(木)]

 遠藤伸一議員(公明党)=聴覚障がい者などに運用された「電話リレーサービス」の取り組み。関係人口の拡大にむけたシティプロモーション事業の取り組みや実績。

 藤井康弘議員(アクティブ)=所有者不明土地や危険空き家などの実態調査。空き家対策室の設置など体制強化。太陽光発電設備の適正な設置と管理。

 山本真吾議員(アクティブ)=児童発達支援の利用状況。障害児通所サービスの現状と課題。高齢者虐待防止の体制と取り組み。

 田中昭議員(周南市民の会)=小中連携教育の進ちょく状況と今後の方向性。こども議会の成果と今後の取り組み。

 篠田裕二郎議員(周南市民の会)=徳山地域の花火大会の復活。周南観光大志の増員。公共施設のアスベストの調査の進捗状況。

 小林正樹議員(志高会)=新規就農支援および農業法人への就業支援の取り組み。中山間地域へ戦略的な人材派遣で共助機能の維持。周南公立大学の法人評価委員の選出のねらい。

 [3日(金)]

 吉安新太議員(志高会)=鹿野こども園の一時預かりの取り組み。児童クラブの開所時間の状況に応じた対応。鹿野地域の観光振興の今後の展望。起立性調節障害を持つ児童へ対応。

 魚永智行議員(日本共産党)=新型コロナウイルス感染拡大の第6波に備えたPCR検査の拡充。脱炭素化を推進する産業インフラの整備と再構築。今後の方向性。周南公立大学の運営に下松市と光市の協力の取り組み。上下水道局速玉庁舎の管理と今後の在り方。国民健康保険料減免制度。

 小林雄二議員(周南市民の会)=省エネルギーや各施設へ再生可能エネルギーの積極的導入。地方公務員の定年延長。不登校の児童生徒への支援。

 佐々木照彦議員(志高会)=学校教職員の働き方改革加速化プランの現状。ひきこもり支援。地域おこし協力隊の導入。

 江崎加代子議員(公明党)=新型コロナワクチン3回目接種の取り組み。発達障害児等への支援。

 土屋晴巳議員(アクティブ)=次年度予算の歳入と歳出の根拠。ウイズコロナを見据えた事業・施策の検討と予算。学校給食の安全性。徳山下松港N7地区最終処分場の現状。

 [6日(月)]

 金子優子議員(公明党)=高齢者・障害者のごみ出し支援。商品券配布などウイズコロナにおける経済活動支援。

 小池一正議員(公明党)=燃やせるごみの増大に伴う収集や運搬、処分の現状。労働者協同組合への支援。

 清水芳将議員(アクティブ)=周南緑地の整備。第2保育園と尚白保育園の再編整備と新設エリアや規模も含めた全体的なビジョン。

 福田文治議員(参輝会)=教育現場の取り組みの現状と今後の展望、AI技術などに興味がわく環境づくり。新型コロナワクチン接種証明書の配布。

 長嶺敏昭議員(参輝会)=鹿野地区、北部の地域医療の拡充。新過疎法の持続発展計画への取り組み。過疎地域自立促進基金の使途。

 井本義朗議員(アクティブ)=富田地区の地域づくりの支援体制。市民センターの機能を有する施設の現状。デジタル地域通貨の導入。

 [7日(火)]

 福田健吾議員(志高会)=次年度予算編成。各種補助金の見直し。新型コロナウイルス収束時の外出促進への取り組み。各地域で市民の声を聞く体制。食育と家庭教育支援政策。

 細田憲司議員(アクティブ)=周南緑地体育施設の改修、徳山商高跡地の有効活用。公共施設にPCR検査キット、抗原検査キットの常備はできないか。

 渡辺君枝議員(日本共産党)=鹿野総合支所施設整備の進ちょく状況。高齢者バス・タクシー運賃助成事業の状況。八代・須々万区間コミュニティ交通の実証運行の状況。福祉灯油の実施。森林の適正な管理による災害対策。

 島津幸男議員(周南市民の会)=大規模災害を想定したまちづくりと予算編成。各総合支所、各支所との連携。支援物資受け入れの寄港地、ヘリポートの検討。道の駅ソレーネ周南の防災機能の拡充。熊毛・鹿野地域の防災機能の拡充。

 中村富美子議員(日本共産党)=高齢者の避難誘導の方法。新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金。周南市立新南陽市民病院新改革プラン。

 古谷幸男議員(自由民主党周南)=一部事務組合の説明責任。上下水道局速玉庁舎、勤労福祉センター、新南陽保健センターの活用。周南市北部の観光交流拠点の位置付け。