2022年08月08日(月)

ニュース

政治 : 周南市のニュース

久米で野犬にかまれる 愛犬と散歩中の女性

 山口県周南市の久米地区の現在は住宅地として造成が進む旧沢田池近くの路上で、4日午前9時半ごろ、20代の女性が野犬に左腰部をかまれる事件が発生した。連絡を受けた市では県にも対応を要請し、注意喚起の看板1枚を立て、近く捕獲おりを設置する準備をしている。

 市環境政策課によると女性は旧沢田池北西の道路を1人で小型の飼い犬2頭と散歩中で、東側から茶色で中型の野犬が被害者に向かってきた。被害者は連れていた小型犬をかばおうとしゃがんだため、腰部をかまれた。

 女性は病院を受診したが、左腰部に1カ所、長さ2センチ、深さ数ミリていどの傷と内出血による腫れ、かまれた直後に出血があった。

 現場近くでは昨年2月18日にも人が野犬にかまれた。その後、かまれる被害はないが、野犬は出没していた。

 同市久米に住む岩田淳司周南市議は「久米地区で自治会や土地の所有者に協力を得て、草刈り、久米小、太華中の校区のパトロールなどの野犬対策を継続してきたが、今後も強化していきたい」と話している。