2022年07月04日(月)

ニュース

記者レポート : 下松市のニュース

[金曜記者レポート]下松の偉人の胸像どこへ?

  • 橋本氏の胸像(笠戸島ハイツ)

  • 橋本氏の銅像(周防大島町西三蒲)

  • 河村氏の胸像(柳井市新庄)

  • 河村氏の胸像(メトロ交通)

  • 橋本氏の銅像がある瀬戸公園の案内板(周防大島町西三蒲)

橋本正之元知事、河村五良元県議会議長

「2つの胸像を同じ場所に」

「後世に業績継承を」

 山口県下松市出身で元県知事の故橋本正之氏(1912-1976)と、同市選出で元県議会議長の故河村五良氏(1930-1991)を顕彰する胸像の行方に関心が集まっている。昭和30〜50年代の高度成長期に県勢や市勢の浮揚に努めた両氏の手腕や人柄を今なお高く評価する人は多く「この際、ともに同じ場所に移して、後世に向けて顕彰を続けるべきだ」という声も出ている。(山上達也)

橋本正之氏 「道の知事」「橋の知事」面目躍如

 橋本氏は笠戸島出身で、旧京城帝大(現・韓国ソウル大)法文学部を卒業し、朝鮮総督府に勤務。戦後は山口県庁に入庁して故小沢太郎知事の下で副知事を務め、58年から衆院議員1期、60年から死去する76年まで県知事を4期務めた。

 在任中は道路整備や離島の架橋に力を入れて「道の知事」「橋の知事」と呼ばれた。とくに離島架橋は郷里の笠戸大橋をはじめ、上関町の上関大橋▽長門市の青海大橋▽柳井市と周防大島町の大島大橋を完成させた。

 山口国体が開催された63年は知事1期目で、県道のガードレールを県花のナツミカンの色にしたり、本来は県内に自生していないカンナの球根を宮崎県から大量に仕入れて県民に植栽を奨励した。県道ガードレルの色は今も受け継がれ、カンナは県内各地に定着している。

 しかし76年9月9日に63歳の若さで亡くなった。橋本氏の功績を後世に伝えようと胸像が78年11月、笠戸島ハイツに建立された。題字は当時の故藤田徳一市長が揮ごうした。

 さらに1年前の77年11月には周防大島町の大島大橋の近くの瀬戸公園に銅像が建立され、題字は故岸信介元首相が揮ごうした。

 この公園には橋本氏のほか、大島大橋の架橋功労者として故佐藤栄作首相の銅像や、同島出身の故受田新吉衆院議員の胸像、故安元作十大島町長の記念碑もある。

河村五良氏 気さくな「ごりょーちゃん」

 一方、河村五良氏は柳井市出身で、柳井機械工養成所卒。昭和30年代に下松に移ってタクシー会社やボウリング場、ゴルフ場を起業し、青年実業家として人望を集めた。気さくな人柄から「ごりょーちゃん」と呼ばれて親しまれた。

 67年の県議選下松市区で初当選し、以後連続6期務めた。自由民主党県連幹事長を経て県議会議長を85年から4年間歴任した。

 しかし91年1月23日に61歳の若さで死去した。河村氏が興した白須那高原開発が経営するゴルフ場「白須那カントリー倶楽部」に河村氏を慕う人たちによって制作された胸像が置かれた。同倶楽部の閉鎖後は、河村氏の娘の哲代(さとよ)さんが社長を務める楠木町のメトロ交通の応接室に移されている。

 さらに郷里の柳井市新庄の柳井ウエルネスパークの近くの民有地には、河村氏が長年支えた故佐藤信二元衆院議員が題字を揮ごうした胸像が建立されている。この胸像が建立された2005年6月3日は佐藤氏の父、故佐藤栄作氏の命日でもあった。

 なお河村氏は1985年の日刊新周南の創刊に多方面で協力し、故山中健三元下松市長を新周南新聞社の取締役に推薦している。

笠戸島ハイツ売却方針から胸像移設浮上

 橋本氏の胸像の今後の話が浮上した背景には、胸像が建立されている笠戸島ハイツを、所有する市が今後売却する考えがある。土地ごと売却先の手に渡る前に、市が郷土の偉人を顕彰する観点からしかるべき場所に移すべきだというものだ。

 玉井哲郎副市長は取材に「すでに関係先から何らかの対応を求めるよう打診をいただいている」という。

 この話に連動する形で河村氏の胸像も橋本氏の胸像と同じ場所に移したらどうかという声も出ている。笠戸島ハイツの敷地にある橋本氏の胸像、メトロ交通の応接室に置かれている河村氏の胸像を「郷土の偉人」として、ともに顕彰できないものだろうか。

 橋本氏、河村氏をともに知る元市議会議長の弘中佑児さん(86)=中市=は「長い間、気になっていた。ハイツの民間売却の機会に何らかのいい案を見つけたい」と意欲的。市役所で収入役や総務部長を務めた河村敏雄さん(92)=南花岡=も「橋本知事、河村議長なしに今の下松市の発展はありえない。お二人に感謝の意を表したい」と話している。

 橋本氏の長男で県議を6期務めた橋本憲二さん(74)=山口市=は「父のことを今も慕って下さる皆さんがおられることを、父はきっと天国で喜んでいると思う。心から感謝を申し上げたい」と話していた。